FC2ブログ

[2173] 単調な作業が嫌にならない、脳内ブレーカー

~ライターとか、やってます【文章で食べていく方法】~

ライター業には、家で画面とコツコツ向かい合っているようなイメージがあります。
実際に、そうなんですけど。
ときどき、「飽きることってありませんか?」なんて聞かれるワケですが、それって、どんな仕事にも当てはまることでしょ?
まあ、それを言っちゃったら会話が続かないわけで。
そんなときに、「脳内ブレーカー」の話をすることがあります。

家庭用ブレーカー
ホントに茶濁でスミマセン、茶濁というより玄関の上を撮っただけです

例えば、「メンドクセー」とか「つかれたぁ」といったような、ネガティブな発想が湧くじゃないですか。
これ、そのまま放置していると、どんどん育つんですよね。
「ちょっと一服入れるか」とか「別に、今やらなくてもいいんじゃねぇの」とか。
で、必要もないのに爪を切ったり、テレビのリモコンを付けたりする。

なので、感情を育てないことが大切。
「メンドクセー」の「メン・・・」あたりで、思考回路を強制的に切る。
「つかれたぁ」を最後まで言わせない。
それが、脳内ブレーカーです。
最初は、「もやもやっとした気持ち」なんですよ。
それが一連のコトバになっちゃうから、意味を持つようになる。
だったら、コトバ化する前に、遮断してしまえと。モヤモヤの「モヤあたり」でとどめてしまえと。

この技。使えるようになると、単調な仕事がはかどります。
仕事に限らず、掃除のような場面にも有効。
良く、「自分へのご褒美」なんてあるじゃないですか。
下がっちゃったモチベーションを上げるエサというのかな。
あんなの、どうせ効くかどうかわからないオカルトなんだから、頼っちゃダメ。
それより、モチベーションを下げなきゃ、こと足りるじゃん。
原因となる異常電流を遮断して、何も考えなかったことにする。
淡々と、目の前のタスクを消化する。

てなことで、変なコトを考え始めたら瞬時にブレーカーが上がるよう、特訓してみてください。
目指したいのは、「メン・・・」あたりの2文字。
「メンド・・・」という3文字だと、コトバとして成立しちゃいますからね。
スポンサーサイト

[2172] ライターにカメラスキルは必要か

~ライターとか、やってます【文章で食べていく方法】~

今回は、カメラスキルのお話。
マストじゃないにしても、あればあったで、「食べていく」機会が増えますよね。
カメラマンにテキストを依頼するより、ライターに撮影を依頼することのほうが、圧倒的に多いですから。

つまり、
「文章なんて、誰でも書けらぁ」と思っている人より、
「写真なんて、誰でも撮れらぁ」と思っている人のほうが多いということ。
本当は、そうじゃないんですけどね。

さて、本題のカメラスキル。
上手か下手かは別として、

・外付けフラッシュが扱える
・被写界深度の何たるかを知っている
・画像編集ソフトを持っている

この3点を満たしていれば、何とかなるんじゃないでしょうか。
とくに重要なのが「被写界深度」というヤツです。
不思議なことに、何度説明しても「わからん」という人が一定割合でいます。
基本は、
「数字が小さいとピントの合っている幅も小さい、数字が大きいとピントの合っている幅も大きい」
それだけなんですけどね。

かみ合わせの模型
被写界深度の浅い画像例(f 2.8)

昔のフィルムカメラのレンズを見ると、レンズの外側に「川」の字のような3本の線が走っていると思います。
「小」の字っていったほうがいいかな。
これ、「今の数値だと、ピントがどこまで合っているのか」がわかる、大変便利なガイドラインなんです。
そのうち、ラインを見なくても、おおよその見当が付けられるようになってきます。
「一番手前の商品から一番奥の商品までピントを合わせるとしたら、“f 8”かな」みたいに。
この感覚を養ってほしいですね。
「ピントの合っている空間」が、目の前にイメージできている状態。
絞りのダイヤルを回すと、頭の中で空間が浅くなったり深くなったりする。試し撮りしなくてもね。
と言いつつ、この間、失敗しましたけども。
あー、思い出したくなかったな。

「外付けフラッシュが扱える」は、練習あるのみ。
天バンや横バン、ナナメバンなど、いろいろ試してみましょう。

「画像編集ソフトを持っている」。
これは、主に色調整で使います。ピンボケ対策にも一部有効。

あとは、ひたすら場数です。
背景の映り込みとか、ポーズ・スマイルのとらせ方なんてのは、そのうち自然にできてくるでしょう。
気にしない編集もいるし。
とりあえず、テキストと画があれば、記事はできます。
案件の受注率を高めるためにも、カメラスキルをみがいてみては。
その際、「小」の字のようなガイドライン付きのカメラかレンズを選ぶと、「被写界深度」が“より”身に付きます。

[2171] 編プロ設立の前段階の準備の秒読み用意

~ライターとか、やってます【文章で食べていく方法】~

何度も同じような話題ですみません。
再度、某メディアさんから、仕事の増量について打診を受けました。
最低でも2倍、可能なら5倍でもと。

いま、月100時間の委任契約で、十分生活できます。
ですが、間を取って、月300時間としましょうよ。
1日10時間、休みナシって話です。
年収にしたら1000万円を楽々突破するものの、そもそもできるわきゃない。
アシスタントを入れることが、前提になってくるんですね。

ライター募集
作ってはみたものの、あまり、その必要が感じられない概念図

アシさんったって、イチから探さなきゃならないじゃんね。
大学のサークルの後輩で、文学部あたりにいないかな。ライターを目指しているヤツ。
文学部じゃなくてもいいけど。

そうだ、ラン○―ズの知り合いがいるので、頼んでみようか。
1時間あたり2000円出します。2500円でもいいです。
最初は、私のトレーニングを受けてください。
内容は主に3点。

1.同じ助詞がかぶらないような文を作れること。
2.「~してしまうので、なってしまうのです」のような、「しまう」の連続が避けられること。
3.「場合」や「こと」などの繰り返しがないこと。

たった、それだけです。
「たった」は言い過ぎた。悪文をタタキに、修正の練習をしてもらいます。
このチュートリアルは自腹だな。時間あたり1000円でどうだっ。
あっ、待てよ。そもそもの委任契約って、「その会社に良かれと思ってやったこと全て」が含まれるので、自腹を切らなくてもいいのか。
いずれにしても、満足のいくレベルになったら、実践投入。
基本は、バンバン現場に出て、メディアともやりとりしてもらって、最後に私がチェックします。

この握りが、ラン○―ズとメディア双方とできれば、やれないこともないでしょう。たぶん。
ああ、何か、編プロって、こうやって生まれていくのかな。
もしかして、ここまで収益性がしっかりしてれば、金融機関の融資を受けられたりして。
融資ったって、事務所を構える経費くらいでしょ。先行投資なんてないわけだし。
うーん、考えることいっぱい。

もちろん、この記事を読んで興味のある方も歓迎します。
お互い大人なので、エントリー要項などは決めません。
私が「一緒に働きたいな」と思うようなことを書いて、送ってください。

[2170] 経営者になりたかったワケではない

~ライターとか、やってます【文章で食べていく方法】~

えー、標題。
気をもむようなことを言ってますが、全くもって仮のお話です。

先日の取材帰り、某メディアさんが、「もっと発注量を増やしたい」とおっしゃるんですな。
例の、委託契約を結んでいるところです。
何でも、月100個の記事を配信する予定があるそうで。
それを、「コーノさんレベル」のクオリティに保ちたいと。

100時間の委託契約で、どれくらいいけるだろう。
取材入れて、10から12ってとこじゃなかろうか。
そしたらですね、そのメディアさん、「ライターを雇ってもらってもいいですよ」とのこと。
ただし、最終的なアウトプットの質は保ってくださいと。

18年10月段階の稼働状況
図にするほどでもございませんでした

現在、ワタシの稼働枠は、上半分の白枠です。「個人負担分」と書いてあるところ。
100時間の委任契約に加え、他社からポチポチ仕事をいただいている状態。
このメディアさんの受注量は、全体の約7割。
ただ、単独1社への依存度をあまり高めたくないので、現状でいいと思ってます。

そこにきて、「もっと発注量を増やしたい」らしいんですわ。
月100記事だもんね。
仮に全部請けたら、月900時間から1000時間ってところ。
1カ月分だけで、1年暮らしていけるだけのフィー。
まあ、全部は請けられませんけれど。

さて、どーすっかな。
ライターって、意外とライターの知り合い少ないし。
大学の後輩とかで、ライター目指してるヤツとかいないかな。
ピンハネ分を引いても、1時間2500円くらい出せるんだけど。
とにかく、仕事はあります。
「助詞のカブリ」「シマウマ病」「煮込み病」の3つだけ避けてくれれば、ある程度の文は書ける。
100時間、25万円。とりあえずのベース稼ぎにどうだっ。
持ってけ、ドロボーっ。
いや、本当に独立して、持っていってもらってもいいです。
そしたら、ワタシのピンハネ分、さらにフィーが上がります。

[2168] Tをテー、Dをデーと読む利点

~ライターとか、やってます【文章で食べていく方法】~

今回は、メルアドを電話で聞くときのコツ・・・のようなお話です。

まず、一連の言葉で言ってくる場合について。
「ハラヤマ アットマーク ジーメイル ドットコム」みたいなケースです。
この手で気をつけたいのは、L と R 。「ハラヤマ」の部分が該当します。
harayama なのか halayama なのか。
あるいは「シ」が入るメルアド。
こちらも単に si なのか、h が入る shi なのか、忘れずに確認したいところです。

この、「ラ行」と「シ」を確認しておけば、かなりの割合で誤送付が防げます。
怖かったら、m と n も聞き返しておきましょう。
例えば、「ニワヤマ」か「ミワヤマ」かなど。
自分は、「マクドナルドのMですか、ニューヨークのNですか」という聞き方を多用しています。

やきとりの形をした店名
関係ないですけど、文字が店名と商品を表している一例

次は、一文字一文字言ってくる場合です。
「マクドナルドのMですか、ニューヨークのNですか」は、むしろコッチで有効。
ほか、イー、ティー、ビー、ディーなど、間違いやすい文字が多いですよね。
そこで出てくるのが、冒頭の少し昔まで使われていたヨミなんです。

Tをテー、Dをデーにすると、意外なほどすんなり確認できます。
その代わり、今度はAとKが聞き間違い候補に入ってくるわけですが、実質、間違えません。
怖かったら、
アメリカのA
キングのK
トウキョウのT
ディズニーランドのD
あたりの使い分けを覚えておくといいでしょう。
イー、ビー、シーあたりはキリがないので、自分なりのアレンジを作ってみてください。

そしてもうひとつ、ハイフンとアンダーバーも、絶対、確認すること。
両者の違いがわかっていない人って結構います。
ハイフンと言われても、「真ん中の棒なのか、下に引く線みたいなのか」などと聞いておきたいですよね。
わざわざアンターバーと言っているなら、信じてよさそうですけど。

話を戻しますが、Tをテー、Dをデーとする習慣は、放送局のコールサインなどにも残っています。
TBSとかHTBみたいなヤツです。
ティービーエスさんは有名でしょうが、地方局の場合などはあえて、エイチテービーと言ったりします。
それだけ、間違われにくいということなんでしょう。

[2168] 安定という名の落とし穴、委任契約の盲点

~ライターとか、やってます【文章で食べていく方法】~

月100時間、内容を問わず動く代わりに固定フィーをいただく委任契約。
この10月で早、4カ月目を迎えました。
他人の書いた原稿を編集する業務あり、取材先の調整あり、もちろん取材+ライティングもあり、企画・構成もあり。
発注する側としては、いちいち見積もりを取らなくてもいいので、楽なんじゃないでしょうか。
上限の100時間を越えていない限り、細かなこと抜きにして発注し放題。

一方のコチラ側としては、とにかく収入が安定するので、助かりますよね。
生活していくベースとしては十分。
現在、委任契約にプラスして、別会社から連載2本、別の複数会社から単発チラホラ。
そんな感じで食べてます。

ただ、この状況に甘んじてしまうと、「もっと稼ごう」という気が起こらないんですよね。
最近、新規営業をまったくしていません。
煮られる途中のカエル、ケージの中のブロイラー。

国府津付近の海岸
安寧に楽して、気付けば身動きのできない図

いまのところ、委任契約が占める収入の割合は、約7割です。
逆に言うと、委任契約を打ち切られたら、収入が3割になる。
これは怖いですよね。
いいところ5割ってところじゃなかろうか。

考え方のひとつとして、100時間を80時間くらいに減らしてもらう手があります。
その分、受け入れ幅を多くして、他社からの仕事を入れる。
ただ、他社の仕事が潤沢にあるとはいえないですし、最初っから「減額ありき」っていうのもね。
もうひとつの考え方は、100時間を維持しつつ、「もっと頑張る」こと。
それで5割ってことは、月200時間働けってか。
休みなしで1日7時間弱。
できんのか?

おーっと、そんなことをしている間に、委任元から別の相談が。
ほかのライターの取材記事がピンぼけしているので、音声データから別途、書きおこしてくれないかと。
ホント・・・何でも屋だな。
お仕事のお問い合わせ
カレンダー
10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

てつまる

Author:てつまる
神奈川県を中心にフリーで活動しているライターです。
超IT系を除き、医療・各士業・経営者・アスリートへの取材、アーティストプロモート(情報発信)、イベントレポなどを手がけています。

最新記事
カテゴリ
お世話になっているサイト様
最新コメント
最新トラックバック
コトバカウンター
special thanks to
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR