[2101] 歯科医院の蝸牛考、人を診るのか技術を追うのか

~ライターとか、やってます【文章で食べていく方法】~

半分オカルトではありますが・・・。
どうやら、大阪や仙台などの中核都市にある歯科医院ほど、人に寄り添ったスタンスを取っているのではないかと。
東京、あるいは北海道や九州では、技術を優先しているように思えます。
もちろん、ザックリの話です。

つまり、似た治療スタンスがドーナッツ状に分布しているんですね。
このような状態を国木田先生は、カタツムリになぞらえ、「蝸牛考」と名付けました。
ただし、本当の「蝸牛考」はちょっと違います。
首都から地方への傾斜が下り坂一辺倒で、登り始めるということはない。
その点、歯科医院の蝸牛考は、首都と遠隔地の「技術」と中間都市の「人」による二重構造。
これは、どうしてなんでしょう。

花時計
蝸牛考イメージとしての同心円、花時計です

首都は、わかりやすい。
競争が激しい分、期待度も高くなるから、一昔前の設備では見向きもされない。
よって、技術・設備偏重にならざるを得ない。

飛んで、北海道や九州。
おそらくですけど、「東京都同じ環境」ということが誘客要因になっているんでしょう。
テレビや冊子などで紹介されている最先端の環境が、我が町でも可能なんだと。

じゃあ、大阪や仙台などの中核都市はどうなのか。
なかには、ロッジ風の外観を備えた「癒やし系」の歯科医院があったりするんです。
また、院内設備の拡充よりも、訪問診療に力を入れていたりする。
これには、「地元を優先しないとやっていけない」という台所事情もあるでしょう。
しかし、何て言うのかな、東京を見ていない独自感があるんですよね。無視というより、アイデンティティという感じ。
都会の事情を知っていてなお、「オレらには、オレらの理念がある」という姿勢。

お年寄りが多いとか、地域コミュニケーションが密だとか、理由を探そうと思えばいくらでもあるでしょう。
でも、そういうコトじゃない気がします。
自分で正解を探していった結果、「人」になった・・・という感じかな。

他方、都市や遠隔地は、正解を人から得ようとして「技術」に目が向いた。
都市なら海外や学会など。
遠隔地は、そのものズバリ、都市です。
繰り返しになりますけど、この考えは「オカルト」に過ぎません。
スポンサーサイト

[2600]20170403朝日新聞

~新聞全面広告ギャラリー~

2600.jpg

[1746]「木々の名は。その6」シラカシ

~フリーランスライターがつづる、人生を楽しむヒント~

街角の樹木に目を向けてみよう企画。
今回は第6回目となる「シラカシ」です。
まあ、おおざっぱに「カシ」とみていいようですね。
以後、そのつもりで書き進めます。

カシというと思い出されるのは、「カシの木モック」。
鼻が伸びるということではなく、「頑丈づくり」方面に着目してください。
一言で言って「硬い」。
だから、木で模型や造作を作った・・・なんて話を聞くと、たいていカシだったりします。
燃えにくいことも特徴。モックでも、モックモクにはなりません。

シラカシ
モチ系に比べて、葉の形が長い

このような長い葉のことを、個人的に「月桂樹系」と呼んでいます。
いまのところ、カシと月桂樹しか知りませんけど。
カシは、写真のように、幾分、垂れ下がっている。
対する月桂樹は、そびえ立っています。
伸びている方向が上か下か・・・現状、区別の仕方はそれしかわかりません。

話をカシに戻して。
樹肌はサメ肌。
あと、ドングリが実るようですね。いくぶん、ずんぐりむっくりのタイプ。

ブナ科コナラ属とのことなので、ブナやコナラとの見分け方も必要なんでしょうけど、まだ追えていないのでチンプンカンプン。
長い葉が上に伸びていれば月桂樹。
下ならカシ。
以上。
そのうち、見分けられるようにしていきます。

[807] モバイルフレンドリーその3クリック可能な要素

~スマホが変えたHTML文【ピクニックを始めたコンテンツたち】~

「モバイルフレンドリーテスト」が修正を促してきた三要素。
今度は、「クリック可能な要素が近すぎます」だってさ。
指はマウスのポイントより大きいから、その分、クリックミスをする可能性が考えられるよと。
もっと繊細にというか、ある意味、がさつ向きに作っておけと。

もうね、この辺でウンザリしてきませんか。
なんで、そこまでスマホユーザーのことをチヤホヤせないかんのか。
まあ、でも、やっていることが「モバイルフレンドリーテスト」なんですから、従わざるを得ないわけです。

ところでグーグル嬢って、クリック要素の近さを、構文的に見ているんですかね。
それとも、見た目で離れていればいいのでしょうか。
前者なら、パディングという「隙間の設定」が必要になるでしょう。
後者なら、単純に「ボタンの間へスペースを打っておけばいい」だけの話。
ウンザリ感の反抗から、まず後者でやってみることにしました。

クリック要素の比較図
上は「旧・山ガハ」のくっ付いた仕様、下は「新サイト」のスペース挿入

結果、グ嬢は、後者の処理を「離れた」と見てくれました。
なんだ、見た目でいいんだね。
直しが簡単で良かった。
とはいえ、またまた全ページをやっつけなきゃいけないんですけど。

よし、「モバイルフレンドリーテスト」、オールクリア。
ところがですね・・・。
何をどうしていたらたどり着いたのか忘れてしまったんですけど、「メディアクエリ」なるものを見つけてしまったんです。

たびたびの繰り返しになりますが、今今のサイトは、ページごとのデザインをしないんだよと。
素材だけ置いておいて、その配置は端末に任せるんだよと。
そういうことでしたよね。

ところが、「メディアクエリ」という方法(?)なら、端末の幅によって、読み込ませるCSSを変えられるらしい。
つまり、PC用にデザインしたCSSと、スマホ用にデザインしたCSSを、併用することができるんです。
何それ、早く言ってよ。
「モバイルフレンドリーテスト」で嫌々やっていた修正は、片一方だけでいいってことじゃない。
それにさ、根源にあった「ユニバーサルデザイン」の発想って、ドコ行っちゃったわけ?
そもそもCSSって、素材をテーブル枠へ閉じ込めずに、ピクニックさせることが目的でしょ?
やってることが、訳わからん。

ということで、次回は「メディアクエリ」のお話です。

[2300]「等」の不思議な使い方、「設置等した」

~正解なんてない!日本語の選び方【文章作成のコツ】~

「等」と「など」の件。
本論へ進む前に、まずは、記者ハンの大原則から。
漢字の「等」は使わず、基本的に「など」とひらきますよと。
ただし、法律などの名称に「トウ」のヨミで使われている場合は、固有名詞扱いになります。
最近では、「テロ等準備罪」なんかで、良く耳にするところです。
また、この場合、「など」とは読みません。「てろとうじゅんびざい」が正解。

だからといって、「ミカン等(トウ)がお得ですよ」にしてはダメ。
当たり前ですけど、「ミカンなどがお得」が正解。

さはさりながら、先日、某報道が「設置等した」という表記をしていたんですね。
ヨミも「などした」でした。

普通ですよ、「設置など『を』した」って言いませんか。
つまり、「設置した」をアバウトにボカしたい場合、「等」を力業でぶっ込む使い方があるんだと。
レストランで、楽しい会話と食事などをした・・・これが普通。
レストランで、楽しい会話と食事等した・・・やっぱり、おかしいだろって。

樹木の虫食い跡
虫食い等した、樹木の表面

もともと「など」にはいいかげんなところがあって、対象物をボカしても、行為をボカしても、意味は一緒なんですね。
証拠「など」をそろえる準備が必要です。
証拠をそろえる「など」の準備が必要です。

それでいくと設置等の使い方は、対象物をボカしていることになる。
本来、設置+「する」であるところを、設置等+「する」。
設置以外のさまざまな付属行為を丸っとインクルードして+それを「する」で動詞化している。
何か、こう、ふに落ちないわけです。
ちらかったオモチャを箱へ一緒くたにまとめて、「ハイ、整理できました」・・・みたいな。

でもまあ、そのうち、業界の自主規制がかかってくると思います。
だって、どう考えたっておかしいもの。

店内には、飲食物の持ち込み等しないでください。
→店内に、飲食物などの持ち込みはしないでください。
商品を試着等する場合は、店員にお声がけください。
→商品の試着などをご希望される場合は、店員にお声がけください。

だからね、バカなんだよ、きっと。
伝わり方よりも、「こんな難しい使い方等知ってるぞ」っていう自慢を優先している。
そもそも、原則として「等」は使わないんでしょ。
業界の自主規制なんだから、守れって。

[2200] 官公庁主催のツアーは疑ってかかるべきか

~その記事、論点ズレてませんか?【ニュースの視点】~

官公庁や観光協会が主催しているツアーには、ヨシのものと、ダメなものがある?
だとしたら、我々は、どう見分けていけばいいのか。

ことの発端は、神奈川県の海老名市が「直接」企画・実施したバスツアー。
官公庁とはいえ、「旅行業法による登録をしていない団体」が旗を振ってしまったという構図です。
したがって、インチキうんぬんという話ではなく、法を順守していないというコンプライアンスの問題。
主催者・利用者ともども、盲点でしたね。

カナロコ伊勢原市のツアー
問題の詳細は「カナロコ」から

そうなってくると、行政のサイトを信じられなくなってきませんか。
伊勢原市のケースがイレギュラーなのか、それとも良くある話なのか、その判断ができない。
試しに横浜市のサイトを見てみましたが、ロゴという形で、民間業者の存在を確認できました。
登録業者に委託しているんだな・・・と。
ちなみに手がかりはロゴだけ。

一方の藤沢市。
市の主催で「そば打ち体験」なるものを実施しているんですが、これは、市の施設に直接足を運ぶスタイルのようです。
したがって、観光チックだけれども、いわゆるツアーじゃない・・・たぶん。
この辺の見極めも、情報がないですよね。
おそらくは、輸送がらみなんでしょうよ。ツアーかツアーじゃないかは。
そういう視点を、記事にしてくれないかな。

とりあえず、官公庁が主催する団体行動的なものには、2種類あると。
一方は、登録業者の仕切りになっていないと違法なもの。
他方は、直接差配ができる。
その境目は、良くわからないツアー。
加えて、官公庁がその仕組みを知らないっていうケースもあるんだと。

見るだけで、区別できるかいっ。
お仕事のお問い合わせ
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

てつまる

Author:てつまる
神奈川県を中心にフリーで活動しているライターです。
超IT系を除き、医療・各士業・経営者・アスリートへの取材、アーティストプロモート(情報発信)、イベントレポなどを手がけています。

最新記事
カテゴリ
お世話になっているサイト様
最新コメント
最新トラックバック
コトバカウンター
special thanks to
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR