[1178]医療とオカルトの境目、取材を受ける自己基準

~ライターとか、やってます【文章で食べていく方法】~

また、後出しで「痩身(そうしん)エステ」の取材をかまされてしまいました。
事前に知っていたら、受けなかったのに。
担当者いわく、「医師が行う医療行為なので、ダイジョブですよ」と。
あのね、ダイジョブかどうかは、コッチで決めることなの。
こうしたボタンの掛け違いってなかなか収まらないので、自分なりの取材基準を設けることにしました。

・国家資格者が、科学的根拠に基づいて、異常を「正常」にする行為
これは○です。
医師が、医学に基づいて、治療行為を行うと・・・全く問題ありません。
もし医療ミスがあった場合でも、医院のみならず、国家が責任を取ってくれる。
例えば「薬害エイズ事件」なんかが代表例でしょう。
万が一の事態が起きても、ライターは・・・あまり・・・道義的責任を感じません。

・民間資格者が、勝手なアイデアや経験則によって、「正常」を異常にする行為
もちろん×です。
無資格者が、わきの汗腺を焼き切って、人間本来の機能を働かないようにする・・・論外。
何かあったら、広告に加担したコッチの責任も取らされかねないでしょう。

1178.jpg
アンチ科学のなかには、当然、宗教も含まれます

難しいのが、両者の中間ですな。
・国家資格者が、医学に基づいて、「正常」を異常にする行為
今回の取材は、このケースだと思われるわけですよ。
正直、気持ち良くはないですよね。
すでにセッティングされちゃったので、やらないわけにはいかないんですけど。

なので、上記3条件をきちんと編プロに渡し、オールクリアなら、声がけしてもらって構わないと。
オールNGは、もちろん振るな。
○と×が交ざるようなら、事前に相談してくれと。
今後は、そういうキマリにしました。
国家資格者が、勝手な経験則や信念によって、異常を「正常」にする行為・・・でも△です。
なぜなら、医療行為と捉えられず、健康促進あるいはオカルトに類するから。
そういうサイトは、ライターの道義的責任が問われそうな気がする。

ということで、「三つのインジケーター」があれば、判断できるんじゃないかな。

国家資格者か・・・個人のミスを国家が引き受けてくれる、被害者が泣き寝入りにならない
科学的根拠に基づいているか・・・過誤の判断基準が明確
異常を正常にしているのか・・・医師のやることだから正しいとは限らない

うん、我ながら、わかりやすい目安ができました。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

お仕事のお問い合わせ
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

てつまる

Author:てつまる
神奈川県を中心にフリーで活動しているライターです。
超IT系を除き、医療・各士業・経営者・アスリートへの取材、アーティストプロモート(情報発信)、イベントレポなどを手がけています。

最新記事
カテゴリ
お世話になっているサイト様
最新コメント
最新トラックバック
コトバカウンター
special thanks to
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR