FC2ブログ

[2157] 大幅な裁量をいただいた、業務委任契約の実際

~ライターとか、やってます【文章で食べていく方法】~

とある会社と、月100時間の業務委任契約を結ぶことになりました。
フィーは、それだけで食えるくらいのそこそこな金額です。
この“委任”契約。
一般的な委託・請負契約と違うところは、原稿のような成果物に対する報酬ではないこと。
記事1本3万円・・・というような形態ではなく、100時間頑張ったことでお金をいただきます。

じゃあ、何を頑張るの?
そこなんですよね。
もちろん、具体的な成果物の依頼もあります。
他方で、企画・ネタ出し、プレゼン、ほかのライターに対するマニュアル整備、それにDescriptionタグなんてのも来ましたな。
要は、何でも屋です。

業務委任契約書
届いた契約書、招き猫は社名を隠すオブジェです

あれですね。
請負契約は、時間を決めてから取り組むところがありました。
例えば1万5000円の仕事なら1日、できれば5・6時間で片付けよう・・・みたいな。
また、月の目標件数を決めて、食いっぱぐれがないようにスケジューリングしていました。

ところが委任契約には、その必要がない。
いい意味で、質に時間をかけられる。
難しいところは、質に甘んじて量を落としてしまうと、契約が続かないこと。
この辺はバランスです。手探りですな、何もかも。
半分、社員になったような感覚すらあります。
そういえば、社員総会みたいなイベントに誘われました。

これはね、1にも2にも、信頼関係なんです。
いい原稿を書いていれば済むというものでもない。
全方位的に頑張る必要があるんです。
ただし、現状は手探りですけど。
おそらく、こういう行動、発言、フォローが、その会社のためになるんじゃないかと。
その頑張りで報酬を得る。
外部相談役のような感じですけど、それなりの実務も伴う。
ある側面では質より量、別の側面では表より裏方。
この7月から、難しい仕事・・・仕事じゃないな・・・ビジネススタイルが始まりました。
スポンサーサイト
お仕事のお問い合わせ
カレンダー
06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

てつまる

Author:てつまる
神奈川県を中心にフリーで活動しているライターです。
超IT系を除き、医療・各士業・経営者・アスリートへの取材、アーティストプロモート(情報発信)、イベントレポなどを手がけています。

最新記事
カテゴリ
お世話になっているサイト様
最新コメント
最新トラックバック
コトバカウンター
special thanks to
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR