[1281]ジャイアンの言い放題 「オマエの国の年金を差し出せ」

~その記事、論点ズレてませんか?【ニュースの視点】~

迷惑とか当惑の範囲を超えた、アメリカのジャイアン。
もはやショーを見ているように、楽しんじゃっている自分がいます。
今度は「日本の年金をよこせ」と。
正確には、アメリカの雇用をボトムアップするために阿倍首相が差し出した「いけにえ」なんですけどね。

まあ、「投資」という捉え方なんでしょうよ。
年金運用のポートフォリオは、大まかに言って「国内6・海外4」。
今後、ジャイアンが「アメリカファースト」を通し続けるなら、短期的ではあるものの、アメリカ関連株の上昇が見込まれる。
その尻馬ってことなんだと理解しています。

1281.jpg
一例として、「BUZZAP!」の関連記事

こうしたジャイアン攻撃に対し、説得をしようとする人がいますけど、あまり効果的とはいえないんじゃないでしょうか。
だって、自分がすべて正しいと思っているんですよね。
「世界からの孤立は戦争を招くよ」と諭したところで、「そういう考え方をしていたから、アメリカが弱くなったんだ」と反論してくる。
「1じゃなくて10が正解」と言ったところで、「オレなら、1で実績が出せる」と豪語する。
そこにロジックはないわけです。
そもそも、人の言うことを聞く性格だったら、ジャイアンになっていません。
それなら放っておけばいいかというと、のび太やスネ夫が追随するので、結果として効果がでる。
「そら見ろ、オレの言った通りだろ」と。
もう、そういう路線が見えてますよね。

こうした迷惑・ディスアスターへの対処法は、古くから決まっていました。
それが「いけにえ」の考え方です。
差し出せる限りの「小さい対価」で「大きな損害」を防ぐ。
立ち向かうことで大被害を受けてしまうなら、許せる犠牲で我慢しよう。
これはある意味、真理なんです。
しかも、トヨタ自動車の場合、元に戻せる犠牲なんですね。犠牲ですらない。
時が過ぎれば、メキシコに工場を建てられる。
あの決断はクレバー。冷やかす向きもありますけど、さすが一流企業のトップジャッジだと感心しました。素早かったしね。

でもって、今回の年金。
クレバー・・・なのかな。
単なるのび太だとしたら、不安でしょうがないです。
スポンサーサイト
お仕事のお問い合わせ
カレンダー
01 | 2017/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -
プロフィール

てつまる

Author:てつまる
神奈川県を中心にフリーで活動しているライターです。
超IT系を除き、医療・各士業・経営者・アスリートへの取材、アーティストプロモート(情報発信)、イベントレポなどを手がけています。

最新記事
カテゴリ
お世話になっているサイト様
最新コメント
最新トラックバック
コトバカウンター
special thanks to
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR