FC2ブログ

[3105] 情報収集の手段として、就活サイトに登録する

~ライターとか、やってます【文章で食べていく方法】~

フリーになって、4年目か5年目あたりですかね。
いよいよもって厳しいと。
一時的に再就職しようかと。
そう思って、就活サイトに登録したことがあります。
幸いにして、お世話にならなかったわけですけど。

その後、仕事が安定しはじめても、登録を解除しませんでした。
なぜなら、編プロや出版社などの動向が、ある程度、把握できたからです。
「こういう方面の人材が足りてないんだ」とか、「おっ、この会社がこんな分野を手がけるんだ」といった業界の裏情報が、思いの外、収集できるのです。

人材不足や資金をかけている“分野”がわかれば、直営業しやすいですよね。
エージェントさんには申し訳ないですけど。
なので、いまだにそのエージェントから、お知らせメールが届いています。

活字の収納箱
「業界の裏側」という茶濁でございます

そんななか、しばらくした後、そのエージェントさんから、
「ご利用がないみたいだけど、このメール、本当に必要?」
みたいな連絡が届きました。

そこで、正直に上記の趣旨を説明したところ、
「そちらで配信停止の意図がないなら、どうぞ、ご自由に」
との返事だったんです。

まあ、これは、予想の範囲内でした。
だって、エージェントの仕事は、「職を探している人に情報を届けること」ですから。
それをどう使うかは、コチラの勝手。
また、本当に再就職中の人が、同じように業界研究をしていることだってありえるでしょう。
人材を募集している企業だって、織り込み済みなんじゃないですかね。ある程度の情報漏えいは
やむなしだと。

もし、情報収集目的で登録するとしたら、当たり前ですけど、「情報がほしい分野」を選ぶこと。
例えば、医療系に就職するツモリがなかったとしても、ライティングのニーズを探るうえでは、「アリ」かもしれません。
つまり、自分が就きたい職種かどうかは、関係ないんです。
そして、有用な情報が出てきたら、「医療 編プロ」あたりで検索して、ライターの直営業をかけると。
何も医療に限りませんが、活用方法の例としては、そういうことです。

似たような内容に思えますが、クラウドで同じことをしたらダメです。
クラウドは売り手市場ですから、足元を見られます。条件も、向こう希望。
一方、「有用な情報」の元に動いた直営業なら、買い手市場が望めます。あるいは、お金のある“おいしい案件”が多い・・・かもしれません。
スポンサーサイト



お仕事のお問い合わせ
カレンダー
06 | 2019/07 | 08
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
プロフィール

てつまる

Author:てつまる
神奈川県を中心にフリーで活動しているライターです。
超IT系を除き、医療・各士業・経営者・アスリートへの取材、アーティストプロモート(情報発信)、イベントレポなどを手がけています。

最新記事
カテゴリ
お世話になっているサイト様
最新コメント
最新トラックバック
コトバカウンター
special thanks to
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR