[1487]マスコミ向けの発表会は、淡々と進む

~記事はどのようにして作られるか【取材現場の裏話】~

テーマパークや映画などの封切り前に、マスコミを呼んでリリースを行うことがあります。
電車の新型車両や、規模が大きいマンションなどでも行われますね。
現場では、基本的に「良いことを書いてほしい」ので、必ずといっていいほどお土産が付きます。
要は、ワイロです。
それはそれとして。

基本的な流れは、まず主催者側からのレセプションがあって、その後に質問を受け付ける形。
事件性のある記者会見などとは違って、各メディアの代表者を立てるようなことはしません。
誰でも自由に質問できます。

ただ、実際は、おざなりというか、かなり形式的に進んでいきます。
大きな理由は、自分が考える範囲で、主に2点。
一つは、文字尺の問題。
よっぽどのことがない限りそんなにスペースを割いていませんから、基本情報で事足りる。
社長の長演説も、一言二言で片付けられてしまいます。

1487.jpg
正式発表前のリハーサルの様子

もう一つは、「良い質問をしてしまうと、他のメディアにパクられる」から。
自分は駆け出しのころ、勇んでいろいろな質問をしていました。
ほかの記者たちが黙り込んでいるのを見て、「どうだ、オマエらにはできないだろう」と、うぬぼれていたんですね。
そして翌日、各社の報道に目を通すと、見事に使われているわけです。

そうなるとですね、不思議なことに、コッチがパクったと受け取られかねない。
著名な媒体に載っていることがオリジナルで、引用しているのは三流メディアのほうだと。
そういう心理が働くんでしょうね。
違うんだよ。この質問、オレがしたんだよ。

こうした事態を避けるためか、一流の記者たちは、会見が終わった後に、個別で担当者へ張り付きます。
周りが聞いている席上では、絶対にコアな質問をしない。
後々気付いたとき、「なるほどねー」と関心しました。
なので、公開質問の場で手を挙げるのはシロートさん。
人からは盗むけど、自分の腹を絶対に明かさない。そうして特ダネを打つのが、本当のプロなんです。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

お仕事のお問い合わせ
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

てつまる

Author:てつまる
神奈川県を中心にフリーで活動しているライターです。
超IT系を除き、医療・各士業・経営者・アスリートへの取材、アーティストプロモート(情報発信)、イベントレポなどを手がけています。

最新記事
カテゴリ
お世話になっているサイト様
最新コメント
最新トラックバック
コトバカウンター
special thanks to
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR