[1192] つなぎ融資の女王、山邉節子容疑者が使った「でも」

~ライターとか、やってます【文章で食べていく方法】~

本来、時事関係は火曜日です。
でも・・・ライターとして気になったポイントがあったもので、ここで取り扱います。

Webで資料を探しても見当たらないのですが、確か、彼女の勧誘コピーは、以下の論法だと記憶しています。
記憶していますというのは、テレビでやっていたから。

誰もが融資の審査をパスするとは限りません。
でも、
私にご連絡ください。

普通、「でも」は、逆接で使いますよね。
だから、最後の一文は、「私なら審査が通ります」のハズなんです。
でも、それをやっちゃうと、一発で詐欺っぽく思われてしまうから、無意識にコピーを変えたのではないか。
文章を扱う者からすると、この「でも」が、非常に臭ってくるんです。

1192.jpg
報道の一例として、『TBS NEWS』

一般的な販売価格は100万円を超えます。
でも、
私にご連絡ください。

現在、国内では流通しておりません。
でも、
私にご連絡ください。

ね。にわかにインチキ臭くなってきたでしょ。
できるとも、できないとも、明言していないわけです。
つまり、状況を女王側でコントロールする気なんだなと。
カモはヨシにして、気に入らないヤツはダメにするんだなと。
そういうバイアスが、この「でも」から垣間見えてきませんか。

自分がこのコピーを直接見ていたら、すぐにでもビビっときていたでしょう。
「ああ、やってんな」と。
正しい日本語なら、こうならないはず。じゃあ、どういう心境が働いたのか・・・。
まるで推理小説みたいに、コピーワークを読ませていただきました。
スポンサーサイト
お仕事のお問い合わせ
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
プロフィール

てつまる

Author:てつまる
神奈川県を中心にフリーで活動しているライターです。
超IT系を除き、医療・各士業・経営者・アスリートへの取材、アーティストプロモート(情報発信)、イベントレポなどを手がけています。

最新記事
カテゴリ
お世話になっているサイト様
最新コメント
最新トラックバック
コトバカウンター
special thanks to
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR