[1396]「参られないと思います」が、なぜおかしいのか

~正解なんてない!日本語の選び方【文章作成のコツ】~

駅のホームで、聞くとはなしに、こんな携帯電話のやりとりが耳に入ってしまったのです。
「えーと、参られないと思います」
即座に「伺えないと思います」の間違いだと気付いたものの、どこが誤りなのか、自分でもわからなかったんですね。

まず、「参られない」の「られ」は、可能とみるべきでしょう。
つまり、「I can’t 参る」だと。
これをハズすと、残るは「参らないと思う」なんですが、何か不自然さを感じませんか。
[1378]でも書いたように、一部の謙譲語は、なぜか否定形となじまないのです。

そこで謙譲語を調べてみると、実は2種類あり、
敬意を払う相手がそこにいる場合は「謙譲語Ⅰ」、相手に対する配慮から自分がへりくだる場合は「謙譲語Ⅱ」という説明がありました。
・・・こんな、人を煙にまいたような定義は無視しましょう。
自分なりに解釈し直して、

丁寧な動作が「謙譲語Ⅰ」
相手との上下関係を明白にするのが「謙譲語Ⅱ」

という理解でいいと思います。

親子カエル
上下関係というだけの茶濁でございます

さて、話を戻します。
「参る」は謙譲語Ⅱなので、ポジショニングの宣言ですよね。
自分の位置のほうが低いですよと。

そうしておきながら、意に逆らうというのか、言うことをきかないというのか、反逆のニュアンスを含んでしまうために、「謙譲語Ⅱ+否定」がなじまないのではないか。
同じ例としては「申さない」「いたさない」などで、敬意を払っているんだか、からかっているんだか、良くわかりませんよね。

一方の「丁寧語Ⅰ」は丁寧な動作だから、丁寧なお断りができる。
「伺えません」なら、不自然感はありません。
なので、ある意味、否定形を用いるべきでないのが「謙譲語Ⅱ」・・・という定義もできるわけです。たぶん。

と、ここで、重大な事実に気付きました。
逆接で使う場合、「謙譲語Ⅱ+否定」はアリなんです。
ポジショニングの否定・・・・を逆接するわけですから、下にいることが示せます。

絶対にダメだとは「申しませんが」、おやめになったほうがいいでしょう。
命令を聞くわけには「参りませんが」、おっしゃりたいことは理解できます。

難しいな、日本語。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

お仕事のお問い合わせ
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

てつまる

Author:てつまる
神奈川県を中心にフリーで活動しているライターです。
超IT系を除き、医療・各士業・経営者・アスリートへの取材、アーティストプロモート(情報発信)、イベントレポなどを手がけています。

最新記事
カテゴリ
お世話になっているサイト様
最新コメント
最新トラックバック
コトバカウンター
special thanks to
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR