[2302] 小学校1年に習った「出る」は、もう、使わないのか

~正解なんてない!日本語の選び方【文章作成のコツ】~

読売新聞はときどき、「出る」を「でる」にしてくるんですね。
自分は、「ください」や「いただきます」のような副詞的使用の問題だと思っていました。
オバケが出るとか、出るくいは打たれるとか、そういう本来の動作は「出る」。
傾きだしたとか、ウグイスが鳴きだしたとか、主たる動きじゃないときは「でる」。
ところが、そういう話でもないらしい。
1日の朝刊では、「映し出した」になっていましたからね。
頼りの記者ハンも、両方の変格候補を「出して」きます。

確かに、申し出た、進み出た、飛び出したあたりのステップ系は、「出る」のような気もするんです。
一方、雷が鳴りだした、徐々に走りだす、食べだすといったスタート系は、「出る」である必要がない。考えてみれば、「食べ出す」って、わけわかんないじゃないですか。

2302.jpg
こういうのは、めんどくさいから「デター」でいい

持ち出す・・・inとout、出し入れでいえば「出る」かな。
セーターを着だす・・・「着出す」だと、チャクシュツと読みかねない、それにスタート系。
炊きだし・炊きだす・・・この場合の「出す」って何だろう。
このように、「迷いだす」ことがあるわけですよ・・・強引に使ってますけど。

妥協点として、スタート系のみ「だす」にしておくのもアリです。
これだと、「張り出した」と「張りだした」が、使い分けられます。まあ、誤解を避けるために、「張り始めた」とかにすべきなんでしょうけど。

ああ、変換がメンドイ。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

お仕事のお問い合わせ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

てつまる

Author:てつまる
神奈川県を中心にフリーで活動しているライターです。
超IT系を除き、医療・各士業・経営者・アスリートへの取材、アーティストプロモート(情報発信)、イベントレポなどを手がけています。

最新記事
カテゴリ
お世話になっているサイト様
最新コメント
最新トラックバック
コトバカウンター
special thanks to
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR