[640]20140426朝日新聞

~新聞全面広告ギャラリー~

640.jpg
スポンサーサイト

テーマ : ひとりごと
ジャンル : 就職・お仕事

[540]学校外ニノキンⅢ「最南端」像

~ニノキン・クロニクル【二宮金次郎像オマケコラム】~

本当言うと、ウソです。
ニノキンの研究を始めた当初は情報が少なかったので、沖縄本島の南の方にニノキンがあると知った時点で、勝手に「最南端」だと思い込んでしまいました。
都道府県単位でいえば、合っていますけどね。
今では、離島にもいくつかその存在が確認できています。

540.jpg
安木屋さんは文具店、菜種油でも買いに行こうとしていたんだろうか

この写真だとわかりづらいですが、着物-右足前の、典型的な富山銅像系です。
腰ひもを結んでいる位置、裾がはためいている様子、ヘアスタイルなどの点で、ほぼ高岡産と見ていいと思います。
本の種類や設立年などは、当時、まだ調べておく必要性に気付かず未確認です。

手持ちの別角度から撮った写真を見てみると、本がわずかに内側へ傾いていました。
こういう微妙なこだわりが、高岡ブランドなんですね。
人間工学にのっとったリアルさが、像を生き生きと感じさせます。

屋外なのに、劣化が少ないのも、見逃せないポイント。
きちんと手入れをされているんでしょう。
沖縄では、結構有名人みたいですしね。一緒に記念撮影を頼まれても、グチひとつ言わないそうです。

テーマ : 息抜き
ジャンル : 就職・お仕事

[440]もし、町工場に金脈が眠っていたら

~記事はどのようにして作られるか【取材現場の裏話】~

最近、媒体の仕事よりも、編プロ経由のサイトコンテンツ案件ばっかりやっています。
その方が、条件がいいですしね。
自分の勉強にもなる。

今回伺ったのは、某所の金属加工会社。簡単に言うと町工場です。
サイトのリニューアルということで、取り扱っている特殊金属の種類などが、取材のメーンになりました。

おもしろかったのは、金属の中には、特殊な性質を持つものが少なくないということ。
あまり詳しく書くとバレちゃうので、これぐらいしか触れられないんですが、とにかくおもしろい。

レアメタルは、その存在が珍しいという「希少さ」ですよね。
一方の特殊合金は、1パーセントでも融合比がくるうとその特性が出ないという「希少さ」。いわば、理論上作り方は簡単だけど、めったにできないという難しさがあるんです。

440.jpg
写真真ん中の四角い金属、一本約400万円

でだ、ン百万円クラスの部材がゴロゴロしているんですよ。
全部合わせたら「億」単位なのに、結構無造作に置かれている。
黙って盗んでいく人とかいないのか聞いてみたら、「誰も価値を知らないから、大丈夫」とのこと。

えーと、サイトリニューアルするんで、その辺、公になっちゃうんですけど。

テーマ : 仕事の話あれこれ♪
ジャンル : 就職・お仕事

[340]意味を持たなくなったコトバ

~正解なんてない!日本語の選び方【文章作成のコツ】~

意味を持たなくなったといいますか、もはや使えないコトバというのがありまして。
その最たる例が「おいしい」。
商用文では、全く無価値に近い表現です。

「すごい」とかもそうですね。
タレントなどに使わせるのはいいんですよ、多少なりともキャラが出ますから。
ただし、記事でやっちゃいけない。
百歩譲ったとしても、「珍しくて」や「藤沢市で唯一なんて」のような理由が必要です。

340.jpg
「幸せの黄色い電車、すごーい」って何が?

対象を会話文まで広げると、最近耳に触るのが「すみません」。
もうこれ、「こんにちは」と同じようなあいさつの言葉ですよね。
何について謝ってんのか、おそらく自分でもわかってないのに、とりあえず言っとけぐらいな感じで使われている。

なので、わざと「原因はどこにあったと思います?」なんて突っ込んでいます。
自己分析ができていて、再発を防ぐつもりなら、答えられるでしょう。
ところがたいていの場合、「何がですか?」なんて言ってくるので、救いようがありません。

「ありがとうございます」も、そろそろ怪しいですよね。
何にでも付ける。電話に出りゃ「ありがとうございます」だし、メール送れば「ありがとうございます」。
君ね、本当に感謝したいとき、どう言うの?
「すごい、ありがとうございます」だったりして。

テーマ : 仕事のヒント☆
ジャンル : 就職・お仕事

[240]厚木基地問題、カーセキュリティの誤動作も公権力の行使で

~その記事、論点ズレてませんか?【ニュースの視点】~

厚木基地を利用する自衛隊機の飛行差し止め問題。
辻堂の我が家は、思いっきり改修保証の範囲内なので、興味深く見守っておりました。
地裁レベルですが、とりあえず「飛んじゃダメ」ってことになったみたいですね。

この事案がユニークなのは、「公権力が国民に嫌な思いをさせるのは筋違い」という切り口で、勝訴を得たこと。
今までは、民事による損害賠償請求を行っていたのですが、自衛隊機・米軍機ともども、これは認められませんでした。
そこで今回、自衛隊機の運行に絞って、行政訴訟にしちゃった。
米軍機には適用できないウラ技ですが、そのリーガルテクニックには、一定の評価をすべきでしょう。

240.jpg
控訴審でどうなるかは、これからなんですが

そこで思ったのは、この手を応用するとですね、ほかにもいろいろ手だてがあるということ。
例えば、カーセキュリティってありますよね。
あれ、航空機の騒音で誤作動することがよくあるんです。

我が家の真ん前は駐車場なので、夜中に飛行機が飛ぶと、しょっちゅう「パオンパオン」鳴らしています。
この誤作動を、「公権力が国民に嫌な思いをさせるのは筋違い」で訴えることも可能なんじゃないかと。
騒音という観点でもいいですし、製品に誤作動防止機能を持たせる負担を軸にしてもいい。

法廷は、世間の常識とは異なった理屈で動くので、人の解釈差が出るものなんです。
弁護士や裁判官、陪審員といった「人」の判断で、ものが決まる。
腕のいい弁護士とは、相手(被告)を思うがままに誘導して、落とし穴に入れられる戦所上手のこと。法律のプロというよりも、心理戦のプロといった感じ。

そのロジックに筋道というか、正当性を認められたのが、今回の事件。
今後、ますますおもしろくなりそうです。

テーマ : どうなってんだよ。
ジャンル : 就職・お仕事

[140]ライターはディレクションでも稼げる

~ライターとか、やってます【文章で食べていく方法】~

最近たまに、カメラマンの手配ごと頼まれることがあって、正直オイシイです。
こうしたディレクション、なぜかライターには来ますが、カメラに振られることは少ないみたいですね。

そんなことで、仕事で顔なじみになったカメラさんに、今さら「そういえば名刺もらってなかったよね」なんて言って、ひそかに連絡先を集めています。
正面切って理由を話すと期待されちゃうので、今のところそれとなくといった感じです。

カメラにも、ブツが得意な人と、ヒトがうまい人がいるようで。
そんなとき優先したいのは、人物撮影のスキルですね。こればかりは、如実に経験がモノを言います。シロウトには無理。
ブツは、ある程度勉強すればそこそこできますし、しかも撮り直し可能ですからね。

140.jpg
決してうまいとは思っていませんが、これぐらいは自分でできちゃう

あとですね、オタクというか、ブレーンを持っていると、仕事の幅が広がります。
例えばIT系の原稿を1.5万円で受けたとして、1万円で書いてもらう。
もちろん、彼らの文は日本語になっていませんから、こちらで修正する必要があるのですが。

で、ある程度専門用語や議溶解のことを覚えたら、すべて自分でやっちゃえばいい。
要はライターの仕事って、自分でできなくても、オプションを乗っけることが可能なんですね。
ここに気付いてから、ちょっと楽になりました。
こうして編プロになっていくんだろうな。今のところ、そのツモリないけど。

テーマ : 就職・転職・起業
ジャンル : 就職・お仕事

[639]20140329朝日新聞

~新聞全面広告ギャラリー~

639.jpg

テーマ : ひとりごと
ジャンル : 就職・お仕事

[539]学校外ニノキンⅡ「民家で恐縮」像

~ニノキン・クロニクル【二宮金次郎像オマケコラム】~

「学校外」ニノキンの特集、第二弾。
今回は、家庭内に保管されている銅像です。

きっかけは、2010年4月、インターネットで知り合った富山県の歴史研究家からお誘いを受けたこと。
前にも言いましたが、『高岡銅像物語』を記したその方の自宅へ向かってみると、富山新聞の記者が待っていました。
で、近くの民家にニノキンがいるというので、研究家ともどもそのお宅へ向かうことに。
そのまま、私の姿が、10日付けの新聞に載ってしまいました。

539.jpg
そのときの像、高さは50センチ程度と、かなり小ぶり

手にかけられている札は、像とは関係のないもので、
「更正四則 自力協同 奉仕進歩」
と書かれています。
これは、商家訓のようなものなんでしょうね。

一方、手に持つ本は、鉄板の『大学』。
5文字5行プラス1字の、完全デフォルトタイプでした。

ここのウチのおばあちゃんにもインタビューしたのですが、内容全然覚えていません。
だって、記者がコッチ側でカメラ構えているんですから。

しかもですよ、どうやらフラッシュのバッテリーがなくて、困っちゃってるようなんですね。
なので、おばぁちゃんと話しながら、手持ちの電池をカバンから取り出し、記者に貸してあげました。
そんなことしてたんで、頭は完全に上の空。
っていうか、そもそも取材されること自体聞いてないんですけど。

テーマ : 息抜き
ジャンル : 就職・お仕事

[439]もし、毎回レイアウトが違うのに文字指定が同じだったら

~記事はどのようにして作られるか【取材現場の裏話】~

今回は、久々に紙媒体とWebの違いについて。
限りのある紙には、「文字指定」があるんですね。
一般的には、レイアウトとともに「最大200文字」のような指示が送られてきます。
最初にやることは、1列の文字数を数えること。
例えば、

やけたかどうか、食べてみよう、むしゃむしゃむしゃ。

と書きたかったとしますよね。
これが、1列24文字だと

やけたかどうか、食べてみよう、むしゃむしゃむしゃ
。(←※)

となってしまい、好ましくないんですね。

また、最後の行は、半分ぐらいまで埋めたい。
3文字ぐらいで終わると、気持ちが悪い。
つまり、200文字指定に対して、188文字以上が「適切」ということになります。

439.jpg
レイアウトと文字数の一例

このカンプを見ると、メイン2の最初の文字数は「185」になっています。
画像が飛び出ているので、途中で折り返し文字数が異なることに注意と。
了解。そこまでは、よろしい。

ところが、次号以降は、特に指示がないんですよ。
この場合、文字数は同じだろうと解釈し、メイン2は途中で折り返しが変わらないと解釈しました。
修正がなかったので、結果良かったんだと思いますが、画像のタテヨコ比が毎回同じとは限らないので、いつかは
。(←※)
問題が出てくるはず。

そう思って毎回最終ゲラを確認していたら、次々号から、メイン1が縦書きになっておりました。
なんじゃそりゃ。

エディターの方が、文字間のバランスなどをとってくれているようなので、もう気にしないことに決めました。
コッチはコッチで気を使ってるんだけどな。

テーマ : 仕事のヒント☆
ジャンル : 就職・お仕事

[339]ギブ・アンド・テイク、ギブ&テイク、ギブアンドテイク

~正解なんてない!日本語の選び方【文章作成のコツ】~

標題の件。
どれが正しいのかで手が止まってしまいまして、さっそく記者ハンで調べてみたら、原則「ギブ・アンド・テイク」みたいですね。
この単語固有のルールということではなく、外来語などの場合、3語以上の複合語は「・」を使用。2語の場合は、「ショートカット」のように、そのままつなげてもいいらしいです。
ということは、キーを付けると、いきなり「ショート・カット・キー」になるわけです。

339.jpg
ギブ・アンド・テイクにふさわしい画像がなかったもので

ただし、2語の場合でも、地名や人名+普通名詞の場合は、「・」なんだとか。
例えば、「ニューヨーク・スタイル」みたいな感じです。
ちなみに、そのニューヨークにある野球場は「ヤンキー・スタジアム」。このルールが適用されているんですかね。
そうなると「福岡ドーム」だけど、「フクオカ・ドーム」ということになる。まぁ、固有名詞はいじくらないので、そんなことはしませんが。

話戻りまして、ギブ・アンド・テイク。
確かに、朝日や読売の記事はそうしているようです。ただし、各誌でも、寄稿されたコラムなどになってくるとあやふやで、「ギブアンドテイク」もありました。

個人の文になると、これは全くのノールールで(それで全然構わないのですが)、「ギブ&テイク」なども登場。
その手があったかと、驚かされました。

さて、そうなってくると、アンド系は注意が必要ですね。
たぶん今まで、「トライアンドエラー」とか平気で書いていたような気がします。
「タイム・イズ・マネー」も「タイム イズ マネー」にしてたんじゃなかろうか。
あっ、これは文だからいいのか。

テーマ : 仕事のヒント☆
ジャンル : 就職・お仕事

[239]18歳のオトナ問題、選挙権と投票権はどう違う?

~その記事、論点ズレてませんか?【ニュースの視点】~

集団自衛権問題など、憲法改正に若い世代の意見を取り入れようという、国民投票法改正案。
このまま行けば、参院でも可決されそうですね。
特に問題とも思えないし、いいんじゃないですか。
この前までは、そう思っていたんです。

ところがこれを、国民投票法の改正ではなく、選挙権で捉えているメディアがあるのです。
なぜかというと、オトナの境目については以前から議論が続けられていたこともあり、今回の国民投票法改正とは別個に、話題の投げかけをしているようです。

239.jpg
この場合は、2012年の放送であることに注意

いわく、諸外国の選挙権は、ほとんど18歳。
先進国で20歳以上となっているのは日本ぐらい。
だから、日本も18歳でいいんじゃないのというロジックです。

そういう話だと、根本が違ってきます。
若者に政治への関心を抱いてもらうことが必要だと。
現在の選挙は高齢者の投票率が高く、議題も介護や福祉に流れやすい。なので、約240万人いるといわれる18から19歳の世代を取り込んで、シルバー世代に対抗できるようにしようと。
そこまではいいと思うんですよ。

であれば、被選挙権の引き下げとセットで考えなくてはおかしい。
若い人が立候補できてこそ、そのターゲットが関心を持てる議題が掲げられるはずです。
ちなみに現行制度では、衆議院議員が25歳以上、参議院議員は30歳以上となっています。
選挙権を引き下げただけでは、ジェネレーションギャップが広がるだけですよね。

一方、ひとつの議題の是非を直接国民に問うのが、国民投票。
話が全然違っているわけです。
これをごっちゃにしているメディアがあるので、侮れない。
むしろ一般のメディアも、かつてから議論が行われていたことを前提に記事を書かないと、誤解を与えてしまうような気がします。

テーマ : どうなってんだよ。
ジャンル : 就職・お仕事

[139]フリーライターのおやつ

~ライターとか、やってます【文章で食べていく方法】~

普通、こういうタイトルの場合、隠喩だったりするわけで。
モチベーション維持のようなコツを、「おやつ」と称することがあります。
でも、今回は、そのまんま行きます。
昼ご飯と夕ご飯の間に食べる食材をして「おやつ」。

原稿を書いているときはウチにいるので、動くことがない分おなかがすかないと思うかも知れませんが、これは不思議ですね。かえってダメ。
特に、昼飯後の14時ぐらいが危険です。
なぜなんでしょう。

ジャンクはあまり好きではないので、基本は簡単な「おやつ」を手作りします。
一番多いのは、通称「小麦粉焼き」ですかね。

139.jpg
少し残しておいた昼飯を挟んで食べる

ナン?
そうなのかもしれないですが、違いが分からないので「小麦粉焼き」。
もう、ホント、水でこねた小麦粉を焼いただけ。
生地は、多少ベタベタくっつく程度の柔らかさがいいようで、まな板に粉振って、延ばしてから焼く。
やきそばとかラーメンの具なんかを少し残しておいて、マヨネーズかけてぱくつく、以上。

水とかお茶を一緒に飲むと意外と腹持ちして、夕飯までおなかのことが気にならない。
集中力というかモチベーションの維持にはなりますね。
まぁ、そう考えると、例えも含めた「フリーライターのおやつ」です。「きじ」を練るという意味でも。

テーマ : 就職・転職・起業
ジャンル : 就職・お仕事

[638]2014/3/20朝日新聞

~新聞全面広告ギャラリー~

638.jpg

テーマ : ひとりごと
ジャンル : 就職・お仕事

[538]学校外ニノキンⅠ「小便小僧」

~ニノキン・クロニクル【二宮金次郎像オマケコラム】~

さて、そろそろニノキンのネタも枯れてきたようです。
そこで、今までに出していない像を棚卸ししてみることにしました。
単に羅列していくだけじゃつまらないので、「学校外」というカテゴリーで蔵出ししていきます。

ということで、栄えあるトップバッターは、この人。
その筋では有名な、「怪しい少年少女博物館像」です。

538.jpg
小便小僧のニノキン、そんなときまで勉強しなくても

今までの復習もかねて、この像を鑑賞してみます。
まず、この像がはいているものに注目してみましょう。
モンペですね。
銅像のように見えますが、先祖は岡崎系列の石像ということになります。
まきが太いのも、細かな造作が苦手な石像の特徴です。

しかし、そうなると、左足が前に出ていないとおかしい。
平行か、やや右足が前ということは、純正な岡崎系列ではなく、イメージで作られた「オリジナル像」ですね。
小便小僧なんで、当たり前なんですけど。
また、小田原に近いロケーションにもかかわらず、「着物右足」が元にならなかった点が興味深いですね。
伊豆は、どちらかというと、東海の影響を受けているんですかね。

ほか、細かなディテールでいえば、本が小さく見えることが特徴。
これ、実は、本の問題じゃなくて、手が大きすぎるんです。
だいたい、本を横からわしづかみしているなんてありえない。
つまり、この像の制作者は、ニノキン像に限って言うなら「完全なシロウト」と断定することができます。

テーマ : 息抜き
ジャンル : 就職・お仕事

[438]もし、そんなサービスがないのに誘導コラムを依頼されたら

~記事はどのようにして作られるか【取材現場の裏話】~

この4月から始まった、「iタウンページ」のコラム。
間に入っている編プロがやや粗いという話を、以前もしたと思います。
企画ごと振ってくれればいいのに、決定案が落ちてくるので、不都合が生じた場合に身動きできなくなっちゃうんですね。

例えば、こんな記事。
「魅惑のホテルバイキング」
http://itp.ne.jp/topics/gourmet/140507_g_01.html?topics_id=g27

振られ方としては、
「『バイキングは帝国ホテル発祥』という軸で、掲載先のホテルへ誘導するようなコラムをお願いします」
といった感じ。

438.jpg
記事と無関係の個人画像です

そこで、自分が「シズラー」なんかでやっている「創作料理を作っちゃう食べ方」なども含めて、この記事を仕上げました。
で、文末にある「■全国にある4万件以上・・・」のフッターを作っていて、ふと、「バイキングやっているホテルって、どれくらい掲載されているのだろうか」と思ってしまったんですね。

調べてみました。
答え「0」。

おいおい、そりゃまずいだろうと。
逆広告になっているじゃないですか。
コラム作っちゃってから何なんですが、納品と一緒に、その旨を伝えておきました。
そしたら、「ホテル飲食への誘導なので、問題ない」そうです。

いや、そういう問題じゃないでしょ。
コラムに興味を持って、探した結果ゼロだったとしたら、そんなサービスって2度と使いませんよね。

だから、企画から任せろって言ってるの。
もっとマシなものにしてあげるって。

テーマ : 仕事の話あれこれ♪
ジャンル : 就職・お仕事

[338]「No」と「Yes」、「はい」と「いいえ」、言いやすさと文字数の関係

~正解なんてない!日本語の選び方【文章作成のコツ】~

この間、肯定と否定の言い回しで悩んでいたら、「いいえ」より「はい」の方が、文字数の少ないことに気づきました。
逆に、英語は「No」の方が「Yes」より短いんですね。
かつて『No と言えない日本』なんて本が流行しましたが、もしかしたら性格の話じゃないのかも。
単に言いやすさの問題じゃないかと思えてきたんです。

338.jpg
いつもどおり、適当な画がなかったので、「能」面でNoを表しています

さらに、各国の「はい・いいえ」を調べてみたら、英語がいかに特殊なのかが見えてきました。
例えばロシア語では、はい=「ダー」、いいえ=「ニエット」(語順は以下同)。
ほか、ドイツ語「ヤー」「ナイン」、中国語「シー」「ブシー」、フランス語「ウィ」「ノン」など。

最後のフランス語は微妙ですが、原則として肯定の音節の方が短いんですね。日本語もこのグループに入ります。
ところがアメリカは逆。

多数の国では、「否定」に対して1音節分余計なパワーを使いますが、アメリカは気軽に「No」と言える。
否定形をデフォルトとして使う「Why not?(やらいでか)」「No problem(いいよ、別に)」というフレーズもあるぐらいです。

ところが、日本語は、こういう表現がなじまない。
「するものが少なくない」「考えないでもない」「得策とはいえない」などを使うよりも、
「多くの場合」「検討に入れる」「避けるべきだ」の方がスムーズだし、読みやすいんですね。

あえてはぐらかしたりする場合は別ですが、第一優先は「平準な言葉」。そんな原則を、改めて実感しました。

テーマ : 仕事のヒント☆
ジャンル : 就職・お仕事

[238]一週間が待てなかったNHKのあせり

~その記事、論点ズレてませんか?【ニュースの視点】~

237 で触れた、NHK夜の番組の件。
話が見えてきたので、めずらしく続編にしてみました。

簡単にまとめると、5月1日の「クローズアップ現代」で、「人口減少に警鐘を鳴らす」特集が組まれました。
「女性の出生率」の低下は地方都市に限らず、例えば東京都においても1.09まで下がったことに触れ、その原因を、女性が「適当な相手にめぐり会わない」「今は仕事に打ち込みたい」「収入面に不安がある」としたんですね。

話は変わって、5月9日の各誌。
民間の有識者によってつくられた専門機関の発表内容を取り上げていて、それによれば、2040年には約900の自治体が、人口減少によって立ちゆかなくなるのだとか。

238.jpg
20から39歳までの女性は、約半数の自治体で半分以下に

なるほどね。
N局さんは、この情報を事前に把握していたんでしょうな。
そこで、いち早くすっぱ抜きたかったと。
ただし、時間がなかったので、論点がズレてしまったのでしょう。

専門機関による提言には、若い世代の世帯年収を上げることや、妊娠から子育てまでのワンストップ支援、地方へ企業誘致をするための税改革などが含まれていて、「家族」というユニットを軸に据えていることがわかります。

対して「クローズアップ現代」は、「女性」だけに絞り込んじゃった。
確かにそうした側面はあるものの、拙速ですね。
結婚も出産も、男女という「ユニット」で行うものです。
数字だけにとらわれるから、出産=女性の問題と思えてしまうのでしょう。それじゃ、家庭じゃなくて家畜ですよ。

テーマ : どうなってんだよ。
ジャンル : 就職・お仕事

[138]インタビューに必要なスキルは、サラリーマン時代に学んだ

~ライターとか、やってます【文章で食べていく方法】~

取材時の心得について、あーしなさいとかこーしなさいとか説明しているサイトがありますが、そうした定量的なテクニックは、うっちゃっていいと思います。
「自分が納得できているかどうか」、これ一本でいいのでは?

例えば、屋号の理由をたずねたとして、一通りの回答が返ってきたとしますよね。
「あぁ、なるほど。それでか」という、ストンと落ちた納得感があれば、誰かに話したくなってきます。
これが不十分だと、話した相手から、「理屈はわかるけど、そもそもどうしてなのよ」もたいなツッコミを受けるかもしれません。
この、もやもや感があるうちは、「聞き取れていない」状態なのでしょう。
本当に理解できていると、頭の中で具体的な構成が動き始めているはずです。この感覚を大切にしてください。

自分は、出版社に勤務していたものの、ライター講座のような講習は受けたことがありません。
営業スキルの延長上、いわば問題解決のプロセスとして身につけたテクニックで、インタビュー取材を行っています。

他社書籍の流通に関わる部署にいましたので、例えば「コンビニに置くにはどうすればいいの?」といった要望などに、対応していたんですね。
ところがコンビニは、ベンダーや取次といわれる企業が仕切っていますから、希望がそのまま通るとは限らないのです。
そこで、「なぜ、コンビニなの?」の部分が深掘りできていれば、おそらく「人がたくさん集まるから」といった根本原因がつかめているでしょう。
つまり、コンビニは例であって、マスト条件ではない可能性があります。

138.jpg
一例として、「駅の壁掘っちゃいましょうか」という解決方法も可能

アウトプットを比較すると、「コンビニ」と「駅構内」は全く異なります。
しかし、目的はイコールなので、クライアントの要望は満たされているわけです。

話は戻りますが、そういう意味で、「あーしなさい、こーしなさい」は枝葉なんですね。
ふに落ちた感覚というか、ジグゾーパズルのすべてのピースがあるべきところに収まったというか、そうした定性的なところが重要なのだと思います。

テーマ : 仕事のヒント☆
ジャンル : 就職・お仕事

[637]2014/3/13朝日新聞

~新聞全面広告ギャラリー~

637.jpg

テーマ : ひとりごと
ジャンル : 就職・お仕事

[537]いつも読んでいるあの本、「雑巾」

~ニノキン・クロニクル【二宮金次郎像オマケコラム】~

ニノキンは、娘婿である富田高慶(とみたたかよし)の記した『報徳記』の中で、はじめて画として掲載されました。
そのとき、

「採薪の往返にも大学の書を懐にして途中歩みながら是を読し少しも怠らず」

と紹介されたので、以来、『大学』を持つのがデフォルトになってしまったんですね。
一族が言うんたから、間違いないだろうと。

ところがニノキン像の世界になると、今まで見てきたように、さまざまなアレンジがなされています。
中には、本ではなく、松の苗やワラジを持つ像も。
今回紹介するのは、なんと、雑巾です。

537.jpg
いろいろと謎の多い「横浜市立子安小学校像」

本体は 524 で紹介しているので、参考まで。
雑巾というのはウソですが、本を読みあさっているというか、使い古している感が良くでている像です。
『大学』なのかどうかは、外見から見て取ることができませんでした。

それにしても、どうしてここまでヨレてしまったのか。
ここからは推測ですが、この像は大正時代に作られた可能性を秘める、かなり初期の像なのです。
なので、原型は、粘土のような柔らかい素材を使っていたのではないかと思われます。
そうなると、構造物を支える骨組みが必要なんですが、腕や体の中には入れたものの、本は特に意識しなかったんじゃないかと。
手に乗っけたものの、そのうち垂れてきちゃったとすれば、ちょうどこんな形になります。

ほか、この像には、像造りの面で粗いというか未熟なところが多々ありまして。
ある意味貴重な像といえます。

テーマ : 息抜き
ジャンル : 就職・お仕事

[437]もし、本当にカエルやっちゃったら

~記事はどのようにして作られるか【取材現場の裏話】~

433 で予告した「山ガハ」のリメイク、本当にやっちゃいました。
例のカエルです。

437.jpg
江ノ電鎌倉駅にカエルの車止めがある? 鎌倉に住むユニークなカエルを徹底的に調査!
http://hamarepo.com/story.php?story_id=2896

新しく付け足した要素としては、「北鎌倉駅付近のカエル看板」。
これは山ガハのときに発見していました。
「何だろ?」と思ったものの、既に帰り始めていたので、放置しちゃったんですね。
で、今回復刻させました。

ほか、裏話を順に並べていきますね。
まずは、江ノ電鎌倉駅。
取材が有料だったので、後半バーターでいろいろやらせてもらって、ロハにしました。
仮装picは、最低でも3つほどもらえる予定だったのですが、結局バレンタイン・バージョンしかくれなかったっけ。催促しても無視。

次は、鎌倉宮。
担当者によると、宮司さんは取材NGとのこと。ただし、「黙ってやっちゃえばいいんじゃないの? 買ったら個人のものでしょ」と言ってくれたので、強行突破。

Caféカエルはですね、おもしろかったですよ。
まず、マスターと自分が同じ「哲」の字、双方の父親がともに「克」の字を使うという偶然。
以前練馬区に住んでいたのも一緒。
「そんなこと、あるんだねぇ」なんて驚いていました。

後半のバーター部分。
実は、ショップに忘れ物しちゃって、後で取りに帰ったんですが、そんなことどうでもいいか。

最後は、「鎌倉 カエル」の検索結果について。
あいかわらず山ガハの方が上なので、どうにかしとかないといけないんですが、もう、アップロードソフトの使い方忘れちゃって、いかんとも・・・

テーマ : 仕事の話あれこれ♪
ジャンル : 就職・お仕事

[337]じゃない?とじゃない!

~正解なんてない!日本語の選び方【文章作成のコツ】~

今回は、同じ字を書いても意味が違う言葉について。
意味が異なるのであって、字は違わない。つまり、ワープロを使っている以上、変換ミスは起こりにくい事例といえるでしょう。
例えば、市場(しじょう・いちば)などは、前後の文脈で読み取れます。

そうではなく、普通の文に隠れている同字異義語こそ、注意が必要なのです
この間、読み返していてハタと気付いたのが「じゃない」。

 「そっちこそどうなんだ、お互いさまじゃない」って話なんです

これを読んで、どちらの意味だかわかりますか?
おそらく、「お互いさまじゃないか」という意味に受け取る人が多いでしょう。
しかし一方で、「お互いさまなんて言ってるけど、そんな理屈通らねぇぞ」という意味にも受け取れます。

337.jpg
同字異義語じゃないですが、適当な画がなかったので、またまたイメージ

こういう例は、結構あります。
自分ではわかって書いているので、セルフチェック機能が働かないんですね。
資料などを読んでいて起こる逆のケースも当然あります。
発音によるニュアンスが伝わらないので、どっちにも取れるような場合、困りますよね。

では、どのようにして防止すればいいのかというと、日常生活では無理なんじゃないでしょうか。
もちろん、紛らわしい言葉を使わないに限りますが、そんなこといちいち気にしていられない。
ただし、書く場面においては、気にするべき「じゃない」。

テレビでもありますね、こういうシーン。
一部の人には、逆の意味で伝わっているん「じゃない」と心配してしまいます。できれば、使うべき「じゃない」。
日本語に正解なんて、ないん「じゃない」。

テーマ : 仕事のヒント☆
ジャンル : 就職・お仕事

[237]女性の出生率について、男性要因を加味しなかったNHK

~その記事、論点ズレてませんか?【ニュースの視点】~

5月1日に放送された、NHKの「クローズアップ現代」。
前々からバイアスをかけているというか、作り込みが強い番組だなぁと思っていましたが、特にこの回はひどかった。

特集内容としては、「人口減少」に警鐘を鳴らすもの。
今、高齢者の人口すら減ってきている地方都市が急増しているそうです。
街に魅力がなくなり、住みづらくなると、若い世代が定着しなくなる。
人口密度がある水準を割ると、交通機関が赤字になって、インフラが崩壊する。
こうして、スラム化する前に脱出しようとする動きが広まっている、という話なんですね。

この問題は、地方だけの話ではないようです。
労働条件などの理由によって、今、大都市の出生率が激減。
女性が流入してくるのに子どもを産まない。この先、日本はどうなってくのという展開が続きます。

237.jpg
ここまでは、話の筋としては、別にヨシだと思うんですよ

問題はここからで、女性の出生率が下がった原因をNHKは、「適当な相手にめぐり会わない」「今は仕事に打ち込みたい」「収入面に不安がある」などとしました。
出典は、新宿区の行った「未婚女性の聞き取り調査」。
つまり、女性要因に絞り込んじゃったんですね。

これは、すぐにおかしいと感じました。
だって、結婚は男女で行うものじゃないですか。
なぜ男性も、結婚しないのか。
さらには、日本人男性が日本人女性を選ばないケースが、どれだけ増えてきているのか。
そこがクリアにならないと、公平な見方ができません。

答えは厚生労働省の人口動態統計年報に出ているので、あえて取り上げなかったところに、バイアスを感じますね。
例えば、最新データとして、2010年度の「夫妻の国籍別にみた婚姻件数の年次推移」を見てみると・・・。

1970年 日本人男性-外国人女性2,108件 外国人女性-日本人男性3,438人 (男女比61.3%)
2010年 日本人男性-外国人女性22,843件 外国人女性-日本人男性7,364人 (男女比310.2.%)
ちなみに、最も極端な例として
2005年 日本人男性-外国人女性33,116件 外国人女性-日本人男性8,365人 (男女比395.9%)

グロスが小さいので、一例でしかないのですが、「日本の女性がモテていない」という仮説は立てることができる。
さらにいろいろなデータを集めれば、女性の出生率が下がった本当の原因が見えてくるでしょう。
どんなバイアスをかけたかったんだろうか、NHK。

テーマ : どうなってんだよ。
ジャンル : 就職・お仕事

[137]紙が主体のWeb媒体は、考え方の割り切りができていないと思う

~ライターとか、やってます【文章で食べていく方法】~

紙の書き方と、Webの書き方は違います。
305 でも取り上げた話ですが、媒体社の方が割り切れていなかったりするので、何だかなぁという感じです。

繰り返しになりますが、有料誌は、「金を払ってまで情報を得たい読者」を相手にするので、最初からテクニカルな話題でも構わないのです。
むしろ、悠長なことをやっていた方が、読み飛ばされる可能性があります。

一方、Webは、検束エンジンで入ってくる「何となく情報を求めている読者」が相手なので、「このページはあなたに関係している内容ですよ」というリードをかます必要があります。
いきなり専門的な話題を展開してもダメで、シロウトを引きつけるストーリーテリングが要求されるんですね。

137.jpg
例えば、障害者の治療を手がける歯科医院があったとします

私の持って行き方はこうでした。

「ノーマライゼーション」という言葉がある。
障害のある方と健常者を差別しないという考え方で、特に近年、駅などの公共機関においては・・・以下略。
ところが歯の疾患になると描写が違う。
むし歯の疾患は誰でも起こり得ることなので、障害者専門の治療という考え方は、もともとないのだ。
したがって、受け入れ体制、つまりアプローチの問題こそが・・・以下略。
同院では、どのような取り組みをしているのだろう。

総論でゴールを見せておいて、その後各論に持って行く流れですね。
問題定義をしておいて、ツボをはっきりと意識させるストーリーテリングと言ってもいい。

ところがですね、この媒体社は、各論から入って欲しいというんですよ。
「いつも読みごたえのある内容でおもしろいのですが、リードは、医院の紹介に結びつけてください」なんて、わざわざメールに書いてくる。

最初から各論にするなら、リード要らないじゃないですか。
要は、有料誌の書き方を引きずっているんですね。
こっちもプロだし大人だから、そうしろと言うなら、そうしますよ。
駅から歩いて何分だとか、建物の外観とかから始めちゃう。
でも、そんなリードの文、Webの読者が読むか?

テーマ : 仕事のヒント☆
ジャンル : 就職・お仕事

[636]2014/3/4朝日新聞

~新聞全面広告ギャラリー~

636.jpg

テーマ : ひとりごと
ジャンル : 就職・お仕事

[536]いつも読んでいるあの本、「大学Ⅱ」

~ニノキン・クロニクル【二宮金次郎像オマケコラム】~

ニノキンの読んでいる本は一定しておらず、最も多いのが「大学」。
詳しくは[532]で取り上げましたが、もう一度、その内容を振り返っておきます。

「一家仁一国仁興、一家譲一国譲興、一人貪戻一国作乱。其機如比」

意訳
君子の家が愛で満ちていれば、国中が愛であふれる
君子の家がつつましければ、国中が譲り合うようになる
君子が自己中心的なら、国中が奪い合って乱れる
いつやるの、今でしょ

この「大学」を持たせるときに限って、ちゃんと本のタイトルを付けることがあります。
例えばこんな感じ。

536.jpg
JR東海道線、松田駅前のニノキン

本題とは関係ありませんが、この像の寄贈者は、真珠で有名な「ミキモト」。
創始者である御木本幸吉氏は、「尊徳が陸でやっていたことを海でめざしたい」と言っていた報徳人なんですね。
氏は、荒れ果てた尊徳の実家を保護し、当時の最寄り駅だった松田駅に最寄り駅であることを示す道しるべを建てたそうです。

数年前、みの道しるべが偶然発見されたのを機に、ニノキン像が建てられました。
真珠のようにピカピカでいぶし銀。
ニノギンって感じです。

テーマ : 息抜き
ジャンル : 就職・お仕事

[436]もし、自分が、歯科医師のダメ出しタイプだったら

~記事はどのようにして作られるか【取材現場の裏話】~

どういうわけか、昔からむし歯になったことがありません。
そこで大学時代に、どうやったらむし歯になるのかと思って、ガムを歯にかぶせたまま寝たことがあります。
速攻でやられました。

そのとき以来、長いこと歯科医院に行っていなかったんですね。
もう、20年ぐらいたつでしょうか。

さて、本題。
医療系の仕事では、コンビニより多いといわれる歯科医師が半数以上を占めています。
そんなことで詳しくなったのですが、「むし歯と歯周病」は違う疾患なのです。
何だか当たり前のようですが、一例として、こんな記事を参照ください。

436.jpg
ミカン運びトロッコのような昇降機がある、都内の歯科医院

榎本歯科医院
http://doctorsfile.jp/h/29431/df/1/

3ページ目に、両者の違いについて触れています。
要約すると、むし歯は悪くなったときにだけ現れる歯の病気であるのに対し、歯周病は誰にでも訪れる体の病気。
つまり、むし歯がないからこのままでいいだろう、20年も口の中をチェックしたことのないオジサンなんかが、一番危ないということなんです。

じゃあ、「早く医者行って調べてもらってこい」という話なんですが、そういう習慣がなかった人にいきなり言われてもね。
というか、この考え方事態がNG。
わかってるんですよ、ほぼ毎週のように取材先で聞いていますから。それでも直らないものは直らないの。

取材後、カメラマンに、「ずっと誰かに似ているとずっと思ってたけど、ついに思い出せかなったなぁ」なんて話してたら、「美保純じゃないですか」の一言。納得。

テーマ : 仕事の話あれこれ♪
ジャンル : 就職・お仕事

お仕事のお問い合わせ
カレンダー
04 | 2014/05 | 06
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
プロフィール

てつまる

Author:てつまる
神奈川県を中心にフリーで活動しているライターです。
超IT系を除き、医療・各士業・経営者・アスリートへの取材、アーティストプロモート(情報発信)、イベントレポなどを手がけています。

最新記事
カテゴリ
お世話になっているサイト様
最新コメント
最新トラックバック
コトバカウンター
special thanks to
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR