[1385]バカボンじゃなくても使いたくなる「なのだ」

~正解なんてない!日本語の選び方【文章作成のコツ】~

書き下ろしの記事を読んでいると、自分でも笑っちゃうところがあります。
いまは、「なのだ」の使いすぎにウケました。

すべてクリアするのが、指定業者としての責務なのだ。
メインテナンスするとは、つまり、そういうことなのだ。
職人でありながら、工程管理を行うマネージャーなのだ。

バカボンのパパか、おまえは。

すべてクリアするのが、指定業者としての責務といえる。
メインテナンスするとは、つまり、そういうことなのだ・・・これはイキにしようかな。
職人でありながら、工程管理を行うマネージャーも兼ねる。

1385.jpg
すぐ近くに見えても、その中はアメリカという国なのだ

この「なのだ」にはですね、宣言とともに認識を促すような効果がありまして、非常に便利な言葉なのだ。
「だ・である」と比べて、「なの」のところで、いまいちどかぶせていくんですね。
国だ・・・ではなくて、国なのだと。

したがって、読み手側からしてみれば、論旨のポイントを把握しやすいことになる。
「なのだ」の付いている部分が、書き手のイイタイコトです。おそらく。
連発している場合は、どうしようもないですけど。

上記の例で、真ん中の例文を無意識にイキとしましたが、やっぱりアレが一番言いたかったんだと思います。
前後が見えていないのでわからないでしょうが。
たぶん、3月の終わりか4月始めには、「はまれぽ」に載ってくるでしょう。
それはそれとして。

使用頻度が500文字に1回くらいでも、目立つというか、目に刺さってくると思います。
「なのだ」って、結構強いですからね。
3000文字で2回、2000文字で1回くらいが、限界なのではないでしょうか。
詰まり、用紙・・・じゃないって、つまり、要旨なんですよ。やっぱり。
ここぞというところまで取っておく必殺ワザみたいな使い方が、本来なら有効なのだ。
スポンサーサイト
お仕事のお問い合わせ
カレンダー
02 | 2017/03 | 04
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
プロフィール

てつまる

Author:てつまる
神奈川県を中心にフリーで活動しているライターです。
超IT系を除き、医療・各士業・経営者・アスリートへの取材、アーティストプロモート(情報発信)、イベントレポなどを手がけています。

最新記事
カテゴリ
お世話になっているサイト様
最新コメント
最新トラックバック
コトバカウンター
special thanks to
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR