[1267]事実は事実として起こるのだという事実

~その記事、論点ズレてませんか?【ニュースの視点】~

マスコミは、いろいろな事象を目撃すると、そこに意味づけを求めたがります。
おけ屋がもうかったのは、風が吹いたからじゃないのか・・・。
いちいち、そんな具合ですよね。

フィリピンのドゥテルテ大統領がガムをかんでいたのは、習近平国家主席に対するプレゼンスだ。
若狭議員の補選ポスターに阿倍首相とのツーショットが選ばれたのは、小池都知事への反逆だ。

あのね、本人たちは、そんなこと気にも止めていなかったと思いますよ。
例えば、ポスター。
単に、後から送られてきたダンボールが上に乗せられて、アルバイトの人たちがそっちを使っちゃっただけじゃないかな。
だって、テレビ局から「どうしてだ」と質問されたら、「知らなかった」とは言えないじゃないですか。
なので、それっぽい言い訳をしているものの、意味づけなんてないですよ。たぶん。

事実は事実として起こるのであって、必ずしも理由を伴うものではない。
この肝心な原則を、マスコミさんたちは忘れてしまうんですな。

1267.jpg
この事実に意味を求めたら、それは宗教でしょ

ドゥテルテ大統領だって、単に緊張して、ガムかんでいただけじゃないの。
実際はどうだかわかりませんが、そういうシンプルな見方だって、できるということなんです。
ところが評論家は、コメントを言うことに対してギャラをもらっているから、どうしてもこじつけたくなる。
また、番組も、そういうウンチクを語ることが存在価値だと勘違いしているので、ますます手が付けられなくなる。

例えば、天井のシミにオカルト的な解釈を付けるのって、ナンセンスでしょ。
あんなのは、雨漏りだか結露だかで、自然発生しているに過ぎないの。
習近平国家主席は関係ないの。
小池都知事が仕込んだわけじゃないの。
事実はまず、事実として起こるの。
インテンショナルな場合もあるだろうけれど、全てのせき払いが含みを持っているかというと、そんなことはあり得ないでしょ。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

お仕事のお問い合わせ
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
プロフィール

てつまる

Author:てつまる
神奈川県を中心にフリーで活動しているライターです。
超IT系を除き、医療・各士業・経営者・アスリートへの取材、アーティストプロモート(情報発信)、イベントレポなどを手がけています。

最新記事
カテゴリ
お世話になっているサイト様
最新コメント
最新トラックバック
コトバカウンター
special thanks to
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR