[1489]神奈川県内を走る電鉄6社の取材ハードル

~記事はどのようにして作られるか【取材現場の裏話】~

むちゃブリ、史実への対応力、広報の度胸、マニアックな内容・・・。
電鉄への取材、その観点はいろいろあると思いますが、とりあえずザックリ「ひっくるめ」で考えたときの取材実現性について、個人的な感想を述べてみます。

一番相談しやすいのは、前にもどこかで書いたと思いますが、ダントツで相鉄さんです。
「県外への認知度が、まだまだ低い」という課題を抱えているため、大抵の話に乗っていただけます。
自らオモシロイ企画もやっていますしね。
とにかく「話題になろう」という気概が、良い意味でうかがえます。

江ノ電は、対応がキッパリ二分化する会社です。
沿線ネタや最新事情など、新しい話題に関してはOK。
一方、歴史的な考証になってくると難しい。
なぜなら、かつての火事で、社史のほとんどを失っているからです。
「図書館で調べられる以上のことはわからない」
という、お決まりのパターンで終わることが多いですね。

1489.jpg
市電のことは市電博物館、これは6社から除きます

一番微妙なのは東急。
歴史も古いし「いい場所」を走っているので、各地に郷土研究家がいらっしゃる。
話題によっては、電鉄より専門家に聞いたほうが早い。
本社への通し方というより、地場のコネが問われるところです。

小田急は、不思議なことに、「話題がない」んです。
あれは、なぜなんでしょうね。
イベントとか、そういうのは除きますよ。
何ていうか、動きがないというか、沿線が安定しちゃっているんですかね。

東急。
電鉄はフツーの対応ですけど、ヒエラルキーの下に位置する方々が愉快。
デパートとかエージェンシー、不動産関連などですね。
人材の厚みを感じます。
だから、電鉄本社を突破できると、後は楽。取材もおもしろいです。

最後は、言わずもがなのJR。
ハナから諦めて、ほかの突破口を探したほうが早いんじゃないですかね。
鉄道周りのNPOとか関連団体とか。
反応を待っていると、年が明けます。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

お仕事のお問い合わせ
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
プロフィール

てつまる

Author:てつまる
神奈川県を中心にフリーで活動しているライターです。
超IT系を除き、医療・各士業・経営者・アスリートへの取材、アーティストプロモート(情報発信)、イベントレポなどを手がけています。

最新記事
カテゴリ
お世話になっているサイト様
最新コメント
最新トラックバック
コトバカウンター
special thanks to
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR