[1177]「そのことならアノ人に聞け」的な小人脈

~ライターとか、やってます【文章で食べていく方法】~

「探偵ナイトスクープ」で、「担当」と呼ばれる先生方がいるじゃないですか。
あんなイメージです。
取材で手詰まったとき、まるで「頓服薬」のように頼ってしまう専門家。
こんな仕事をやっていると、少なからずいらっしゃいます。
仕事柄、神奈川県ベースに限られますけどね。

1.東横線とその沿線関連
「大倉精神文化研究所」の平井誠二先生
大倉山記念館の中に資料館のような場所があるんですが、資料類とセットでご教授いただけることが多いので、かなりな頓服度合いです。
大枠の方向性がつかめるため、初動を誤らない。
この地域のマスコミなら、あいさつを入れておいて損はないでしょう。

1177.jpg
こんな資料が、いとも簡単に出てきます

2.横浜の橋関連
横浜市道路局建設部橋梁課の松本さん
誰もが認める横浜の「橋博士」。
この人が知らなかったら、企画自体をあきらめたほうがいい。
ある程度わかっている場合でも、念押しをしておくと、いろいろとオイシイ情報にありつけます。

3.江ノ島の歴史関連
「堀江商店」のご主人
大鳥居を入ってすぐ左のお店です。
江戸時代から続くっていうんですから、生き字引もいいとこ。
「岩本楼」も考えられますけど、聞きやすさで「堀江商店」かな。アポなしでも、いれば教えてくれるし。

4.横浜の日本そば関連
川村屋の笠原社長
桜木町にある駅そばの経営者です。いつも年賀状、ありがとうございます。
この店の歴史は長く、すでに100年以上。
日本そばというくくりに限らず、「駅ナカの飲食店」という観点でも、いろいろな知見をさずけてくれます。

5.中華街と中華関連
横須賀にある「北京亭」の張学金店長
いまでも続けているのかわかりませんが、神奈川県中華料理業生活衛生同業組合の理事長を務めていたことには間違いありません。
あそこ、ときどきあいさつに行こうと思うんだけど、夕方からしか開いてないんです。
なので、毎回、いきなりの電話ですみません。

以上、狭域だけに、冠たる実力をお持ちの皆さんでした。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

お仕事のお問い合わせ
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

てつまる

Author:てつまる
神奈川県を中心にフリーで活動しているライターです。
超IT系を除き、医療・各士業・経営者・アスリートへの取材、アーティストプロモート(情報発信)、イベントレポなどを手がけています。

最新記事
カテゴリ
お世話になっているサイト様
最新コメント
最新トラックバック
コトバカウンター
special thanks to
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR