[1283]高齢者の逆走と無人トラックで埋まる、未来の自動車道

~その記事、論点ズレてませんか?【ニュースの視点】~

どうやら近い将来、貨物列車みたいなトラックの編成が、高速道路を走るようです。
人が乗っているのは先頭車両だけ。
2台目以降は、無人の自動運転車両が追尾するのだとか。
早くて来年から、実験的な試みが行われるとのこと。

それってさあ、隊列の間に入れてくれるんだよね。
高速の出口なんかが近づいてきたとき、「あっ、ここ降りなきゃじゃん」ってことがあるじゃない。
窓から手を出して「すんません」ってやっても、一連の壁が通過するだけだったりしたら、ちょっと嫌だな。
あと、どうせ遅いだろうから、追い抜くシーンが想定されますよね。
途中で「無理だ」ってなとき、臨機応変に入れてくれるんだろうか。
何だか、怖いですよ。

1283.jpg
「朝来新聞デジタル」より、全文読むにはログインが必要です

いっそのこと、高速道路脇に専用レールみたいなものを作って、トレーか何かを移動させればいいのに。トラックである必要なんて、ないじゃないですか。
ところがこの試みは、「効率的な貨物輸送」にあらず。
オリンピックに焦点を合わせた、日本の自動運転技術を世界へアピールするための、デモンストレーションなんです。

ただし、舞台と客席が一緒になっちゃっているところがネック。
いい意味で劇場効果。
悪い意味で場外乱闘。
いいよ。そんなところ、行かない。

「物流業界の運転手不足を解消する狙いがある」
というけど、それはタテマエなんでしょう。
ホンネは、自動運転技術の輸出なんじゃないかな。
高速出たらどうすんのって話もあるし、かえって車離れを加速するんじゃないだろうか。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

お仕事のお問い合わせ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

てつまる

Author:てつまる
神奈川県を中心にフリーで活動しているライターです。
超IT系を除き、医療・各士業・経営者・アスリートへの取材、アーティストプロモート(情報発信)、イベントレポなどを手がけています。

最新記事
カテゴリ
お世話になっているサイト様
最新コメント
最新トラックバック
コトバカウンター
special thanks to
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR