[1367]あるのである、ないのではないか

~正解なんてない!日本語の選び方【文章作成のコツ】~

よく考えたら、「ないのではないか」は二重否定の話なので、話題から外しましょう。
本題は、「ある」「いる」「する」系のカブリについてです。
意外とやっているものです。
例文を引っ張ってみましょうか。

監督というより、伴走する存在でありたい
デジャブであるとする説を有力とするグループ
このままだと、ミスる可能性がある
納得できる着地をする
見た目で判断できる、数字である必要がある

まあ、読めますけどね。
でも、「数字である必要がある」なんてのは、ちょっとね。
「数字によって示さないといけない」・・・あっ、ないのカブリになってしまいました。
「数字によって示すことが重要です」・・・とかなんでしょうか。

1367.jpg
「する」という茶濁でございます

対応方法として考えられるのは2つ。
前の「る」を変えるか、後ろの「る」を変えるかです。
「伴走する存在でありたい」を例に取ると、名詞+する(伴走する)は、崩したところで「寄り添える」とか「そばで支えられる」とか、どうしても「る」が出ます。
なので、名詞+が・である(存在である)をいじった方がスムーズかもしれません。

監督というより、伴走するようなサポートを心がけたい
監督というより、伴走することに注力したい
ここまできて、「監督というより、伴走者でありたい」でいいじゃんと、思っちゃったわけですが。

いずれにしても、名詞がらみの「る」系統は、できるだけ避けた方が無難なんです。
また、「ある→ない」というのも違和感を覚えるので、ワーディングを考えましょう。
男性である必要はない・・・男性に限らない。
電気を通さない性質がある・・・電気を通さない性質を持つ。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

お仕事のお問い合わせ
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

てつまる

Author:てつまる
神奈川県を中心にフリーで活動しているライターです。
超IT系を除き、医療・各士業・経営者・アスリートへの取材、アーティストプロモート(情報発信)、イベントレポなどを手がけています。

最新記事
カテゴリ
お世話になっているサイト様
最新コメント
最新トラックバック
コトバカウンター
special thanks to
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR