[1736] 自分ファーストで他人のファーストを非難していないか

~フリーランスライターがつづる、人生を楽しむヒント~

この間、朝日新聞の副読紙に、韓国から北欧へ移住した人の話が載っていました。
その人いわく、韓国は、他人を蹴落としてまで1番を競う社会だと。
対する北欧は、隣人に対して何ができるのかを重視する社会だと。

仕事柄、クライアントの「差別化」を意識している自分にとって、ちょっとショックでしたね。
なぜなら、自分のやってきたことは、韓国型のコピーワークだったんです。
自由主義の元、競争社会を当たり前のように考え、「特徴出し」ばかり考えていました。
もしかしたら北欧型のコピーのほうが、現代社会になじむのではないでしょうか。

1736.jpg
オレがオレがの「我」をやめて、おかげおかげの「下」で生きる

例えば飲食店なら、近所の老人ホームに「柔らかくて栄養バランスの良い食事」を提供しているとか。
歯科医院でも、医師会のつながりを駆使して、「産後うつ」のNPOを紹介できるとか。
そういった地域活動的な要素を、あえて打ち出してみたらどうでしょう。

日本の人口はいずれ1億人を割り、自国のパイだけでは食っていけない状況にさしかかっていく。
そうしたなかでシェア争いに力を置いても、おのずと限度があると思うんですよ。
片意地を張っていないで、みんなで協力し合わないと。
いきなりは無理だと思いますが、それでも取材の中で、「横つながり」を意識したヒアリングをしてみようと考えています。
「先生、もう時代は、自己アピールじゃないんです。何かCSR的なコトってないですか」
っと刺して、必要性に気付かせるというのかな。

別に仕事と関係なくても、「自分は、自分は」という発想はひとまず置いておいて、「何か他人に寄与できる」ことを大切にする。
また、そうした価値の周知に配慮する。
例えば、トランプ批判は他人の否定なんですから、自分ファーストに過ぎないことを知らしめる。

どうやら、今年の大きな目標が見えてきたようです。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

お仕事のお問い合わせ
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

てつまる

Author:てつまる
神奈川県を中心にフリーで活動しているライターです。
超IT系を除き、医療・各士業・経営者・アスリートへの取材、アーティストプロモート(情報発信)、イベントレポなどを手がけています。

最新記事
カテゴリ
お世話になっているサイト様
最新コメント
最新トラックバック
コトバカウンター
special thanks to
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR