[1183]10の情報を10にして伝えるには

~ライターとか、やってます【文章で食べていく方法】~

最近、多少の「盛り」は必要不可欠なんじゃないかと思うようになりました。
もちろん、ライティングの話です。

例えば、取材対象者の頭にあるイイタイコトが「10」だとしますよね。
うまくしゃべれない人もいるでしょうから、想いを口に出した段階で「8」になる。
ライターの理解度が良くて「7」。
正直に書けない事情もあったりして、テキストレベルで「5」。
それを読んだ側の把握が「3」。

つまり、放っておいたら、3割しか伝わらんのですよ。
これで十分と思っていても、その実、三分。
過半数以上の情報がスルーされることになります。

1183.jpg
神奈川名物、厚木の「ジュー」という茶濁でございます

では、標題。
10の情報を10にして伝えるには、どうしたらいいのか。
答えとしては、どこかで「盛る」必要があるということです。

取材対象者の頭にあるイイタイコトが「10」。
想いを口に出した段階で「8」。
これを、「極論すると、こういう意味ですか」なんて誇張して、「10」に戻す。
テキストで色を付けて「12」くらいに盛る。
それを読んだ側の把握が「10」。

これぐらいやらないと、「10」が維持できないということなんです。
2割増しが2回だから、40%増し。
当然、取材者の意図していない「盛り」も含まれるでしょう。
勝手に誇張したら怒られますが、同じ延長線上なら、行き過ぎぐらいがちょうどいい。
ただし、この説得は、非常に困難です。

自分はメンドクサイので、
「優秀な読者でも8割の理解、3日たったら2割忘れる。なので、そのまま書いても64%しか伝わりません」
って説明しています。
・・・ライターが免責になっているの、気付きました?
それはそれとして。

5割増しで書いて64%伝われば、「9割以上残ります」よねと。
なので、言った覚えのない例えや、大げさな見だしは、もとから織り込んどいてクレと。
やってないことを「やった」というのはウソだけど、「バリバリ得意としている」くらいで普通に見られるんだと。
正直に「頼まれればやります」なんて書いたら、誰も見向きませんよと。

実際はそこまで理解が得られないし、自分にも倫理観がありますから、5割増しなんてのは無理です。
でも、多かれ少なかれそういう図式が必要なんだなと、そのことをちゃんと説明しておかないといけないんだなと、いまにして思います。
スポンサーサイト

[1182]LINEの設定を他人に任せるとどうなるか

~ライターとか、やってます【文章で食べていく方法】~

某編プロのKクンが言うように、モバイル系のリテラシーはかなり低いです。
何せ、スマホ持っていませんから。
LINEにしたって、全く必要と考えていなかった・・・というか、ガラケーには無関係と思っていたんです。

そんなさなかの先日、久々に大学の同期で「飲もう」ということになりまして。
とりあえず、東京駅へ集合。
最初に着いたヤツが店を決めて、みんなに連絡をしようという流れ。
自分は二番目だったんですが、店に着くまで、3回も電話してしまいました。
これに友人が「キレて」ですね、勝手にLINEへ登録しおったのですよ。
あれ、ガラケーでも、できるんだ。

ただ、アプリを開くのではなく、誰かの投稿ごとにメールが送られてきて、iモード経由で閲覧する仕組み。
正直、めんどくさいです。
スパムメールが増えたような感覚を持っています。

1182.jpg
スマホ前提だもんね

でだ。
家に帰って、設定をPCから見られるように直そうと思ったわけですよ。
ところが、自分で登録していないじゃないですか。
パスワードとか聞かれても知らんて。
たぶん、このままLINEには参加しないような気がしています。
1日何十回もメール開いてアクセスして・・・なんて、めんどくさいって。

FBも、もともと他人が用意してくれたんです。
あれ、最初は、クローズドでSNS的な使われ方をしていたじゃないですか。
なので、とあるグルメ系メディアに参画している4人のライターで、インナーの打ち合わせ用に登録してもらったんです。
だから、いまだに自分から「友リク」する気になれません。
だって、自分の意識は、ライター仲間だけが使うクローズドなメディアですから。
実質、ごっちゃになっていますけど。

話戻って、LINE。
飲み会の待ち合わせとか、そういうとき限定ということで、以下、封印。
せっかく設定してもらったのに、スミマセンね。

[1181]3年すると、紹介筋が縦方向に変わる

~ライターとか、やってます【文章で食べていく方法】~

何度も言うようで恐縮ですが、「ご指名」だけで食ってます。

最初は1人の編集なり営業なりに気に入られ、そのウワサが社内に広まる。
すると、ほかの部署から声がかかる。
また、一緒に仕事した人がほかの媒体へ転職すると、そこから新しい仕事が入る。
3行上に戻る。

この3年は、そんな感じの「横展開」から、仕事が増えたものでした。
ところが最近、「縦展開」が起きてきているんですね。
つまり・・・
一緒にやってきたベンチャーの編集なり営業なりが出世する。
部下を持つようになる。
その部下に、「あのライターに任せとけば、とりあえず大丈夫だから」と教える。
そこから新しい仕事が入る。
という図式なのです。

1181.jpg
縦方向への燃え上がりという茶濁でございます

でも、オリジナルメンバーと違って、仲間意識は薄いですよね。
実感があって「任せとけば大丈夫」なのと、人に言われて「任せとけば大丈夫」は、やっぱりちょっと違うんです。
事務的というのかな。
逆に、「大丈夫な人なんですよね」的な見方をされかねない。

そういうんじゃなくて、気心が知れているからこそ、わざわざ指示を受けなくても、思っていた通りのコンテンツが書ける。
だって、考え方も知らない人に丸投げされたって、同じようにいくわけないじゃん。
ここ、かなり危険です。
気を引き締めていかないと、オリジナルメンバーの信頼を損ないかねない。

でも、ほんと、ベンチャーって異動が早いですよ。
上場企業と比べて3倍ぐらいのスピードで、部長とかマネージャーが生まれていく。
そうなっていくと、下の世代との間に、ある種の「異文化」みたいな壁が生じてくるんですかね。
「創っている意識」と「受け継いでいる意識」の差なんでしょうか。
自分はいま、「受け継いでいる意識」の人たちから、指名を受け始めていることになります。

[1180]2016年通期速報値

~ライターとか、やってます【文章で食べていく方法】~

毎度、誰も確定値を期待しない速報値でございます。
しかも、速報値ですらない。

さて、具体的な数字は避けて、達成率でいきます。
収入目標達成率 91.4%
支出目標達成率 98.3%
純粋に増えたお金 約30万円
思ったより稼げず、思ったより使っちゃったけど、一応、黒字だよと。

収入減の主たる原因は、10月の落ち込みでした。
14万円ぐらいしか稼いでいません。
これはなぜかというと、小学館の『SAPIO』誌に単発枠をいただいたからです。
ええ、結構力入れて、準備しました。
いつもの仕事は、放ったらかしです。

1180.jpg
近くのコンビニに頼んで、撮らせてもらった写真

支出増の主たる原因は、所得税の大幅UP。
確定申告、間違えていたのかな・・・。
一昨年ベースで考えていたので、ものすごいギャップというか、衝撃。

純粋に増えたお金は、生活費や趣味などの総費用を除いた額です。
これを60万円で「経営計画」していました。
黒だけど、半分しか残りませんでしたね。

さて、今年は、この2016年ベースに対し、
収入でプラス30万円。
支出でプラマイゼロ。
を見込んでいます。
つまり、1年足踏み・・・というか、「元に戻す」形になりますな。
来月の確定申告では、せいぜい領収書や出勤伝票を切って、課税対象の所得を落としますよ。
それで支出を30万円、抑えてもいい。
どう計算するかは知りませんので、結果次第ということになりますが。
ちなみに「青」って、ナニされないんでしょ。
アレをコレしたところで、そうならないんじゃないかと。
いま、取材先の税理士さんに、いろいろ相談しているところです。

[1179]商業カメラマンと商業ライターの、とある会話

~ライターとか、やってます【文章で食べていく方法】~

1月某日、都内某所

ラ) カメラも文章も、誰でもやれちゃうから、ボクらの立ち位置って難しいですよね。
カ) そうそう。わかる人にはわかるけど、「シロートでいいじゃん」という人もいる。
ラ) 自分にとっての「うまさ」って、読みやすさなんですよ。感動するような文章を書くのは作家の仕事。
カ) なるほど。
ラ) 逆に、Aさんの「うまさ」って、何ですか?
カ) やっぱり、見やすく写っているってことかなぁ。必要以上にボカして切る人がいるけど、商業写真じゃ、あり得ない。
ラ) ほとんど目にしかピントがいってない。
カ) 誰が写っているのかわからない(笑)。

1179.jpg
茶飲み話的な茶濁でございます

ラ) 商業的なプロって、芸術性は求めないんですよね。写真にしろ文章にしろ。
カ) 必要なものが、過不足なく収まりきっている。そこが一番難しかったりするんですけど。
ラ) まったく同感です。盛ればイイということでもないし、ボカすのが味ってわけでもない。
カ) 良く受ける指示に、「とりあえず、入れておいて」っていうのがあるんですけど、「とりあえず」って何。
ラ) ビールじゃないんだから。
カ) そう。ビールを入れておいて、後になってから画像処理で消すって、カメラマン要らないじゃん。
ラ) テキストもそうです。ビールがあること前提で文章を作るのと料理単品では、中身が全然違う。なのに、後からビールを削除されても、構成がゆがむんですよね。
カ) 編集や制作が、その辺をきちんとわかっていれば、ゆがまなくて済む。

ラ) でも、「とりあえず」って発想は、現実のものとして起こり得ますよ。
カ) 先に構成イメージができていれば、それに合わせて撮っていくだけなんですけどね。
ラ) 実際は、できあがった物を見てからネチネチやりだす。そのほうが簡単だし。
カ) 困ったもんですね。
ラ) 困ったもんです。だから、レベル下げになるような指示って、従っちゃ、いけないと思うんですよ。
カ) 言えてる。実は撮ってあるんだけど、最後まで出さない。「聞いてないよー」ってゴネる。
ラ) そんなことしているんですか。
カ) 再撮になったら意味がないので、奥の手です。
ラ) そっか。ライターは最悪、電話の追っかけができちゃうからな。やりたくはないけど。
カ) 単なる素材屋にはなりたくないですから。
ラ) 逆に、素材屋が全体をコントロールするって、アリですよね。コッチの理想としている素材だけで「作れ」と。
カ) そんなことができたらいいですね。
ラ) 本当にそうですね。時間だし、そろそろ現場へ入りますか。

[1178]医療とオカルトの境目、取材を受ける自己基準

~ライターとか、やってます【文章で食べていく方法】~

また、後出しで「痩身(そうしん)エステ」の取材をかまされてしまいました。
事前に知っていたら、受けなかったのに。
担当者いわく、「医師が行う医療行為なので、ダイジョブですよ」と。
あのね、ダイジョブかどうかは、コッチで決めることなの。
こうしたボタンの掛け違いってなかなか収まらないので、自分なりの取材基準を設けることにしました。

・国家資格者が、科学的根拠に基づいて、異常を「正常」にする行為
これは○です。
医師が、医学に基づいて、治療行為を行うと・・・全く問題ありません。
もし医療ミスがあった場合でも、医院のみならず、国家が責任を取ってくれる。
例えば「薬害エイズ事件」なんかが代表例でしょう。
万が一の事態が起きても、ライターは・・・あまり・・・道義的責任を感じません。

・民間資格者が、勝手なアイデアや経験則によって、「正常」を異常にする行為
もちろん×です。
無資格者が、わきの汗腺を焼き切って、人間本来の機能を働かないようにする・・・論外。
何かあったら、広告に加担したコッチの責任も取らされかねないでしょう。

1178.jpg
アンチ科学のなかには、当然、宗教も含まれます

難しいのが、両者の中間ですな。
・国家資格者が、医学に基づいて、「正常」を異常にする行為
今回の取材は、このケースだと思われるわけですよ。
正直、気持ち良くはないですよね。
すでにセッティングされちゃったので、やらないわけにはいかないんですけど。

なので、上記3条件をきちんと編プロに渡し、オールクリアなら、声がけしてもらって構わないと。
オールNGは、もちろん振るな。
○と×が交ざるようなら、事前に相談してくれと。
今後は、そういうキマリにしました。
国家資格者が、勝手な経験則や信念によって、異常を「正常」にする行為・・・でも△です。
なぜなら、医療行為と捉えられず、健康促進あるいはオカルトに類するから。
そういうサイトは、ライターの道義的責任が問われそうな気がする。

ということで、「三つのインジケーター」があれば、判断できるんじゃないかな。

国家資格者か・・・個人のミスを国家が引き受けてくれる、被害者が泣き寝入りにならない
科学的根拠に基づいているか・・・過誤の判断基準が明確
異常を正常にしているのか・・・医師のやることだから正しいとは限らない

うん、我ながら、わかりやすい目安ができました。
お仕事のお問い合わせ
カレンダー
01 | 2017/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -
プロフィール

てつまる

Author:てつまる
神奈川県を中心にフリーで活動しているライターです。
超IT系を除き、医療・各士業・経営者・アスリートへの取材、アーティストプロモート(情報発信)、イベントレポなどを手がけています。

最新記事
カテゴリ
お世話になっているサイト様
最新コメント
最新トラックバック
コトバカウンター
special thanks to
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR