[1780] 人前でキンチョーして、汗びっしょになる人へ

~フリーランスライターがつづる、人生を楽しむヒント~

おそらく、どこかに、演じようとしている自分がいるんだと思います。

「うまくいかなかったらどうしよう」
「何かマズイことを言って、怒られたらどうしよう」

あなたが想定しているのは、こうした地雷を踏まない超スーパーマン。
でも、それが実像と異なるから、「メッキが剥がれないように」とあせる。

自分も、新卒のころはそうでした。
それが、ある程度落ち着いてきたのは、30代に入ってからですかね。
あんまり、会社や仕事のことを考えなくなってきたんです。
商談中は、あくまで個人の主観や一般則で話す。
「それが目的だったら、ウチのサービスは向いていません。他社の○○のほうがいいんじゃないっすか」
みたいなことを、平気で言っていましたから。
つまり、台本を捨てちゃったんです。全部、アドリブ。
素の個人で向き合うというのか、偽ってバイアスをかけないというのか、真実を言ってんだからどうしようもないだろ・・・みたいな開き直り。
これができたとき、キンチョーもしなくなりましたし、逆に信頼を得ることができたと考えています。

白いポスト
世の中のポストが、すべて赤いとは限らない

もうひとつ気付いたのは、「自分が言っている事にせよ、顧客が言っている事にせよ、それが絶対に正しいとは限らない」ということでした。
むしろ、世界は虚像でできているようなところがある。
例えば、白いポストだって、あり得るんです。それを知らずにギロンをしていても、らちが開かない。

思い込みによるミスや間違いは、起こり得ます。
それを完璧に廃除するのは不可能。
であれば、「なぜ、ポストが白かったのか」という理由を共有して、次につなげればいいだけの話じゃないですか。
むしろ、謝っちゃったりするから、「ポストは赤い」という虚像が是正されず、同じミスを繰り返す。
考えようによっては、「白いポスト」を利用して、新たなビジネスができるかもしれない。

「うまくいかなかったらどうしよう」

そうじゃないでしょ。
うまくいかない場面なんてのは、ちょくちょく登場するんです。
このとき大切なのは、虚像を実像にできるチャンスとして捉えること。
真実は、どのような場面でも無敵ですから。
うまくいっていない原因を調べ、あけすけに報告して、次へつなげる。
ほら、業務体質が高まったじゃないですか。

雨降って、地固まる・・・というのか。
雨が降ったことを悔やんだって、何にもならないでしょ。
ミスは起こるもの。避けるものじゃないんです。
そこまで達観できたとき、あんまり緊張しなくなりましたね。
もちろん、地が固まっている分ミスは減っていますし、クライアントとの相互理解も深まっている。虚像が薄れているわけですよ。
くどいですけど、スーパーマンを演じちゃってるから、無理がかかっているんだと思います。

てなことを昨日、取材に同行した汗びっしょの編プロ営業へ話してあげました。
スポンサーサイト

[1779] 街歩きが楽しいスポットの見つけ方

~フリーランスライターがつづる、人生を楽しむヒント~

「人気の・・・」とか「絶対見逃せない・・・」とかは、もう、いいんです。
そうじゃなくて、心から「いい場所だなぁ」と思えるスポットを探すとなると、なかなかに難しい。
ハイキングとも違うんですよね、街歩きは。
やっきになって汗をかいたり、「健康」という文字を意識したり、そういうことをしたいんじゃないんだ。
「このコロッケ、旨ぇな。ビールも頼んじゃおっかな」
的な街歩きをしたいんです。

その条件で目下の白眉が、伊豆の下田。
街全体が広範囲に展開していて、駅前集中型じゃない。
歩けば歩くほど発見がある。
あそこは楽しい場所ですよ。
で、なぜなんだろうということを考えたとき、ある真理を発見してしまったのです。
それは、「街先、駅後の法則」。

伊豆下田のなまこ壁
駅ができてから街並みが発展したわけではない、下田の点景

理由を説明する前に、逆パターンを検証してみましょうか。
駅が先の場合、固有の文化も歴史もないところに住宅地が造成されます。
たとえ20年前でも50年前でも一緒。バックグラウンドがないわけですから。
したがって、ある程度の商業施設や公園などはあるものの、街歩きには適していない。
ウチの最寄りの辻堂駅なんかが典型です。
こんなところをブラブラしてたって、ちっとも楽しくない。

一方、「街先、駅後」の場合。
例えば下田なら、下田港が先にアリキなんですね。
「貿易で栄えた港町」というバックグラウンドがあります。
だから、まず、港の回りに街が発展する。
その状態で、後から駅ができることにより、旧市街と駅周辺の新市街がつながります。
つまり、広範囲の面展開が期待できるんです。
だから、歩いていてオモシロイ。
古き中の新しさ、新しさの中の古きが、常に歩く物の目を楽しませてくれます。

埼玉県の川越なんかもそうですよね。
「街先、駅後」。
街というか、「その地でキーとなるスポット先」のほうがわかりやすいかな。
個人的に次点をあげたい三島駅周辺も、「三島神社先、駅後」の法則にのっとっています。
だから、街に奥行きがあるわけです。文化的にも、物理的にも。
横須賀なら港、小田原なら城。あくまで駅は後付け。

じゃあじゃあ、近代的なテーマパークの場合にもこの法則が期待できるかというと、ちょっと難しい。
よみうりランド駅っていったら、普通、よみうりランドですよ。
これはね、観光地の集客要素が強すぎて、回りに街が発展しないからなんです。たぶん。
キースポットとしてふさわしいのは、あくまで下田港であり三島神社クラスでしょう。
ディズニーランドなんていったら、もう、そこだけで完結しちゃうもの。

あくまで駅周辺としてですが・・・。
大磯、江ノ島、秩父あたりが好例。
厚木(本厚木)や相模原はぜんぜんダメ。あと、変な開発の仕方をした熱海も選外。
金沢文庫あたりになってくると、スポットの吸引力がもともとなくて、これまた選外。
全国で名が売れている面々を前提として、「街先、駅後」。

[1778]「木々の名は。その16」カイズカイブキ

~フリーランスライターがつづる、人生を楽しむヒント~

平べったい葉っぱでもなく、かといって松のような針でもない。
数珠というか、連なった団子というか・・・とにかく、独特の葉を付けるグループがいますよね。
これを仮に、ツムツム軍団としておきます。

ツムツムが2次元的に平べったく生えそろい、まるで「手」のように垂直方向へ伸びたものを、「コノデガシワ」といいます。
「子の手」のようだからコノデ。このコーナーの初期に、取り上げた覚えがあります。
同じ2次元でも、水平方向なら「メタセコイア」。

ところが、生え方はランダムで、全体として炎のような樹形をまとうツムツム軍団がいます。
それが、今回の「カイズカイブキ」。
ほかのツムツムと同様、ヒノキ科の植物とのこと。

炎のようなカイヅカイブキ
緑じゃなかったら、火事です

ツムツム軍団は残念なことに、手入れをされて刈られると、違いがわからなくなります。
放任主義で育てられた場合のみ、それぞれの個性が出てくる。

そんなカイズカイブキですが、カイズ・カイブキではないんですね。
漢字にすると、貝塚伊吹。
野生種のイブキは海岸に自生するらしく、貝塚などに見られたんでしょうな。
松と一緒で、砂地でも生き残れる体質。
つまり、乾燥にめっぽう強いそうです。
乾いていると、良く、燃え上がる。
・・・それは冗談にしても、日光が当たる場所なら、どこでも育つ。
むしろ、陽光を効率的に受けるべく、自ら意思を持っているかのように伸びる。
ということは、鉢の上なら、ある程度のデザインができそう。
回しながら育てると、渦を巻いたりね。
おもしろい盆栽ができるんじゃなかろうか。

さて、ツムツム軍団は、一応、「上がり」ってことでいいのかな。
垂直なら「コノデガシワ」。
水平なら「メタセコイア」。
3次元なら「カイズカイブキ」。
その構成員は、いずれもヒノキ科。
年中枯れないし、見分けやすい面々です。

[1777] 雪は、社会的な役割を果たすひとつの機会

~フリーランスライターがつづる、人生を楽しむヒント~

雪が降り積もるとボクは、一人のライバルのことが気にかかってしょうがなくなります。
現在住んでいるアパートには、合計で6世帯の方がいらっしゃる。
その中で、一番の古株がボク。
その次が、彼です。

さて、話を雪に戻しまして。
いまのところ、自分の4勝2敗といったところです。
何がって?
夜の間に行う「雪かき勝負」に決まっているじゃないですか。

2018年の初雪
まだ降り始めたころの湘南エリア、今夜の勝負に胸が高鳴る

もともとは、アパートで一番古株のボクが、「誰かがヤルとしたら、オレだわな」と思って、雪かきを率先していたわけです。
誰に頼まれるということでもなく。
とくに屋外の階段は滑りますからね。
雪がフカフカのうちにやっておけば、そんなに手間のかかる話じゃない。

ところが。
ある年の雪の晩、すでに除雪されていたことがあったんです。
除かれた雪の跡をたどっていくと、どうやら、この部屋の住人が一汗流したらしい。
「勝手なコト、すんなっ」
雪かきは、古株が古株であることを知らしめる、社会的なプレイなんだって。
よーし、次は負けないかんなっ。
と思っていたら、また別の日に先を越されてしまいました。

さて、今年。
もちろん、先手必勝。これで4勝2敗です。
どうだ、参ったか。
しかし、ほかの4世帯は、全く無関心というのか、勝負に入ってきませんな。
悲しい反面、これ以上ライバルが増えても困るのでヨシとしますか。

[1776] 初詣のお札を電車の床に置くバカ

~フリーランスライターがつづる、人生を楽しむヒント~

湘南には「寒川神社」という、とてつもないご利益スポットがございまして。
確か、二つの国が合併して武蔵国になったとき、それぞれの一之宮が「てっぺん対決」みたいなことをしたんですよね。
複数のご利益をかけた「七番勝負」みたいな形で・・・七つかどうかは忘れましたけど。
その結果、圧倒的な勝利を得たのが、ご存じ「寒川神社」。
すげぇにも程があると。

そんな経緯もあってか、年始の参拝客の数がスゴイんです。
電車といい、道路といい、地方都市にはあり得ない混雑ブリ。
なかには、親戚一同のお札を一手に任されたお父さんの姿も散見されます。

そこで標題。
ああいう縁起物って、地面に置いちゃ、いけないんですよね。
だって、家で飾るときは、高い位置に祭るもの。
神様を地べたへ引きずり下ろしちゃったというのか、購入した後、一瞬で効能を失っちゃったというのか。

光前寺の早太郎
母方の実家が良くお参りする、駒ヶ根の「光前寺」

「光前寺」には早太郎伝説というものが残っていまして、つまり、怪物をやっつけた名犬なんです。
ときどきキーホルダーなどを買い求めるものの、いつの間にか出撃していて、いなくなっちゃうのが常。
だから今年は、手帳のクリアファイルに収められる、薄いお札にしました。

札所で選ぶ際に考えたのも、「地面に触れることがない」という点でした。
それくらい神経を使うのが当たり前なんです・・・たぶん。
なのに、地面へ置いて足げにしちゃうって、どういうことなんだろう。車輪の高さ分、浮いてはいたんでしょうけど。

かつて、お守りをクビからかけていた子どもっていたじゃないですか。
合宿でお風呂に入るときも、一番上の段にあるカゴを使ったりね。
そこまで宗教しなくてもいいけど、足げっていうのは、さすがにちょっと・・・。
若い人ではなくて、そこそこのお父さんだけに、ショックでしたな。

[1775]「木々の名は。その15」コブシ

~フリーランスライターがつづる、人生を楽しむヒント~

しぃらかばぁぁ、あおぞうりゃ
みぃいなぁみぃかあぜぇぇ

ひさびさのこのコーナー。
今回は「コブシ」です。
年が明けて、フと、真綿のような冬芽を見かけました。
で、コレは何だと調べていくうちに、しぃらかばぁぁ・・・もうそれは、いいって。

「コブシ」さんはですね、枝先が連続した二股で伸びていくんですね。
それでいて、ほかの枝が進出していない空間をねらっていく。
だからなのか、細かな枝ぶりが幾何学模様チックなんですよ。
重なりが起きないよう空間デザインをしているというのか、意図的な作為が垣間見えるというのか。
でもそれが自然なんですな。

綿のようなコブシの冬芽
そして、すべての枝先に冬芽が付いている

この冬芽。ライターくらいの大きさで、ココに花が折りたたまれて収納されているらしい。
ココって言ってもわからないと思いますが。
白い花です、モクレン科です。
両者の違いは、モクレンがチューリップのような咲き方をするのに対し、コブシはベロンとむけたような姿をとること。
モクレンがピーマンなら、コブシは食べ終わったバナナ。
ああそうか、いままで、両者の別ができていなかったかもしれないですね。
なんとなく、サクラが終わったあたりに見かける白いヤツ。
でも、ヤツじゃなかったんです、ヤツラだったんです。

冬芽か花が付いてなかったら判別できません。ただの木。
樹肌は薄い灰色。
上記写真はそうでもありませんが、いろいろな写真を見ると、ケヤキっぽい枝ぶりをしているようです。
センターがブレずにピンとしていて、その周囲が竹ホウキ。
で、細かな枝は幾何学模様と。
だから、均等に白く見えるんでしょうな。
近づくとバナナですけど。
お仕事のお問い合わせ
カレンダー
01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -
プロフィール

てつまる

Author:てつまる
神奈川県を中心にフリーで活動しているライターです。
超IT系を除き、医療・各士業・経営者・アスリートへの取材、アーティストプロモート(情報発信)、イベントレポなどを手がけています。

最新記事
カテゴリ
お世話になっているサイト様
最新コメント
最新トラックバック
コトバカウンター
special thanks to
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR