[1375]「出た」と呼ばれた男たち

~正解なんてない!日本語の選び方【文章作成のコツ】~

例えば、幽霊や熊を見かけたときの「出たぁー」。
これは、めったいないことが出現したという意味の「出た」ですよね。
そうじゃなくて、「また、その話ね」的な、頻繁の「出た」ってのがあるじゃないですか。

後者のうち、喜ばしい現象に対しては、「キター」が使われます。
田中部長の神対応、キター・・・みたいな。
そうではなく、困ったちゃんになってくると、どうやら「出た」の出番になるらしい。
出たよ、佐藤さんの責任転嫁。あのヒト、絶対自分でケツ拭こうとしない・・・とかね。

この「出た」。かつては、必ずしもネガティブではなかったですよね。
プロレスの得意技のような、ド定番で用いられてきた気がします。

1375.jpg
出ましたっ必殺技、ヤブイヌの「逆さおしっこ」

ところが最近になると、何となく、否定要素が絡められてくる。
少なくとも、褒め言葉ではないような印象を受けます。
痔が出ちゃった感というのか、いいからしまっといてくれというのか。

高橋クン、メールしても全然返さないのよ。
「出た」。アイツ、そうなんだよね。

木村さんたち、ひょっとして別れたんじゃないの。
「出た」、その話題。これで4人目。

じゃあ、好ましい展開に対して「入った」が使われるかというと、そんなことはない。
いったい、「出た」って何なんでしょう。

基本は、「出現・表出」なんでしょうね。
「消滅・埋入」方面は目にみえないから、「出た」の対義語が使われにくい。
せいぜい、「終わった・往った・消えた」とかでしょうか。
でもって、ポジティブ方向が「キタ」でまとめられてきたために、残ったネガティブが「出た」でくくられると。
そうか、「キタ」って、「出た」の対義語なんですな。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

お仕事のお問い合わせ
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
プロフィール

てつまる

Author:てつまる
神奈川県を中心にフリーで活動しているライターです。
超IT系を除き、医療・各士業・経営者・アスリートへの取材、アーティストプロモート(情報発信)、イベントレポなどを手がけています。

最新記事
カテゴリ
お世話になっているサイト様
最新コメント
最新トラックバック
コトバカウンター
special thanks to
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR