[1486]「動画」は、あればいいってものでもない

~記事はどのようにして作られるか【取材現場の裏話】~

最近、取材時に動画を撮る場面が散見されてきました。
視認性に優れるというか、視聴回数はそれなりにあるみたいです。
こうした場合、ライターがタッチするのは、テロップやカンペの部分。
事前に用意することもあれば、ヒアリングの後に趣旨をまとめることもあります。

だけど、本当に動画が向いている人って、10人に2人ぐらいじゃないでしょうか。
講演のように人前でしゃべる経験が豊富な人じゃないと、子どもの発表会みたいなことになる。
カンペをガン見するし、滑舌悪いし、笑顔が怖いし。
それに、解像度の低い画で作るでしょ。
どうしても「質の悪さ」みたいなイメージが付いちゃうんですよね。

1486.jpg
強い照明がたけないから、ホワイトバランスもまちまち

このライティングでそのまま撮ると、おそらく、顔が「真っ赤」になります。
かといってブルーに振ると、窓の外や奥にあるテーブルの表面が「真っ青」になる。
スチールなら、瞬間的に強いフラッシュで飛ばせますから、色温度を一定に保てます。
動画は、それができないんですよ。
もしくは、本格的な照明を持ち込まないと。

シャベリがダメ、ライティングも悪い、顔が怖い。
・・・撮る意味あるんだろうか。
それと、カンペ無視して独自の演説が始まった場合、しゃべった言葉がそのまま載りますからね。
「お客さんの要望をそのままヤル」とか、「来てもらうと手っ取り早い」とか。
ライターをかませたテキストなら、
お客さまのご要望をストレートに反映する
ご来所いただいたほうが時間を節約できる
に直せるでしょ。
放任しておくと、地が出るんですね、どうしても。

どうなんでしょ。確かに再生回数は多いのかもしれないけど、アクションに結び付いているんだろうか。
端から見ていると、はなはだ疑問です。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

お仕事のお問い合わせ
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
プロフィール

てつまる

Author:てつまる
神奈川県を中心にフリーで活動しているライターです。
超IT系を除き、医療・各士業・経営者・アスリートへの取材、アーティストプロモート(情報発信)、イベントレポなどを手がけています。

最新記事
カテゴリ
お世話になっているサイト様
最新コメント
最新トラックバック
コトバカウンター
special thanks to
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR