[2300]「等」の不思議な使い方、「設置等した」

~正解なんてない!日本語の選び方【文章作成のコツ】~

「等」と「など」の件。
本論へ進む前に、まずは、記者ハンの大原則から。
漢字の「等」は使わず、基本的に「など」とひらきますよと。
ただし、法律などの名称に「トウ」のヨミで使われている場合は、固有名詞扱いになります。
最近では、「テロ等準備罪」なんかで、良く耳にするところです。
また、この場合、「など」とは読みません。「てろとうじゅんびざい」が正解。

だからといって、「ミカン等(トウ)がお得ですよ」にしてはダメ。
当たり前ですけど、「ミカンなどがお得」が正解。

さはさりながら、先日、某報道が「設置等した」という表記をしていたんですね。
ヨミも「などした」でした。

普通ですよ、「設置など『を』した」って言いませんか。
つまり、「設置した」をアバウトにボカしたい場合、「等」を力業でぶっ込む使い方があるんだと。
レストランで、楽しい会話と食事などをした・・・これが普通。
レストランで、楽しい会話と食事等した・・・やっぱり、おかしいだろって。

樹木の虫食い跡
虫食い等した、樹木の表面

もともと「など」にはいいかげんなところがあって、対象物をボカしても、行為をボカしても、意味は一緒なんですね。
証拠「など」をそろえる準備が必要です。
証拠をそろえる「など」の準備が必要です。

それでいくと設置等の使い方は、対象物をボカしていることになる。
本来、設置+「する」であるところを、設置等+「する」。
設置以外のさまざまな付属行為を丸っとインクルードして+それを「する」で動詞化している。
何か、こう、ふに落ちないわけです。
ちらかったオモチャを箱へ一緒くたにまとめて、「ハイ、整理できました」・・・みたいな。

でもまあ、そのうち、業界の自主規制がかかってくると思います。
だって、どう考えたっておかしいもの。

店内には、飲食物の持ち込み等しないでください。
→店内に、飲食物などの持ち込みはしないでください。
商品を試着等する場合は、店員にお声がけください。
→商品の試着などをご希望される場合は、店員にお声がけください。

だからね、バカなんだよ、きっと。
伝わり方よりも、「こんな難しい使い方等知ってるぞ」っていう自慢を優先している。
そもそも、原則として「等」は使わないんでしょ。
業界の自主規制なんだから、守れって。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

お仕事のお問い合わせ
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

てつまる

Author:てつまる
神奈川県を中心にフリーで活動しているライターです。
超IT系を除き、医療・各士業・経営者・アスリートへの取材、アーティストプロモート(情報発信)、イベントレポなどを手がけています。

最新記事
カテゴリ
お世話になっているサイト様
最新コメント
最新トラックバック
コトバカウンター
special thanks to
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR