[1738] 誰でも勘違いして「ライター」を名乗る

~フリーランスライターがつづる、人生を楽しむヒント~

いま考えると、ライターになったきっかけは、明らかな「勘違い」でしたね。
後悔はしてませんよ。
もちろん、これからも続けていきます。
ただし、「オレなら、もっとおもしろい文が書ける」という動機は、この世界であまり重要じゃなかったんです。
そうではなく、「求められているモノを、少しだけプラスアルファして納品する」ことが、商業ライターに欠かせない資質でした。

じゃあ、「山ガハ」でやってきたことがムダになったかというと、決してそうではありません。
最近になって思うんですが、「山ガハ」って、文章的なおもしろさはねらっていなかったんですよね。
目の前にあるフツーのことを、独自のフォーカスで「サマる」というのかな。
切り口、あるいは分析の仕方がユニークだったのではないかと。
全国のやきそばから「東湿西乾の法則」を発見したり。
グーグルの検索結果から「生駒軒の発祥地」を推測していったり。
城と神社の位置関係から「レイラインの存在」を導き出してみたり。
ニノキンも、そのノリですよね。あのシリーズは、学術書だったもの。

1738.gif

もはや、過去の遺物でございます

つまり、知らず知らずのうちに、「取材テーマの掘り出し、磨き出し」を練習していたんです。
これは、独立後の貴重な財産になりました。
言葉は不定形ですから、求められているモノを探るのに、「掘り出し、磨き出し」の技術が欠かせません。
むしろ、人が気付かないテーマでサマると、意外な真実が見えてくる。
事実、「生駒軒の発祥地」を割り出していたわけですし、「ニノキンの系統樹」を紡ぎ出していましたよね。
だから、取材先の強みを分析できる。それをロジックで説明できる。

その意味で、おもしろい文が書けるという人は、クリエイターや作家が向いているのではないでしょうか。
ライターに向いているのは、そうですね・・・例えば「言い訳がうまい人」。あるいは「あだ名を付けるのが得意な人」。
前者は、納得できるロジックによる具象化。後者は、言葉によるイメージの抽象化。
そういえば会社員時代、自分の言ったセリフが、いつの間にか人の「あだ名」になっていたことを思い出します。
あれ、ある種のキャッチコピーづくりだったんですね。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

お仕事のお問い合わせ
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
プロフィール

てつまる

Author:てつまる
神奈川県を中心にフリーで活動しているライターです。
超IT系を除き、医療・各士業・経営者・アスリートへの取材、アーティストプロモート(情報発信)、イベントレポなどを手がけています。

最新記事
カテゴリ
お世話になっているサイト様
最新コメント
最新トラックバック
コトバカウンター
special thanks to
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR