[1472]編集からの前情報を、どう受け止めるか

~記事はどのようにして作られるか【取材現場の裏話】~

少し、反省しています。

「とある、資産運用会社の記事をお願いします」と。
当然、どういうテーマで入るか、方向性だけでも決めておきたくなるじゃないですか。
記事とサイトは違うんだから、ホームページに書いているようなことを繰り返しても意味がない。
すると、数日後、編集いわく、
「相続を強めに取り上げてほしいそうです」と。
だから、それはサイトマターだよね。

極論すると、立ち上げた会社で何を実現したいのか、あるいはお客さんにどういう気付きを与えたいのかのドッチかじゃない。
なのに、数日後、
「前職が不動産だったので、土地活用が得意みたいですよ」と。
だから、わかんねぇヤツだな。
取り上げたいのは事実じゃなくて、人の気持ちや想いなわけ。

ところがですね、実際に会ってみたら、不動産を活用した資産運用や相続でキレッキレの人だったんです。
書籍も出していて、アマゾンの総合評価は、なんと2位。
話もおもしろくて、気付かされること大。

1472.jpg
わかる人にはわかる、特殊な電卓

つまりですね、「資産運用」と聞いて、どこでもありがちな「要らない金融商品を売りつけてくる人」だと思っちゃったんです。コッチは。
だから、サイトと同じコトやっても、意味がないだろうと。
そう考えていたら、実は、「不動産を、相場の倍で売り抜けられる人」でした。
スゴイんですよ、発想が。
まあ、こうなってくると、テーマは「事実」ですよね。

「前職が不動産だったので、土地活用が得意みたいですよ」
確かにね。
そうなんだけどね。
もうちょっと、ニュアンスくれてもいいじゃないの。
また一方、思い込みで食ってかかっちゃった自分もいる。

少し、反省しています。
難しいなあ、どうしていけばいいんだろう。
できれば、現場でフタを開けるまでわからないって事態を、避けたいんだけども。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

お仕事のお問い合わせ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

てつまる

Author:てつまる
神奈川県を中心にフリーで活動しているライターです。
超IT系を除き、医療・各士業・経営者・アスリートへの取材、アーティストプロモート(情報発信)、イベントレポなどを手がけています。

最新記事
カテゴリ
お世話になっているサイト様
最新コメント
最新トラックバック
コトバカウンター
special thanks to
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR