[2301] あなたが知りたい、あなたを知りたい

~正解なんてない!日本語の選び方【文章作成のコツ】~

別に「あなた」じゃなくても良かったんですけどね。
適当なコトバが思いつかなかったもので。
本題は、くどいようですけど、助詞のカブリについてです。

主格の「が」と目的格の「を」は、場合によって互換できるんです。
本当の目的「が」知りたい
本当の目的「を」知りたい
ただ、実際の場面では、前後のカブリだけで使い分けていました。

その手紙に書かれていたの「が」、本当の目的「を」知りたいという想いだった
黙っていれば済むもの「を」、本当の目的「が」知りたいと言ってしまった

これがライターの仕事だろうと。
でも、実際のところ、不思議で不思議でしょうがなかったんです。
なんで主格と目的格の助詞「が」入れ替えられるんだ。
なんで主格と目的格の助詞「を」入れ替えられるんだ。

2301.jpg
お堀が眺められる、お堀を眺められる

そこで辞書を調べてみたらですね、なんと、「が」にも対象を表す使い方があるとのこと。
てっきり、主格明示一本だと思っていました。
そうなると、

その手紙に書かれていたの「が」、本当の目的「が」知りたいという想いだった

でも合っていることになります。
もちろん、商業文では使いませんよ。金もらっているんですから、シロートみたいな作文は戒めるべき。
ただ、どうしても避けられない事態というのがあって、ソイツにつかまると、長時間苦しめられるわけです。
しょうがないので、前半をやたら短い文で区切ったりして対応していました。

これから、どうしようかな。
不自然さを感じない限り、あえて「がが文」「はが文」も取り入れてみようかな。
まっ、でも、荒削りさというかみっともなさは残りますよね。

その砂には、「あなたのことが知りたい」と書かれていた・・・「はが文」。
その目が、「あなたのことが知りたい」と言っていた・・・「がが文」。

「は」は繰り返し書いているとおり「条件付け」ですからね。一概に「はが文」をダメとは言えません。
自分も、最近になって容認し始めています。
一方、「がが文」はアレルギーあるな、やっぱり。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

お仕事のお問い合わせ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

てつまる

Author:てつまる
神奈川県を中心にフリーで活動しているライターです。
超IT系を除き、医療・各士業・経営者・アスリートへの取材、アーティストプロモート(情報発信)、イベントレポなどを手がけています。

最新記事
カテゴリ
お世話になっているサイト様
最新コメント
最新トラックバック
コトバカウンター
special thanks to
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR