[807] モバイルフレンドリーその3クリック可能な要素

~スマホが変えたHTML文【ピクニックを始めたコンテンツたち】~

「モバイルフレンドリーテスト」が修正を促してきた三要素。
今度は、「クリック可能な要素が近すぎます」だってさ。
指はマウスのポイントより大きいから、その分、クリックミスをする可能性が考えられるよと。
もっと繊細にというか、ある意味、がさつ向きに作っておけと。

もうね、この辺でウンザリしてきませんか。
なんで、そこまでスマホユーザーのことをチヤホヤせないかんのか。
まあ、でも、やっていることが「モバイルフレンドリーテスト」なんですから、従わざるを得ないわけです。

ところでグーグル嬢って、クリック要素の近さを、構文的に見ているんですかね。
それとも、見た目で離れていればいいのでしょうか。
前者なら、パディングという「隙間の設定」が必要になるでしょう。
後者なら、単純に「ボタンの間へスペースを打っておけばいい」だけの話。
ウンザリ感の反抗から、まず後者でやってみることにしました。

クリック要素の比較図
上は「旧・山ガハ」のくっ付いた仕様、下は「新サイト」のスペース挿入

結果、グ嬢は、後者の処理を「離れた」と見てくれました。
なんだ、見た目でいいんだね。
直しが簡単で良かった。
とはいえ、またまた全ページをやっつけなきゃいけないんですけど。

よし、「モバイルフレンドリーテスト」、オールクリア。
ところがですね・・・。
何をどうしていたらたどり着いたのか忘れてしまったんですけど、「メディアクエリ」なるものを見つけてしまったんです。

たびたびの繰り返しになりますが、今今のサイトは、ページごとのデザインをしないんだよと。
素材だけ置いておいて、その配置は端末に任せるんだよと。
そういうことでしたよね。

ところが、「メディアクエリ」という方法(?)なら、端末の幅によって、読み込ませるCSSを変えられるらしい。
つまり、PC用にデザインしたCSSと、スマホ用にデザインしたCSSを、併用することができるんです。
何それ、早く言ってよ。
「モバイルフレンドリーテスト」で嫌々やっていた修正は、片一方だけでいいってことじゃない。
それにさ、根源にあった「ユニバーサルデザイン」の発想って、ドコ行っちゃったわけ?
そもそもCSSって、素材をテーブル枠へ閉じ込めずに、ピクニックさせることが目的でしょ?
やってることが、訳わからん。

ということで、次回は「メディアクエリ」のお話です。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

お仕事のお問い合わせ
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
プロフィール

てつまる

Author:てつまる
神奈川県を中心にフリーで活動しているライターです。
超IT系を除き、医療・各士業・経営者・アスリートへの取材、アーティストプロモート(情報発信)、イベントレポなどを手がけています。

最新記事
カテゴリ
お世話になっているサイト様
最新コメント
最新トラックバック
コトバカウンター
special thanks to
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR