[1723]「ハ・メ」を外さない定期検診

~フリーランスライターがつづる、人生を楽しむヒント~

とりあえず、歯の健康診断だけは受けてみようかなと。
最近、そう考えるようになってきました。

おかげさまで10年以上、歯科医院とは無縁の生活を送っています。
ところが、いまいまの流れって、「痛くなってから治療する」のではなく、早期発見・早期治療じゃないですか。
また、習慣付いてくると、モチベーションも上がってくるそうです。
この間の先生いわく、「他人に見られるとオシャレになる、他人が見ないとズボラになる」とのこと。
歯の健康も同様で、外からのチェック機能が働くことにより、日ごろの生活が変わるのだとか。
なるほどね。

1723.jpg
特にコレといった意味の無い茶濁でございます

さらに言えば、目も必要なんじゃないかと思えてくるわけです。
こちらは、白内障・緑内障・老眼などの早期発見ですね。
じゃあ、耳鼻科どうなんだい、胃腸科は大丈夫か・・・とキリがないのですが。

歯は、食事という「生きるのに必要な行動」だから、検診を受けに行く。
目は、視覚という「得る情報の8割を占める大切な器官」だから、検診を受けに行く。

当座は、この二本立てで十分なのではないかと。
何て言うのかな、髪の長さを整える美容院感覚とでも申しましょうか。
エステ的なリラクゼーションを求めているわけじゃないんですよ。
一定のコンディションを保っておくために病院を使う。

ただし、医師のほうにも、そういう趣旨・考え方が求められます。
現状を輪切りにして「問題ないですね」と言うんじゃなくて、「いまは大丈夫でも、そのうちこうなりますよ」という観点がほしい。
だって、視力2.0の人が急に1.0になったとしたら、慌てるじゃないですか。
なのに、「0.7以上あれば、日常には不自由しないです。大丈夫ですよ」なんて言う医師がいたら、その場で首を絞めたくなっちゃいますよね。

まずは、理想の医院探しから始めますか。
あっ、そうか。死ぬほど取材しているんだっけ。
藤沢のアソコと長後のアソコ・・・かな。
いまさら、照れくささがなくもなくないですけど。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

お仕事のお問い合わせ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

てつまる

Author:てつまる
神奈川県を中心にフリーで活動しているライターです。
超IT系を除き、医療・各士業・経営者・アスリートへの取材、アーティストプロモート(情報発信)、イベントレポなどを手がけています。

最新記事
カテゴリ
お世話になっているサイト様
最新コメント
最新トラックバック
コトバカウンター
special thanks to
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR