[1394]「バールのようなもの」にバールは含まれるか

~正解なんてない!日本語の選び方【文章作成のコツ】~

標題の件。
いまどき、バールとは何かを知らない人のほうが多い気がするなか、定型句のように使われていますよね。
恐らく主眼は「こじ開けた」にあって、バットでも力業でも構わないものの、一例としてのサンプルを表現しているのだと思います。
つまり、バールは含まれると考えていい。

ところが、例示となってくると話は違ってきて、「地獄のような環境」という場合、地獄を見てきた人なんていないわけです。
「雲のような口当たり」「苦虫をかんだような顔」などもそうで、最も身近な「異物」をもって、その様を表現していることになります。
つまり、バールは含まれない。

1394.jpg
見た目がコケのような抹茶せんべい・・・コケは含まれない

これ、現実的な使い分けって、難しいですよね。
読み手のほうは、肌感覚でわかるため、意識しなくてもいいと思うんです。
問題は書き手。
サンプリングか例えなのかによって、注意深く言葉を選ぶ必要があります。

・サンプリングの場合
円板のような形
入道雲が確認されるような天気
帰り道がわからなくなるようなケース

・例示の場合
夏みかんのような風味
鬼のような物言い
切って張ったかのような急ごしらえ

こう見てみると、サンプリングは、事実に限られるんです。人によって違うということがない。
一方の例示はイメージ描写だから、印象に差の出る場合がある。
じゃあ、本題の「バール」ってどうなんでしょう。
「あぁ、これはバールだね。バットじゃないね」
ってところまで絞り込めているんでしょうか。
もし、事実じゃないとしたら・・・。

実はですね、バールのようなの後に「もの」って言葉がくっ付いているの、気付きましたか。
「バールでこじ開けたような」じゃないんです。
「もの」を挟むことで、事実でもイメージでも構わなくなっている。
要は、こじ開けられたんだと。
「もの」によってこじ開けられたんだと。
その「もの」自体は、バールでもバットでも、お好きに解釈してちょうだい。

この、ものすごくトリッキーな仕組みによって、「バールのようなもの」が重宝されているのでしょう。
・入道雲が確認されるような天気・・・入道雲に限定
・入道雲のようなものが確認される天気・・・何でもアリだし、入道雲でもいい
最初に使ったヤツ、すげぇな。
スポンサーサイト
お仕事のお問い合わせ
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
プロフィール

てつまる

Author:てつまる
神奈川県を中心にフリーで活動しているライターです。
超IT系を除き、医療・各士業・経営者・アスリートへの取材、アーティストプロモート(情報発信)、イベントレポなどを手がけています。

最新記事
カテゴリ
お世話になっているサイト様
最新コメント
最新トラックバック
コトバカウンター
special thanks to
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR