FC2ブログ

[2474] 「ゾフルーザ」がインフルエンザウイルスを“増やす”仕組み

~記事はどのようにして作られるか【取材現場の裏話】~

夢のインフルエンザ薬として期待されている「ゾフルーザ」。
取材した医院によると、すでに8割くらいのケースで処方されているみたいですね。
ちなみに、その医院では出していないそうです。
なぜか。
答え。「1割前後のインフルエンザウイルスには効かないから」。
このことを「耐性」というそうです。

なぜ耐性があると、処方しないのか。
「ゾフルーザ」は、耐性のないインフルエンザウイルスを、やっつけまくりますよと。
するとどうなるでしょう。
耐性を持つウイルスだけが生き残り、何ものにも邪魔されず、増殖しつづけますよね。
つまり「ゾフルーザ」は、難敵を増やしているに過ぎないのです。
ポンコツばかりたたいといて、大物の天国をつくっている。
おっかない話です。
早くて2・3年後に、問題化してくるんじゃないんですか。
そうなったら、ほかの薬を使えばいいだけなので、いいっちゃいいんですけどね。

内服薬のイメージ
「ゾフルーザ」ではありません、ただの茶濁です

あとですね、マスクはウイルスに対して、何の効果もありません。
マスクの意義は、大きく3点。

1.せきやクシャミなどによって自分のツバが飛ぶのを防いでくれる
2.手で口や鼻をさわらなくなるので、接触感染の機会が減る
3.喉の保湿効果によって、いくぶん、ウイルスを食い止めることができる

いわゆるフィルター効果みたいなものは望めないんです。
だから、「正しい着用方法」なんてやってもムダ。
ただし、花粉とかの大きさになってくると、話は違ってくるのでしょう。

それとですね、実は侵入したウイルスって、結構、早死にするんです。
1日くらいで、体の免疫が殺してくれる。
ただし、そのときの影響で、いわゆる「風邪の諸症状」が3日・4日出るわけです。
症状が出て2日以上たったら、インフルエンザ薬の出番なんてありません。
ウイルス、生き残っていませんから。
風邪の諸症状をおさえる一般的な「かぜ薬」で十分。

じゃあ、なんで世の医者は、こぞって「ソフルーザ」を処方するんでしょう。
何も考えてない、患者がクレと言う、まわりの医者が処方しているのに出さないとヤブだと思われる・・・おおかた、そんな社会要因なのかもしれませんね。

風邪の特効薬は、1日でいいから、ひたすら寝ること。
自分でやっつけるので、体力勝負の世界。
栄養は付けちゃダメ、消化器に体力を奪われるから。
昔から言うでしょ、「風邪にはおかゆ」って。
とにかく、ウイルス退治以外で体力を使わない。汗をかくのもダメ、あんなの体力のだだ漏れです。
スポンサーサイト

[2387] 鼻詰まりとせず「鼻づまり」とする理由は留学生対策?

~正解なんてない!日本語の選び方【文章作成のコツ】~

記者ハンは、「はなづまり」を「鼻づまり」に固定してくるんです。
「鼻詰まり」ではないんです。
一方、間にのを置いた「はなのつまり」は、「鼻の詰まり」でいいようです。

なんででしょうね。
いままで、逆の例はゴマンと見てきました。
使い方によって揺れが起きるのは好ましくないと。
「食べすぎない」と「デマに過ぎない」が混在するなら、ひらがなで統一しようと。
しかし、そのような場合でも、決め打ちまではしてきませんでした。
ひらがなと漢字、双方の変換候補が出てきたんです。
なのに、「鼻づまり」は決め打ち。
そこで、いろいろと調べてみました。

「鼻詰まり」の検索結果
記者ハンに限らず、検索画面でも念を押してくる

そしたらですね、「東京医科歯科大学教養部研究紀要第 44 号」という資料を見つけたのです。
この著者は、
「医歯学系留学生に必要な医歯学専門日本語の実態とその効率的な学習法を追究」
されているみたいですね。

さて、留学生にとって、それほど「鼻詰まり」は難解なコトバなのか。
ここから先は資料を読んでの推測ですが、おそらく、濁音化の問題なんでしょう。
つまり、「鼻詰まり」だと、濁らない「はなつまり」に読めてしまう。
よって、読みまちがいの起きにくい「鼻づまり」に統一したんじゃないか。
で、後になって記者ハンが、使用頻度の多さから、決め打ちをした。

だとしたら、これは、おもしろい現象です。
記者ハンの目指すところは「読みやすさ」と「二義の防止」で、一般読者を対象にしています。
前回の「つくる」もそうでしたね。
作る、創る、造るは、使わなくなってきた。「つくる」で統一するようになってきた。
ところが「鼻づまり」に限っていうと、「読み間違いの防止」が目的で、留学生を対象にしている・・・たぶん。
たしかに「鼻の詰まり」だと、濁音化しないんです。理屈も通る。
うーん、盲点でしたな。

そうか、そうか。
医療用語って、そういう観点が隠れているんですね。
「濁音、かつ、ひらがな」のケースは、留学生対策なのかもしれない。
ほかに何かないかな。
たとえば「ねがえり」。
あれ、記者ハンさんったら、思いっきり「寝返り」じゃないの。
それなら「いきぎれ」はどうか・・・「息切れ」だよ、おい。

・・・えー、とりあえず「鼻づまり」は「鼻づまり」で固定。
濁音留学生対策説は、いまのところ保留。

ちなみにwikiは「鼻詰まり」にしているし、解説も間違っているので、参考にしないほうがいいでしょう。

[2287] 女性ジョッキーの2キロハンディは差別視されないのか

~その記事、論点ズレてませんか?【ニュースの視点】~

騎手って、女性というだけで、マイナス2キロ以上のハンディがもらえるんですね。
16日の朝日新聞の記事を読んで、初めて知りました。

現在、女性の騎手は、藤田菜七子さんお一人だけ。
かわいいですよね、だから頑張ってほしい。
頑張ってほしいんだけど、女性が一律に優遇されるのはどうして?
記事によると、女性騎手が出場しやすくするためなんだとか。

女性騎手のハンディ改正に関する記事
さすがに詳しく報じている「netkeiba.com」

ちょっと待ってって。
これ、医学部の入試と同じ仕組みじゃないですか。
あれは、男性の医師がほしくて、男子受験者を優遇したんですよね。
その結果、世の女性から「差別だ」と非難されたと。
一方、JRAは女性の騎手がほしくて、女性騎手を優遇している。
違いがわからん。

加えて、外国人の女性騎手は、ハンディがもらえないとのこと。
日本人女性のみ、恩恵が受けられるわけ。
このルールも、わけわからん。
っていうか、医学部の入試のほうがマシ。少なくとも、人種や国籍は関係なかったですもんね。

そのときのブログにも書きましたが、医学部の入試操作については、判断を保留しています。
女性が働きやすいように当直などから外すと、そのしわ寄せは男性に来る。
逆の意味で差別が起こる。
要は、「受験時の差別」なのか「現場での差別」なのかの違いであって、ドッチがいいというものではない。
その一方、JRAは、ストレートに差別じゃないの?
仮に、男性騎手と女性騎手が同数になったら、ハンディなくすの?

藤田菜七子騎手はかわいいんですよ。
だから、文句を付けたくない。
個人的には10キロ軽くしてあげたい。
けど、胴元がやっちゃダメでしょ。
公営ギャンブルという性格もあるし。
女性がサイを振ると「1の目が出やすくなる」。それ、イカサマじゃんね。
何だろ、このルール。
何で誰も声を上げないんだろう。

女性は筋力や体力が少ないから、その見返りなんだろうか。
いや、それこそ、騎手の試験でふるいにかけられるわけですよね。
男性騎手にしたって、背の低い軽い人が有利とされているはず。
第一、JRAの番組企画長が言っちゃってるもの。
女性騎手がほしいから、ハンディ付けているんだって。
うーん、違いがわからない。

[2187] 【2週目】使える「聞き方」のテクニック2例

~ライターとか、やってます【文章で食べていく方法】~

今回のテーマは、取材を前提にした「聞き方」です。
おそらく、聞き方のセオリーなんて、ライターの数だけあるんでしょう。
そして、どれが正解ということではないと思います。

そんななか、何をもって「使える」のかというと、おそらく「業種に関係なく通用する」ことなんじゃないかと思います。
その観点で、2例紹介します。

まず、1点目。
「この道を選んだときに考えていたイメージ」と「実際の職務に就いてから気付いたこと」を聞く。
これらのギャップが、おそらく「その人の原点」になっているはずです。
前にも書きましたが、歯科医師の実例を挙げてみます。

~この道を選んだときに考えていたイメージ~
「歯というモノを扱う仕事だと思っていた」

~実際の職務に就いてから気付いたこと~
「実際は、食事や食べ方など、ヒトを診る仕事ということに気付いた」

~そこから、いまにつながること~
「だから、患者さんとの会話を重視している」

最初に
「もっとも心がけていることは何ですか」
なんて聞くと、おそらく
「患者さんとの会話を重視している」
で終わっちゃうんですよね。
そこから深掘りしていってもいいんですが、上記の順で対比したほうが早い。ついでに理由も付いてくる。
もちろん、最初のイメージどおりだったという人もいます。皮膚感覚として3割くらいかな。
その場合は、正攻法に沿ってヒアリングしてください。

おいなりさんにいる対のキツネ
対比によって差が明確になるという茶濁でございます

2点目。
相手の語尾を重ねるようにして質問する。

入社の決め手はインターンシップでした。
「インターンシップ・・・」
はい、先輩たちの仕事をじかに見られましたから、実務が具体的にイメージできたんです。
「具体的にイメージできた・・・」
普通の会社って、入ってみないとわからないところがあるじゃないですか。そういうミスマッチがなさそうだなって思いました。
「ミスマッチがなさそう・・・」
入社してからミスマッチに気付いても、遅いですよね。

まあ、だいたい、こんな感じです。
この、語尾を繰り返す手法は、心理療法でも取り入れられているそうです。
こちらから聞かずとも、相手が全部しゃべってくれる。
あんまりやり過ぎると、くどくなりますけどね。

この2つのテクニック、覚えておいて損はないと思います
実際、多用しまくってます。

[2686]20181222読売新聞

~新聞全面広告ギャラリー~

20181222読売新聞

[2732] バンクシーで解く、仮想通貨の仕組み

~フリーランスライターがつづる、人生を楽しむヒント~

なんと、自分の地元である辻堂にも、バンクシーがいたみたいですね。
北口の喫煙所近くのコンクリート柱に、ペンキを持ったネズミが書かれていたそうです。
いまは、完全に塗りつぶしてある模様。
いやー、ちょっと、びっくりしました。
そんなこともあり、バンクシーについて調べてみたのです。

基本は「落書き」だと。
落書きは、書かれた対象物の価値を著しく低下させると。
よって、器物破壊罪が成立するわけです。
また、彼自身も犯罪者になりますから、正体不明にしておかないといけない。
犯人が名乗りを挙げたら、捕まっちゃいます。

ガラス窓のカエル
バンクシーでもありませんし、ネズミでもありません

さて、気になったのは2行目。
刑法で問われるのは、「他人の物を損壊し、または傷害した者」ということになってます。
また、判例によって、「外観ないし美観を著しく汚損し、原状回復に相当の困難を生じさせた」場合にも、刑罰が科せられています。
じゃあ、落書きによって「価値が上がった場合」はどうなの?
でもって、所有者が喜んでいるとしたら、おそらく罪に問えないですよね。

考えられるコジツケ。
例えバンクシーであっても、価値が上がるかどうかはわからない。下がる可能性だって考えられる。
よって、評価の定まっていない行為時においては、犯罪とみなすのが相当。
そんな話なんですかね。
こう解釈しておいて、「落書きの是認論」を封じ込める。
アートの評価と犯罪行為は、切り分けて考える。

彼自身の理念は、わからんでもないです。
目に触れてこその芸術品なんだと。
倉庫の奥にしまわれた絵画なんて無価値であると。
まあ、あるかどうかわからないモノについては、価値が生じないですよね。

あっ、そう考えると、仮想通貨に似ているかも。
みんなが「ある」と信じているから価値を持つ。
そうか、秘蔵品の特別展示は、履歴を残すマイニングなんだ。
「実際にあったでしょ」と周知してるんだ。
で、公開した企画元に、「興行収入」という名の新規発行通貨が入ってくる。

バンクシーのおかげで、仮想通貨の仕組みが理解できました。
お仕事のお問い合わせ
カレンダー
01 | 2019/02 | 03
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 - -
プロフィール

てつまる

Author:てつまる
神奈川県を中心にフリーで活動しているライターです。
超IT系を除き、医療・各士業・経営者・アスリートへの取材、アーティストプロモート(情報発信)、イベントレポなどを手がけています。

最新記事
カテゴリ
お世話になっているサイト様
最新コメント
最新トラックバック
コトバカウンター
special thanks to
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR