[1296] なぜ銀行強盗はアウトで、ミサイルはセーフなのか

~その記事、論点ズレてませんか?【ニュースの視点】~

北朝鮮の新型ミサイル絡みで使われている「ロフテッド」という言葉。
雑貨を扱う、あの「ロフト」と、何か関係があるんでしょうか。

屋根裏が付いている部屋のことを「ロフト付き」なんて言いますよね。
デパートの「ロフト」は、そこら辺と関係しているのでしょう。
一方、ゴルフで使うピッチングウェッジのことを、「ロフトが付いているクラブ」と表現します。
屋根の高い部屋、球を高く打ち上げるクラブ・・・その辺に、答えがありそうですな。

さて、その「ロフテッド」ですが、いまのところ具体的な標的を狙っていないので、実験扱いとみなされているようです。
でも、銃を空に向けて威嚇発砲したら、日常の世界では「お縄」ですよね。
その違いが、わからんのですよ。

ロフテッド
「ロフテッド」を解説した例としての『YOMIURI ONLINE』

海外ドラマ『プリズンブレイク』でマイケルは、銀行の天井を打って、狙い通り兄のいる監獄へ連行されました。
あのとき、「具体的な標的を狙っていないからセーフだよ」と言われたら、その後の筋が成り立たないじゃないですか。
続編がダラダラしちゃって、おもしろくないのは別にして。
つまり、他人を威嚇した時点でアウトなはずなんですよ。人間なら。

その理屈が通らないとしたら、国家は別扱いにするのか、国際上の治安が成り立っていないのか、もしくは両方のはず。
また、そうした国と話し合いの場を持つって、どういうことなんでしょう。
国内の反社会勢力が手に負えなくなったら、警察は、話し合いをするんでしょうか。
グアムが射程に入るとか、中国に対するメッセージも含まれるとか、そんなこと、どうでもいいでしょ。
もう天井を打っちゃってんのっ。あの国は。
実験じゃなくて、犯罪として報じるべきだと思うんですけど。
スポンサーサイト

[1196] ホウムライターとチャッカマンの違い

~ライターとか、やってます【文章で食べていく方法】~

世の中で一番硬いとされる6文字の鉱物。
その名前が冠された出版社のムックを執筆することになりました。
中身は「相続」関係です。

いままで、ダイレクトの執筆依頼としては、「ニノキン」しか来ませんでした。
それが、ついに法務関係ですよ。
士業のサイトコンテンツを手掛けてきた実績が、やっと認められたのです・・・たぶん。
いいですか? ホームじゃなくて、法務ですよ。
ホームライターだと、チャッカマンになっちゃいますからね。

1196.jpg
ホウムのほうの茶濁でございます

そもそも、法律系のライターって、法務ライターでいいんでしょうか。
例えば、お医者さんがらみは「医療ライター」というんですが、これに比べると、いまひとつ名が通っていない気がします。
「法務ライター」で検索してみても、一連の単語として使っているところは少ない模様。
分野としての「法務」と、スキルとしてのライターが切り離されている。

あっ、ってことは、seoワードとして見たときに、有望株ってことですよね。
検索量としては多くないだろうけど、打ち込んだ人へ確実に届く。
そして、問い合わせが自分のところに来る。
決めた。これからは、法務ライターの第一人者、河野哲弥です。

実は、「二宮金次郎像 河野哲弥」で検索したところ、かなり笑える結果になっていまして。
もう、ここまで行っちゃうと、覆せないよな・・・と思っていたんです。
貼られたレッテルを剥がしきれないと。
ところが、さにあらず。別のライターラベルをベタベタ増やしていけばいいわけです。
その答えが「法務ライター」。
いいですか? チャッカマンじゃ、ありませんからね。

[1695]20170326朝日新聞

~新聞全面広告ギャラリー~

1695.jpg

[1741] 紙も積もれば科学遺産

~フリーランスライターがつづる、人生を楽しむヒント~

夏の風物詩ともいえる、キンチョーのコマーシャル。
今年から、こっそり「科学遺産認定」なんてコピーが付いているの、気付きました?
調べてみたら、2017年度の最新版で認めらたようです。

この「科学遺産」。
公式サイトによると、科学マターであることはもちろん、特に「歴史的な資料」という側面を重視するらしいです。
人や道具類そのものよりも、保管状態と合わせたデータの蓄積を評価すると。
そのせいか、あまりなじみのないアカデミックな資料が選ばれています。

そんななかでのキンチョー・・・というか、正確には「除虫菊関連の資料」・・・って、思いっきり身近じゃないですか。
ほか、今年は「化粧水の資料」も認定。
方針が変わってきたんですかね。

キンチョーの看板
ある意味、これらも「歴史的な資料」という気がする

ちなみに、初回認定の資料で「具留多味酸試料」というのがあるんですが、これはグルタミン酸のこと。つまり「味の素」ですね、たぶん。
じゃあ、かつお節などの「イノシン酸」も認めてやれよ・・・という気がするんですが、残念ながら選外となっています。
なんでだろう。
資料としての呈をなしていないのかな。

そう、「科学遺産」が怖いのは、資料を対象とするところ。
功績・貢献が一義ではなく、何より学術性なんです。
これは、論文を重視する「科学」にありがちな志向で、文字になってなければ、例え事実でも事実じゃないと。
そういうノリなんでしょう、たぶん。

今後のことを考えると、「紙への記録」に限らず、デジタルデータをどう扱うかが問われそうです。
デジタルは可変できちゃいますから・・・。
何だか時代遅れという気もしますが、そもそも遺産って、そういう話でしたね。

[801] ユニバーサルデザインとCSS

~スマホが変えたHTML文【ピクニックを始めたコンテンツたち】~

前回、
「スマホが登場するまでのホームページは、『テーブル』という見えない枠によってデザインされていた」
ことをお話ししました。
いわば、大きさの決まったキャンバスへ画を描くようにして、コンテンツが並んでいたのです。

ところがスマホの登場により、閲覧環境に変化が起きました。
横幅は、一般的なPCモニターの約3分の1しかありません。
スマホユーザーには、一枚の画の、わずか左上の部分しか見えていないのです。

そこで、CSSを使った「ユニバーサルデザイン」の必要性が問われ始めました。
これは、ホームページに文字と画像しか置かず、その配置を端末に決めさせるというもの。
視認性の悪い横スクロールを発生させないことで、ユーザビリティを高めたのです。
しかし、その代わりに、以下のような状況が起きてしまうことに。

ユニバーサルデザイン
山ガハで多用していた、横並び3コンテンツのイメージ

例えば、「ノーマル吉野家」「青い吉野家」「白い吉野家」の対比をしたかったとしますよね。
PS前提なら・・・というか、自分にはこの発想しかなかったのですが・・・横並びで表現できます。
ところが、画面幅を狭めていくと、「白い吉野家」だけ下に落ちてしまうのです。

これは自分に、強烈なアレルギーを引き起こしました。
そこまでして、スマホユーザーをちやほやすべきなのかと。
むしろ、「山ガハ」はPCで見ろと。
つまり、せっかくCSSを導入したのに、横幅を760ピクセルで固定してしまったんです。
もちろん、コンテンツの横幅を250にせず、「閲覧画面の3分の1」と指定することもできます。
これならデザインが崩れないものの、画像はかなり小さくなります。
ですから、パーセンテージの指定は行いませんでした。

もし、これ以上ページを増やすのであれば・・・。
お株だった「横並び3コンテンツ」という発想は、どうやら捨て去らないといけないようです。
であれば、いっそのこと、全くコンセプトの異なったサイトを一から立ち上げようか。
なんとなく「YMGH」を残したかったので、じゃあ、ライティングワークをテーマにした「YM我報」にしよう。
これが、現「山ガハ」です。
そして、横幅指定をなくした別サイトの建設を、新たに始めようと考えました。

[1395]注意したいことが・・・とするときに、注意したいこと

~正解なんてない!日本語の選び方【文章作成のコツ】~

良くポイ捨てする人「が」います。

ここに、「気になるのが・・・ことです」を付け加えると、どうなるでしょう。

気になるのが、良くポイ捨てをする人が、いることです。

これは「が」がカブルので、好ましくありません。
一つの文に対して、二つの主語が生じていますよね。
ところがご存じの通り、ダブル「がが」文を、あちこちで散見するのです。

なぎさから見た海の遠景
遠くに見えるの「が」、かつて工場「が」建っていた土地

つまり、シングル「が」文そのものを別の目的語にする場合、文章の構成を変えなきゃいけないんです。

気になるのが、良くポイ捨てする人「を」見かけることです・・・目的格に直す
遠くに見えるのが、かつての工場建設地である・・・一連の名詞に変換

もう少し例文を出してみましょうか。

外国人が含まれる
課金対象となるのが、外国人を含む場合

テレビの見過ぎが、目を悪くする
注意したいのが、テレビの見過ぎによる目の悪化

また、「がが」ではなく「はが」の場合、見た目は正しいように見えます。
しかし、構造的には同じです。

課金対象となるのは、外国人が含まれる場合・・・ではなく、
課金対象となるのは、外国人を含む場合

構造的には、修正が必要です・・・ではなく、
構造的には、修正を必要とします

これですね、意外とできていないんですよ、自分でも。
まず、「修正が必要です」というフレーズが浮かんでしまうのでしょう。
そのフレーズに対して、「できあがった文章は」という主格をそのままはめて、

できあがった文章は、修正が必要です

にしてしまっている。
誰も文句を付けないですけどね。また、気付いて直したとしても、評価されないですけどね。
へたしたら「こだわり」の域かもしれませんが、こういうところって、重要なんじゃないかと思います。
お仕事のお問い合わせ
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
プロフィール

てつまる

Author:てつまる
神奈川県を中心にフリーで活動しているライターです。
超IT系を除き、医療・各士業・経営者・アスリートへの取材、アーティストプロモート(情報発信)、イベントレポなどを手がけています。

最新記事
カテゴリ
お世話になっているサイト様
最新コメント
最新トラックバック
コトバカウンター
special thanks to
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR