[1748] 警戒してほえる犬への、正しいアプローチ方法

~フリーランスライターがつづる、人生を楽しむヒント~

初めて会う人には、きちんとしたあいさつが必要。
このことは、犬にもいえることなんです。

まずは自己紹介。
といっても、コトバは理解できませんから、代わりに嗅覚へあいさつします。
ガブっとやられるとナニですから、まずは、固い手の甲側がいいでしょう。
犬の鼻の前へ、ゆっくりと差し出します。
すると、大抵はクンクしてくれるはずです。

そしたら、手を返して手のひらを上にする。今度は、味覚へのあいさつです。
人間の汗には、さまざまな情報が含まれているので、名刺代わりにうってつけなんですね。
ここでペロっとしてくれたら、しめたもの。
頭を軽くなでるくらいは、不承不承かもしれないですけど、受け入れてくれます。

1748.jpg
適切な画像がなかったもので、想像上のおいぬ様でございます

対する、猫へのアプローチはどうか。
かつて、猫の島と化している江ノ島で、リサーチしたことがありました。
結論からすると、定見のようなものはありません。
作法というのか、パターン化していないんですね。ネコさんは。
なので、こちらから近づくプッシュ型はやめて、ひたすら待つプル型がいいでしょう。
ヒトが好きな猫なら、向こうから寄ってきて、体のあちこちをなすりつけてきます。
メスの場合は、お尻をコッチに向けてスタンバッてくれます。
ご期待には添えませんけど。

自分の場合、どちらかというと猫好きなので、ヒザに乗ってくるようなこともあります。
例えば、ローカル駅のベンチで、電車を待っているときなどです。特に冬が多いかな。
きっと、温かい座布団なんでしょう。
こういう場合は、なでたりせず、放置が一番。
安心して、眠りこけてくれます。
お互いのことをわかって過度な接触をしないというのか、変な信頼感が生まれますよね。
これが正しい、猫へのアプローチ。
ただ、電車が入ってきても、身動きできなくなりますが。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

お仕事のお問い合わせ
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
プロフィール

てつまる

Author:てつまる
神奈川県を中心にフリーで活動しているライターです。
超IT系を除き、医療・各士業・経営者・アスリートへの取材、アーティストプロモート(情報発信)、イベントレポなどを手がけています。

最新記事
カテゴリ
お世話になっているサイト様
最新コメント
最新トラックバック
コトバカウンター
special thanks to
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR