[1392] 書きコトバの同音異義語

~正解なんてない!日本語の選び方【文章作成のコツ】~

幼児と用事のような同音異義語。
文字になっていればわかるため、自分とは無縁と思っていたものの、動画原稿のニーズが増えてきたことで、気を使う必要が生じてきました。
そうじゃなくても、物書きの「ライター」と火を付ける「ライター」のようなカタカナの例だってありますしね。

そうかそうか。
いままでにない観点なので、ちょっと、とまどっています。
例えば地震と自信と自身。
「ジシンはジシンへのジシンがないときにやってくる」
書きコトバだとかえってトリッキーに使えるんですが、音声になっちゃうとね。
そうかそうか。

1392.jpg
ジシンでもゆるがない、ジシンへのジシン

これ、いくらでも出てくるようで。
例えば、強制と矯正と共生と教生と叫声。
キョウセイするのが目的で、キョウセイをキョウセイはしません。そう、キョウセイがキョウセイをあげています。

法律用語が絡み出すと、もっとややこしくなります。
排除と廃除。
ちょっと難しいところで遡及と訴求。
警鐘と敬称と軽症と継承。
使わないって、もともと無理じゃないの?

ワーディングを変えなくても、前後の文脈から判断できるようなときは、こっそり使うしかないですね。
幸いにしてケイショウで済むような努力、そのケイショウを鳴らしていくしかない。それがノウハウのケイショウにもつながるのです。
どうなんでしょ。音声になると、訳がわからなくなるんですかね。

幸いにして軽いケガで済むような努力、その注意喚起をするしかない。それがノウハウの蓄積にもつながるのです。
やはり、こういう原稿がふさわしいように思えます。
あっ、原稿は避けたほうがいいんですか。現行や言行があるから・・・はぁ。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

お仕事のお問い合わせ
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

てつまる

Author:てつまる
神奈川県を中心にフリーで活動しているライターです。
超IT系を除き、医療・各士業・経営者・アスリートへの取材、アーティストプロモート(情報発信)、イベントレポなどを手がけています。

最新記事
カテゴリ
お世話になっているサイト様
最新コメント
最新トラックバック
コトバカウンター
special thanks to
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR