[1485]リンゴが赤いのは皮の部分だけ

~記事はどのようにして作られるか【取材現場の裏話】~

言葉として目に見えている部分と、そのメッセージの基となる概念は、得てして違うんじゃないだろうか。
コピーライティングをしていて、最近、そう思うようになってきました。

例えば、「おいしい笑顔が見たくて」というキャッチがあったとしますよね。
この場合、本当に店主は、人の笑顔を見たがっているんでしょうか。
「このレストラン、料理うめぇな」
という実感を持ってほしいだけじゃないでしょうか。
それをキレイな言葉で飾ると、「おいしい笑顔」になっちゃうんです。

これは、ヒアリングしていても感じるところで、
「地域に寄り添ったケアをしていきたい」
なんてセリフは、結局、「手遅れにならない段階で、医師の診察を受けろ」ってことだったりするんですよね。
病気じゃなくても、気軽に問い合わせてクレと。
それは、早期発見による予防医療の話であって、「寄り添う」からは伝わらない概念でしょ。

1485.jpg
「素材の持ち味が味わえる」のか、単なる「珍味」なのか

基になる「気持ち」をコトバに変換するとき、どこかでデフォルメが行われているはずなんです。
もしくは、ちまたで良く聞くキーワードを、よく考えずに流用する。
そうなると、リンゴの実は白いのに、皮をまとうことで、赤い果物として認識されてしまうようなことが起きる。

実は、こんなことがありました。
米軍基地に入るとき、下記のいずれかを持ってきてくださいと。

・免許証+記載印字票
・パスポート
・住民基本台帳カード(写真付)

でも、これは、リンゴの皮の部分なんです。
理由が知りたかったので基地に問い合わせたところ、
・身分を証明できるもの
・国籍が示せるもの
の2要件が「実」の部分でした。
最近の運転免許証って、プライバシーを配慮して本籍を載せていませんよね。
だから、免許証だけじゃ、不十分ということなんです。
自分は、記載印字票を取りに行くのがめんどくさくて、本籍入りの住民票にしました。
「実」がわかっているので、もちろんOKだったことは言うまでもありません。

これには後日談があり、「実」の部分が共有できていなかったため、免許証だけを持って来ちゃった人がいたんですな。
もちろん、基地には入れません。
「皮」というのか、字面だけ追ってしまうと、本質を逃すという教訓です。

ですから、「素材の持ち味が味わえるって、どういうこと?」っていう疑問を常に持っていないと。
「別に、珍しいジャガイモなんて食べる気しねぇや。ポックポクのバター乗せがほしいんだよ」という場合、ミスチョイスを起こしかねません。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

お仕事のお問い合わせ
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
プロフィール

てつまる

Author:てつまる
神奈川県を中心にフリーで活動しているライターです。
超IT系を除き、医療・各士業・経営者・アスリートへの取材、アーティストプロモート(情報発信)、イベントレポなどを手がけています。

最新記事
カテゴリ
お世話になっているサイト様
最新コメント
最新トラックバック
コトバカウンター
special thanks to
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR