[2101] 歯科医院の蝸牛考、人を診るのか技術を追うのか

~ライターとか、やってます【文章で食べていく方法】~

半分オカルトではありますが・・・。
どうやら、大阪や仙台などの中核都市にある歯科医院ほど、人に寄り添ったスタンスを取っているのではないかと。
東京、あるいは北海道や九州では、技術を優先しているように思えます。
もちろん、ザックリの話です。

つまり、似た治療スタンスがドーナッツ状に分布しているんですね。
このような状態を国木田先生は、カタツムリになぞらえ、「蝸牛考」と名付けました。
ただし、本当の「蝸牛考」はちょっと違います。
首都から地方への傾斜が下り坂一辺倒で、登り始めるということはない。
その点、歯科医院の蝸牛考は、首都と遠隔地の「技術」と中間都市の「人」による二重構造。
これは、どうしてなんでしょう。

花時計
蝸牛考イメージとしての同心円、花時計です

首都は、わかりやすい。
競争が激しい分、期待度も高くなるから、一昔前の設備では見向きもされない。
よって、技術・設備偏重にならざるを得ない。

飛んで、北海道や九州。
おそらくですけど、「東京都同じ環境」ということが誘客要因になっているんでしょう。
テレビや冊子などで紹介されている最先端の環境が、我が町でも可能なんだと。

じゃあ、大阪や仙台などの中核都市はどうなのか。
なかには、ロッジ風の外観を備えた「癒やし系」の歯科医院があったりするんです。
また、院内設備の拡充よりも、訪問診療に力を入れていたりする。
これには、「地元を優先しないとやっていけない」という台所事情もあるでしょう。
しかし、何て言うのかな、東京を見ていない独自感があるんですよね。無視というより、アイデンティティという感じ。
都会の事情を知っていてなお、「オレらには、オレらの理念がある」という姿勢。

お年寄りが多いとか、地域コミュニケーションが密だとか、理由を探そうと思えばいくらでもあるでしょう。
でも、そういうコトじゃない気がします。
自分で正解を探していった結果、「人」になった・・・という感じかな。

他方、都市や遠隔地は、正解を人から得ようとして「技術」に目が向いた。
都市なら海外や学会など。
遠隔地は、そのものズバリ、都市です。
繰り返しになりますけど、この考えは「オカルト」に過ぎません。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

お仕事のお問い合わせ
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
プロフィール

てつまる

Author:てつまる
神奈川県を中心にフリーで活動しているライターです。
超IT系を除き、医療・各士業・経営者・アスリートへの取材、アーティストプロモート(情報発信)、イベントレポなどを手がけています。

最新記事
カテゴリ
お世話になっているサイト様
最新コメント
最新トラックバック
コトバカウンター
special thanks to
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR