[1289]プレミアムフライデーを花金で終わらせないために

~その記事、論点ズレてませんか?【ニュースの視点】~

この3月から始まった「プレミアムフライデー」。
かつてあった「花の金曜日」と違うところは、生産効率の向上をねらった国による仕掛けであること。
だから、「らっしゃい、らっしゃい」的な民間主導とは一線を画すはず。
それだと、単なる消費誘導になっちゃいますからね。
企業による半ば強制的な「就労時間のカット」が、前面に来てなきゃおかしい。

ちなみに、「生産性」のような「性」の付く言葉は「人の気持ちを表すもの」だと考えていますから、ここでは「生産効率」で通します。
モチベーションとかやりがいのようなマインドが「生産性」。
結局、ヤル気になって生産効率が上がれば一緒なんですけど。

1289.jpg
大方の意見が集約されている『スマダン』の記事

話を戻しまして。
そうはいっても、「花の金曜日」と変わらないオチになりそうですよね。
もっと、雇用主側から仕掛けないと。

それに、消費型の場合、金曜日に忙しい商店や人が出てきちゃうじゃないですか。
「会社員」のパイを削って「個人商店」のパイに移動させているだけだと、全体で見たときに、全く変わらない。

そうじゃなくて、例えば金曜の午後は直帰奨励とか。
NPOやボランティアの活動を義務づけて、人事評価の項目にするとか。
お題目はフリーな研修・セミナーに補助金を出すとか。
そういうことで新しい生きがいや人生の目標を見つけてもらうほうが、「プレミヤム」感はありますよね。
昼からビール・・・って話じゃ、決してないと思うんですよ。

もしくは、金曜に限って、ほかの部署の仕事をやらせたらどうだろう。
それなら、夕方からビール飲んで、人事交流を深めてもいい。
最初は手間だろうけれど、長い目で見たら、生産効率が向上するんじゃないかな。
経理がわかる営業とか、現場を知っている総務とか。
部長の職能を課長にやらせたり、役員に平社員の雑務を任せたり、派遣の指示で社員が動いたり・・・そういう取り組みをしていれば、学生による就職番付も上がると思うんだけど。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

お仕事のお問い合わせ
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
プロフィール

てつまる

Author:てつまる
神奈川県を中心にフリーで活動しているライターです。
超IT系を除き、医療・各士業・経営者・アスリートへの取材、アーティストプロモート(情報発信)、イベントレポなどを手がけています。

最新記事
カテゴリ
お世話になっているサイト様
最新コメント
最新トラックバック
コトバカウンター
special thanks to
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR