[1732]人より前に生まれた、香辛料の不思議

~フリーランスライターがつづる、人生を楽しむヒント~

例えばトウガラシ。
もともとは、外敵から身を守る防衛手段として、辛さを身につけたはず。
人間のお役に立とうとして生えてきたわけじゃない。
だって、そうですよね。
人間のほうが、後に生まれたんだから。
そう考えると、香辛料にアイロニーを感じませんか。

そもそも味覚って、食べ物が腐っていないかどうかのセンサーとして発達してきた・・・という理解でいます。
酸っぱけりゃ腐っているんだろうし、苦ければ毒だと。
食べ物をおいしく味わうための進化ではないんです。

逆に、甘さやしょっぱさのような「ヨシ」のサインは、それほど敏感である必要がない。
やはり、病気とか死に対してより注意を払える人が、生き残ってきたわけですよ。
昔の話ですけどね。

1732.jpg

改めて眺めると、不思議な存在に思える

むしろ糖分って、寒いときに自分を凍らせないための知恵だという話じゃないですか。
トリが食べて種を持って行きやすいように・・・という部分はあるものの。
そう考えると、香辛料の原材料って、これっぽっちも人間を意識していないんですね。
だけど、使う側からしたら、味覚のバランスを整えるのに便利。

このギャップ。なんなんでしょう。
そういうツモリで生きてきたわけじゃないのに、いいようにあしらわれているって言うのかな。
でまた、リスクセンサーだった味覚が、何でオイシイと感じちゃうんでしょう。
不思議ですよ。
多少は品種改良の成果があるんだろうけど、根本的なところは変わらない。

これはね、たぶん、何かしらの意味を持っているんだと思っています。
だって、ダーヴィニズムのなれの果てというか、結果論の最終局面にいる人間が、こういう根源的なところで「無意味なこと」をするはずないじゃないですか。
リスク選好的な要素が絡んでいるんですかね。
ダメと思わずにやってみろ、本能より理性で動け・・・みたいな。
そうしたチャレンジ精神から、「あれ? 意外と食えるぞ」という発見が導き出されたと。
香辛料って、ギャンブルだったのかもしれないですね。
スポンサーサイト

[1731]「木々の名は。」

~フリーランスライターがつづる、人生を楽しむヒント~

以前から思ってはいたんです。
日常的に見る「木の名前」って、意外に知らないなぁと。
街路樹の見分けもつかないなんて、何だか、貧弱な人生を送っている感じがしてきませんか。

杉や松、イチョウにサクラあたりはどうにかこうにか。
しかし、梅と桃は区別が付かず、月桂樹は葉をかいでみないとわからない。
ケヤキ、クスノキにいたっては、「まあ、名前は聞くけどね」のレベルです。
こんなことでいいんだろうか。
そんななか大船で取材があったため、帰りにフラワーセンターへ寄ってみました。

1731.jpg
早咲きの「玉縄桜」が見ごろ・・・を少し過ぎていました

いくつも覚えると忘れるから、機会があるごとに、一個一個覚えていこう。
今回は「クロガネモチ」。
ツバキのような葉をしていて、初夏になると、枝の根元に赤マメを付けるヤツです。
苦労がネェ+カネモチ=クロガネモチということで、縁起が好まれているようですな。
街路樹というより、マンションのエントランスとか、他人の家の垣根に生えていたりする。

さっそくフィールドワークをしてみたら、「コガネモチ」という別の種類もあるみたいですね。
フラセンでは「オウゴンモチ」としていましたが、異なる記載をした標識もありました。
葉先が黄色くなるのが特徴で、「クロガネモチ」に比べると、半枯れのような印象を受けます。

よし、覚えた。
次は、樹皮が迷彩服みたいなヤツ。あの名前を知りたいな。
いま調べると、「クロガネモチ」を忘れてしまうので、しばらくは保留。
花が咲いているときだけ見分けられるような樹木は避けて、オーソドックスな広葉樹系に絞り込んでみます。

[1730]オヤジギャグって、学研の影響があると思う

~フリーランスライターがつづる、人生を楽しむヒント~

悪かったですね、ベタなノリで。

「成人」の定義についてギロンする機会があり、「18歳っていったら、ほとんど何でもできるよね」という会話に続けて、言ってしまったわけですよ。
「ウルトラマンも18だしね」って。
当然、いまの若い子たちは、その理由を知りません。

断っておきますけどね、ボクらはこういうネタを、学研に付いてくる小冊子とかでたたき上げてきたんです。
あやふやな記憶ですけど、ページの一番下の欄外に、小クイズとかが付いてませんでしたっけ。
それを、翌日、学校で自慢し合ってたの。
知っていることが、優位性につながってたの。
「ひょんな思いつき」じゃ、ないんだよ。
仲間であることを確認する合言葉というか、まあ、「自慢」だったんですね。

1730.jpg
ジュワッチだから「18」、と言ってもわからんだろうな

ほかにも、
答・カラス(巣が空だから)とか、
答・仏像(ブツぞー、どうぞー)とか、
答・バナナ(お「ばあ」さんが「7」人)とか、
そういうネタには、事欠かないわけですよ。
だからね、ギャグをやろうとしているんじゃないんだ。
学研の仕込んだ条件反射なんだよ。この年になっても。
文句があるなら、学研に言ってくれ。

それにしても、当時の編集者は、どうしているんでしょうね。
もう、80歳・90歳という計算になります。
あのころのネタって、リバイバルしたら、おもしろいんじゃないだろうか。
ギャグとして・・・というより、マジメな大人がこんなことを考えていたんだっていう。
本人の顔写真も載せたりしてね。
学研、やらないかな。

[1729]ワインへ入れない人

~フリーランスライターがつづる、人生を楽しむヒント~

こちらの老眼を気にしてか、世話好きの人から、ポリフェノールセット的なものをもらいました。
ベリー系の錠剤と、赤ワインです。
あー、ワインね。
頭痛くなるから、あんまり飲まないんだよな。

とはいえ、ときどき知人宅で行われる「ワイン会」で、この飲み物のおもしろさに気付きつつあります。
良く聞く話が、時間による味の変化。
あれって、意識して味わわないと、気付かないですよね。
でもまあ、言われてみれば納得するところがあり、栓の抜き立てがおいしかったり、忘れたころのもう1杯がピンときたりします。
頭痛くならないように、途中でお茶飲んだりしてますけど。

1729.jpg
仕事じゃないとはいえ、ロール適当過ぎ

そう、空気に触れさせると「味覚が膨らむ」というのはあながち違っていて、ドッチもそれなりなんですよ。
むしろ、シーンによる使い分けが必要なんじゃないかな。
きょうはジビエだから抜き立て、あすは直火焼きだからデカンタみたいな。

レストランでもそうですよね。
最初の一杯は抜き立てで注いでもらって、残りをデカンタに移したっていい。
そのうち好みが出てきたら、どちらかに絞る。
どうなんだろ、みんな、そういう飲み方しているのかな。
ワインなんて頼まないから、良く知らないけど。

ボジョレーにしたって、あれは変なブームですよ。
「ボジョレー、ボジョレー」って騒いでいるだけでしょ。
「おっ、今年はこうきたか。ひょっとしたら、名作と言われる73年物をしのぐぞ」みたいな味わい方してないじゃないですか。
興味ないので、どうでもいいんですが。

ということで、いまいちワインへ入っていけません。
ボトル半分ぐらいを3日で飲んで、後は煮込みでも作るかな。
ああ、それで返礼してみるか・・・怒られたりして。

[1728]花はポエムか教材か

~フリーランスライターがつづる、人生を楽しむヒント~

「お花はね、冬の間パワーをためて、春になったら咲くのよ」

聞くともナシに耳に入った、保育士さんのセリフです。
どうだろう。
勝手にメルヘンしているのは構わないけど、ウソ言っちゃ、ダメだ。
花が春に咲くのは、冬だったら意味がないからです。
虫は冬眠しているし、受粉が行えないですもんね。

じゃあ、秋に葉が落ちるのは、どう説明する?
「木がおネンネするの」って、それ、説明になってないでしょ。
それともキミは何か? 寝るとき素っ裸になるのか?
葉が落ちる理由を言ってないじゃないの。
あれはね、光合成で土から水を吸い尽くしちゃわないように、冬場の水分を確保してるの。
寝てなんていないの。
少しの水でもやっていけるように、努力してんだよ。

1728.jpg
早咲きのサクラ、あちこちで見かけるようになりました

と、男性としては、言いたくなりますね。
「理屈っぽい」って思われるかもしれないけど、事実を話してなぜいけない。
楽しいファンタジーで間違った情報を持っていたほうがいいわけ?
どうだかなぁ。

アレだよね、サンタクロースに似ているところがあるよね。
いつまでもダマされていた子どもほど、大きくなってからショックを受けるじゃない。
恨むぞー、きっと。
だいたい、意思のない植物が寝るかって。
そうじゃなくて、自然の法則で生きているの。
自然淘汰という偶然で成り立っているの。
広葉樹が冬に光合成してたら、生き残れないの。

こういう筋論をさ、キミら「へりくつ」って言うよね。
男としては不思議だよ。
「中華鍋をカンカンするのがワザとらしい」って言うけど、あれは、お玉に付いた食材を落としてるの。
手で触ったら、熱いじゃん。
でも、そう説明すると、「また、理屈をこねる」って言うし。
どうすりゃいいのよ。

[1727]春の始まりは、部屋の日照ラインから

~フリーランスライターがつづる、人生を楽しむヒント~

年をとると、季節の移ろいに目が向くようになりまして。
この時期、すでに日が高くなってきていることをご存じでしょうか。

自分の部屋はうまいことできていて、冬至になると、ちょうど隅まで日が差すんです。
お昼時、1時半ぐらいがMAX。
逆に夏至の昼は、日照ラインがほとんど出ない。
日時計というか、季節時計が造れそうな勢いです。

そんなさなかの2月某日。
気付いたら、日照ラインの進入具合が、もう7割ぐらいに減っているじゃないですか。
冬至から2カ月以上たっているわけですから、6カ月かけた退却作戦の6分の2が終了している計算になります。

1727.jpg
2月8日に、改めて撮影

これに関連して、おもしろいことを思い出しました。
人間は、2月を迎えると寒いのにアイスが食べたくなり、残暑の晩夏にオデンが恋しくなる。
これはなぜか・・・という話。

冬の体には、当然、暖房装置が働いていますよと。
ところが、これを夏まで放置しておくと、ヒートアップしてしまう。
したがって、どこかで、暖房装置に抑制をかけないといけない。
この切り替わりが、真夏の半年前にあたる2月ごろなのだそうです。
アイスで中和し始めるんですな。

オデンも同様の理屈。
今度は逆に、冷房装置を付けたままだと、冬が乗り切れない。
そこで、真冬の半年前から、暖を取り入れ始める。

実際は、冬にアイスなんて寒いし、夏オデンも冗談じゃない。
けれども、スイッチの切り替わり時として考えたとき、ともにターニングポイントなんだよと。
誰に聞いたんだっけな。医師かな、忘れちゃいましたけど。
そういえば近ごろ、ラーメン欲も消えた感じ。
同じ理屈なんですかね。
お仕事のお問い合わせ
カレンダー
02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
プロフィール

てつまる

Author:てつまる
神奈川県を中心にフリーで活動しているライターです。
超IT系を除き、医療・各士業・経営者・アスリートへの取材、アーティストプロモート(情報発信)、イベントレポなどを手がけています。

最新記事
カテゴリ
お世話になっているサイト様
最新コメント
最新トラックバック
コトバカウンター
special thanks to
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR