[2322] 新聞のひらがな化傾向-その1-

~正解なんてない!日本語の選び方【文章作成のコツ】~

新聞は、コトバの生き字引だと思っています。
辞書だと、編集に何年もかかってしまうため、世に出た時点で「タイムカプセル」なんですよね。
日々の変化をダイレクトに感じる即時性という意味では、どうしても新聞にかなわない。

で、今回取り上げたいのが、接続詞の「ひらがな化」について。
サンプルは某日の読売新聞。
まず、気付いたのは、「とくに(特に)」でした。
以前にも書いたと思いますが、比較的最近の傾向で、自分はすでにデフォルト化しています。

接続詞のひらがな化
「とくに」「じつは」「いただく」の各サンプル

次は「じつは(実は)」。
「じつは」はですね、後に続く文で「は」のダブリを起こしがちなため、使用を控えているんです。
じつは、それを知ったのは、会社の中では、自分が最初だった・・・こんな感じ。
なので、どうしても使いたい場合、「実のところ」を代用しています。
それはそれとして、ひらいてきましたね、「じつは」。
まあ、いつかはそうなるんじゃないかと、予想していました。

ビックリしたのは、「いただく」のひらがな表記。
接続詞ではないですけど。
自分は、副詞的用法のときに限り、ひらがなにするとばかり思っていました。
副詞的用法というのは、「ご覧になっていただきます」とか「取っていただけませんか」のような敬語表現です。
「いただく」そのものに意味がないので、GETを意味する「頂く」とは、区別すべきだろうと。
ところが、オールひらがな化してきましたな。

もちろん、「山の頂き」なんて使い方は、残るんでしょうよ。
そうではなく、動詞と副詞に関しては、もはや「いただく」だと。
たしかに、表記が揺れるという問題は、以前から指摘されていたんです。
動詞と副詞的用法の見分けがつかない人にとっては、バラバラに映る。
「資料を頂く」としておきながら、他方で「資料を譲っていただけないか」と書いているわけですから。
これは倣いましょう。
ただちに、デフォ化。

エト、上記の文で、お気づきになったでしょうか。
「たしかに(確かに)」と「ただちに(直ちに)」は、意図的にひらきました。
この辺も、時間の問題だと思われます。
標題で-その1-としたのは、今後も定点観察を続けていくからです。
また、気付いたことがあったら、そのときにまとめます。
スポンサーサイト

[2222] 情報漏えいだとマズイから、ブロックチェーンと言っとこう

~その記事、論点ズレてませんか?【ニュースの視点】~

読売本紙は16日のトップ記事で、銀行・郵便・通信の大手三社が予定している「顧客情報の共有実験」のアウトラインを伝えた。
参加するのは、みずほ銀行・日本郵政・NTT東日本。
例えば、引っ越したときなど、上記いずれか一社に伝えれば、その情報が共有されるのだという。

このシステムを支えるのが「ブロックチェーン」という仕組み。
ここでくどくど説明するより、検索したほうが早いでしょう。
要は、情報を一括管理するのではなく、いくつもの並行処理端末に分散させておくらしい。
これにより、1箇所の端末が改ざんや被害を受けても、残りのデータでカバーできますよと。
また、元情報の正当性を判別する基準として、多数決の原理が採用されているとのこと。
したがって、並行処理端末の過半数を改ざんした時点で、ソッチが「元情報」になってしまうそうです。

ブロックチェーンを報じる読売の記事
ブロックチェーンを報じるYOMIURI ONLINE(全文を読むにはログインが必要)

なるほどね。
大枠は理解した。
ただ、銀行・郵便・通信のような生活を基幹で支える業界はいいとして、ここにメーカーとかが乗ってきちゃったら、どうなるんだろう。
引っ越しするたびに、勧誘の営業マンとかが来るのかな。

そうなるとですね、我々市民に求められるのは、「あの会社とあの会社がブロックチェーンしちゃったら、こういうことが起こり得るな」という想像力なんでしょう。
それをもって、これから登場し得る数々のブロックチェーンサービスを判断していかなくちゃならない。
例えば、病院と保険会社が組んだら、もはや無敵ですよね。
入りたい保険へ入れない可能性もあるし、逆に、うってつけが選べる場合だってある。
くそ、ややこいな。
また、メーカーが個人の金融情報にアクセスできちゃったら、足元読まれますよね。
50万円の商品・サービスで十分なのに、500万円のブツをオススメされたりしないのだろうか。
それとも、そういう意味の情報共有ではないのか。

まっ、ちょっと、正直怖いですよ。
こういう感覚は、日本人固有の閉鎖性って話じゃなくて、慎重さという特性・特長として評価してほしいですよね。
だって、「ほら、見たことか」ってケースがあり得るもの。
記事では、「幅広い企が活用できるようになる見通し」って言ってるけど、断りは入れてよ。勝手にやらないでよ、頼むから。

[2122] 取材ライターが考える、取材ライターのランキング

~ライターとか、やってます【文章で食べていく方法】~

去年くらいからでしょうか。
自分のライティングポリシーとして、「愛」を掲げるようになってきました。
読み手を動かす力、目を引いて離さない文章、伝わる想い・・・。
これらに共通する要素といえば、結局は「愛」なんじゃないかと。

商業文に必要なのは、情報量でもなく、テクニックでもなく、もちろん権威を感じさせる堅苦しさでもない。
「その人の気持ち」こそが、フォーカスされるべき。
だから、「一生懸命ウンヌン・・・」なんて書いても、ほとんど意味がない。
気持ちがないもの、上っ面だもの。
どうして、そんなことまでやってんのか・・・っていう「愛」が見えてこないと、メッセージにならない気がするんですよね。

ヒアリングとライティングの評価軸
理想のライター像をメダルで表してみました

じゃあ、じゃあ、どうすれば「読み手を落とす」ラブレターが書けるのか。
ヒアリングでいえば、「言われたことをそのまま書く」なんてのは、もっともいただけません。
テキスト支給も論外。
これらは、ほとんどが自慢ですから。
自分が読者の代表になって、「何を求めているのか、どう言われたら落ちるのか」を、改めて聞き出さないといけない。

刺さる内容のほかにも、例えば「つり橋理論」・・・でしたっけ。
ドキっとする発見をもって、疑似恋愛体験に持ち込んでもいい。
ですから、デートにおける手練手管が必要なんですよ、取材中には。
間違わないでくださいよ、取材対象者を落とすんじゃないですからね。自分が落とされるようなポイントを引き出すんですからね。
つまり、一問一答が終わった後に、「いまの話で、自分が落ちたかな」「かえって離れちゃいないか」という確認を取らないといけない。

次にライティング。
「愛」が聞き出せていたら、内容としては、それを書いていけばいいだけです。
ただし、文の上手・ヘタは問われますよね。どうしても。
自分の考える理想は、とにかく「読みやすい」こと。
全体のリズム感がいい、テニヲハのダブリがない、難しい単語・言い回しを使っていない、他の意味に受け取れる表現をしていない、お経にならない、すっと入る、ロジックがスムーズ・・・。
キリがないですけど、要は「ラブレターとして通用するのか」っていう視点が必要なんです。
論文を書いちゃダメ。
そんなのは、読まないでしょ。マニアじゃない限り。

何ができるのかではなく、どうしてそうしているのか。
一生懸命頑張るではなく、読者がどんな得をするのか。
情報を詰め込むより、むしろ聞きに来てほしいと誘う。一緒に考えようと投げかける。
それが「プロホーズ」だと思うんですけどね。

[2621]20171007朝日新聞

~新聞全面広告ギャラリー~

20171007朝日新聞

[1767]「木々の名は。その12」イヌマキ

~フリーランスライターがつづる、人生を楽しむヒント~

この企画もはや、12回目。
最近、街中を歩くのが楽しくなってきています。
逆に、「もっと知っておかないとわからんぞ」という分岐点も見えてきたりして、とくに「モチ系」がやっかいですな。

そんななか、今回は「イヌマキ」。
親戚一同を一緒くたに「マキ」と呼んでいいなら、判別は簡単です。
なぜなら、葉っぱがものすごく細いから。
松葉ほど「棒」ではないにしろ、芝生が縦に生えている感じ。
一本の自生というより、生け垣に多く見られます。

イヌマキの生け垣
針葉樹に分類される「イヌマキ」

生育のスピードは早いそうで、頭に新芽を乗せている姿もチラホラ。
そのまま放置しておくと、予想外の大木に育つのだとか。
樹皮は、スギに似たタテ剥がれ系。
でも、イヌマキの場合、葉っぱだけでわかります。

見たことはないですが、ベビーコーンに似た花と、食べられる実を付けるそうで。
この実が、二つのお団子をつなげたような形をしているので、よくヤジロベイの「頭と体」に使われるとのこと。
ヤジロベイって言われても、いまは作りませんけどね。

コウヤマキとの区別は無視。
芝生が縦っていれば、とりあえず何でもイヌマキ。
「黒い色」というイメージが先行する割に葉の反射が強いので、自動で撮ると、色飛びを起こします。
晴れていたら-1.0くらい、曇で-0.7くらい落として撮影すると、おおむね適正。
一瞬、カメラが壊れたのかと思いましたが、自動露出の落とし穴でした。

[2408] 見出し、キャッチ、コピー

~記事はどのようにして作られるか【取材現場の裏話】~

文章と異なる短い語句の塊には、いろいろな呼び名があるじゃないですか。
これらのニュアンスについて、編集側とライター側の認識が違うと、得てしてモメます。
モメるというより、「終わりの見えない空論が続く」と言うべきでしょうか。

ここからは私見ですが、見出し、キャッチ、コピーには、それぞれ以下のような違いがあると思うんです。
まず、見出し。
これは、「インデックス」だと考えています。
そのページやブロックが「何について書かれているのか」を示す案内文。
構成に近くて、ページネーションを兼ねる場合もある。
ですから、「見出しは何にするの?」という打合せって、成り立つんじゃないでしょうか。
一方、コピーは打合せで決めるものじゃない。ライターが独自に考えるものです。

新聞の見だし
新聞に並ぶ「見出し」も、ある意味でインデックス

続いてキャッチ。
これは、目を引かせるためのフック。
必ずしも中身を要約する必要はありません。
「このポイントが大切!」
「クラシアンで検索」
とかでも成り立ちます。

最後にコピー。
自分は、テキストもコピーに含まれると解釈しています。
要は、メッセージが伝わる文章のことです。

「恋は、遠い日の花火ではない」
有名なコピーですが、インデックスの役割を果たしていないため、見出しとは言えないでしょう。文頭に置かれていたとしてもです。
ガッと目を引く文ではないので、キャッチとも違う。
でも、こういう気の利いたセリフをして、「いい、キャッチ考えてよ」と頼まれることがあります。
自分からしたら、「このポイントが大切!」ほど優れたキャッチってないと思うんですよ。
そこが、終わりの見えない空論の始まりなんでしょうね。

話を戻しまして、コピー。
なぜ、テキストもコピーに含まれるのかといえば、文字数の規定がないから。
例えば、13文字以内だったらコピー、それを超えたらテキスト・・・なんてルールはないでしょ。
ただ、気の利いたセリフのことをコピーとする風潮はありますよね。
いずれにしても、メッセージを込めた文のこと。
「クラシアンで検索」は・・・よくよく考えると微妙ですが、コピーではない。
また、原材料一覧なんてのも、コピーとは違う。それはテキスト。

コピーで原材料一覧をやってみたい気はしますけどね。
南米の熱い風「唐辛子」、青森の暴れん坊「国産ニンニク」、フォークなのに刺すことを許さない「ロングパスタ」・・・とか。
お仕事のお問い合わせ
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
プロフィール

てつまる

Author:てつまる
神奈川県を中心にフリーで活動しているライターです。
超IT系を除き、医療・各士業・経営者・アスリートへの取材、アーティストプロモート(情報発信)、イベントレポなどを手がけています。

最新記事
カテゴリ
お世話になっているサイト様
最新コメント
最新トラックバック
コトバカウンター
special thanks to
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR