[2203] 官公庁主催のツアーを疑ってかかる・続編

~その記事、論点ズレてませんか?【ニュースの視点】~

[2200] で取り上げた、旅行業法の登録をしていない官公庁が、直接、ツアーを企画・実施してしまったという問題。
氷山の一角ではないのかという部分と、どうやって見分ければいいのかということに、言及させていただきました。
そしたらですね、ここにきて、類似ケースが続々と出てきたようなのです。

例えば、川崎市の地域間交流事業「ふれあいサマーキャンプ」。
市内の小中学生を対象として、3泊4日の日程で他県の自然や文化に触れさせていたものの、その内容が旅行業法に抵触すると判明。今年の開催は急きょ、中止となった模様。
あるいは、神奈川県平塚市の交流事業。
こちらは、伊豆市と岩手県花巻市へ小学校高学年年生を派遣する予定でした。しかし、同様の理由から、今年の実施は見送りに。

官公庁主催のツアー
平塚市のケース、「毎日新聞」から

これらのツアー、何が問題だったのかを、少し調べてみました。
すると、旅行業者にしかできないことというのが、主に3点あるようです。
・運送と宿泊がらみ
・収益を前提とした集金
・企画商品としての組み合わせやアレンジ
これらの項目がいずれか1点でも含まれていたら、官公庁にはできない。

じゃあ、じゃあ、私たち利用者は、何を根拠にヨシとダメを見極めればいいのか。
まず、旅行業者に委託していて、そのことが外見的にわかる場合は、オールOKです。
そうじゃない場合、以下のすべてをクリアしている必要がある。
1.「運送と宿泊がらみ」ではないこと。
現地集合かつ日帰りならヨシ。
2.「収益を前提とした集金」ではないこと。
施設利用料を実費で集めたりするのは構わない。
3.「企画商品としての組み合わせやアレンジ」をしていないこと。
ここは微妙ですよね。例えば、「七福神ウォーキング」などは、実質、組み合わせと見なされていないようです。
「大河ドラマのロケ地を歩く」みたいなのもセーフ。
問われるのは、施設系の組み合わせ・アレンジなんでしょうよ、たぶん。
博物館で学んで、漁港の食堂で食べ放題組んで、アウトレットモールで買い物・・・なんていうのはアウト。
結構ギリギリなのって、ありますけどね。
言えないけど、自然科学館的な施設で見かけました。あれは、本来ダメなんですな。

ちなみに、友だちと一緒にスキーへ行くことが決まり、幹事として仕切った場合。
こういうケースは事業とみなされないので、セーフなんだそうです。
なので、ツアーをしている官公庁と参加者全員がお友達になるという、クリアの方法もあります。
スポンサーサイト
お仕事のお問い合わせ
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
プロフィール

てつまる

Author:てつまる
神奈川県を中心にフリーで活動しているライターです。
超IT系を除き、医療・各士業・経営者・アスリートへの取材、アーティストプロモート(情報発信)、イベントレポなどを手がけています。

最新記事
カテゴリ
お世話になっているサイト様
最新コメント
最新トラックバック
コトバカウンター
special thanks to
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR