[1747] 母国語はあえて勉強しないから・・・身近にあふれる誤用の一例

~フリーランスライターがつづる、人生を楽しむヒント~

正しい日本語がわかっていて、そのうえで使いきれている人って、半分もいないのではないでしょうか。
かく言う自分も、「山ガハ」で乱文をまき散らしておりました。
しかし、文を書いてお金をもらう立場になると、ちょっとしたことが気にかかってしまうのです。

北海道「へ」行ったのと、北海道「に」行ったのでは、何が違うのか。
理由「が」知りたいと、理由「を」知りたいは、どう使い分けるのか。

コトバは記号ですから、助詞が異なれば、その意味するところも違ってくるはず。
本来なら、ニホンゴというルールに従って、コーディングされるべきでしょう。
それが感覚値でてきてしまうので、属人化や誤用を生んでしまうわけです。

1747.jpg
上限が瓦一枚、下限が雨どい・・・小っちゃな仕事の専門業者

「から・まで」というのは、上限と下限、あるいは始点と終点を表す記号ですよね。
このコピーは、「小」から「小」までで完結しちゃっているんです。
おそらく、「ビルのような大規模工事から」という「大」の部分が省略されているのでしょう。
その始点があって、はじめて「小さなことまで」が生きてくる。
そんなこと「まで」施工してくれるんだと。

でも、これじゃあ、スタートが小ですもんね。
後半の「まで」に引っ張られて、前半に「から」を付けてみたものの、よく見たらダブルのミニサイズ。
こんなコピーを堂々と付けていたらダメですよ。
ライターが書かなかったのかな。社長の一言・・・みたいな話なのかもしれません。
だとすれば属人化。ニホンゴという共通ルールにのっとっていないわけです。

こうした誤用は、街のあちこちで見受けられます。
なのに、誰も気にしない。気にできない。
また、いわゆるセンセーが書いたサイトやブログって、スゴイんですよ。
超属人化。
ダメだって、そんなテキストさらしたら。
でもって、客が集まるというのが不思議。
ライターって、何ダロ。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

お仕事のお問い合わせ
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

てつまる

Author:てつまる
神奈川県を中心にフリーで活動しているライターです。
超IT系を除き、医療・各士業・経営者・アスリートへの取材、アーティストプロモート(情報発信)、イベントレポなどを手がけています。

最新記事
カテゴリ
お世話になっているサイト様
最新コメント
最新トラックバック
コトバカウンター
special thanks to
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR