[1194] 隠れた「ライター募集」を探す方法

~ライターとか、やってます【文章で食べていく方法】~

「顧客を募集中のプロダクションへ、逆に営業したらどうなるんだろう」

そもそものきっかけは、連休前の仕事が一段落付いたこと。
G.W.に限りませんが、長期休暇の後って、しばらくヒマになるんです。
そこで、応募というのか営業というのか、いわゆる「アウトバウンド」をしてみることにしました。

ただ、「ライター募集」や「取材 インタビュー 募集」のような検索って、やり尽くしちゃったようなところがあって、なかなかアウトバウンド先が見つからないんです。
そこでフト思いついたのが、冒頭のような発想。
「ライティングの仕事自体を積極的に求めているところって、必然的に、手が足りなくなるんじゃないか」と思ったのです。

1194.jpg
花の在りかは枝先に限らず、葉の中にあって目立つ一輪

この探し方のメリットは、売値が先にわかること。
例えば、1000文字1000円で引き受けていたとしたら、どうやったって、文字1円以上の条件にはありつけないわけです。
そういうところは放っといて、「結構いい値段付けてるな」というプロダクションのみ、自主的に選べる。

ただ、敵もさるもの。
顧客向けのサイトと、ライター募集のサイトを、分けていたりします。
顧客向けのサイトから企業名で検索してポータルサイトを探し、そこからアプローチしていくのがセオリーかもしれません。
募集しているかどうかはあまり気にせず、メモ帳に控えておいた文言を、片っ端から投げかけていきます。
すると、その日にレスが来て、面会に結び付いたケースもありました。
へたに登録型で応募を受け付けているところより、キラーパスを送ったほうが、結果へ結び付きやすいのではないでしょうか。

特定の業種に特化しているところは、なおのこと、募集の有無を問わないようです。
自分の場合なら、士業と医療。
この、「三段逆スライド方式」・・・逆という言葉が使いたかっただけです・・・って、盲点でしたね。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

お仕事のお問い合わせ
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

てつまる

Author:てつまる
神奈川県を中心にフリーで活動しているライターです。
超IT系を除き、医療・各士業・経営者・アスリートへの取材、アーティストプロモート(情報発信)、イベントレポなどを手がけています。

最新記事
カテゴリ
お世話になっているサイト様
最新コメント
最新トラックバック
コトバカウンター
special thanks to
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR