[2304]「たり」の重複ルールが使いにくい場合の代替語

~正解なんてない!日本語の選び方【文章作成のコツ】~

繰り返して使うのが原則の「たり」。
サ変の動詞で用いると、どうもシーシーしちゃうんですよね。
「したりする」という部分がどうしても避けられない。

「追加したり変更したりするときに重宝します」

そこで最近、多用しているのが「あるいは」です。

「追加する、あるいは変更するときに便利です」
「追加、あるいは変更の場面で重宝します」

「または」でもいいんですが、「あるいは」のほうがソレっぽくなる。
評論家が使っていそうなコトバですもんね。
それに、文頭で「また、」を使っていると、知らずに重複している場合があるんです。

「また、追加、または変更の場面でも重宝します」
よって、「あるいは」が一番使いやすい。

宇宙食のヨーカンとタコヤキ
宇宙食の一例として、ヨーカン、あるいはタコヤキなどが挙げられる

「あるいは」の後に「、」を打つ人もいるようですが、読点だらけになるのも何なので、自分は使いません。
ただ、「たり」にも捨てがたいところがあって、ニュアンスをボカせるんですよね。
「吸ったりもんだりできます」と聞くと、それ以外のこともできるような気がしてくる。
「吸う、あるいはもむことが可能」だと、できることが限られる。

また、商業文では使わないものの、シングルたりって、意外と好きだったりします。
明言を避けられるというのか、トーンが柔らかくなったりしますよね。

話しを戻して「あるいは」。
結構、目につくコトバなので、多用できないところが玉に傷。
そこで、ときどき、まんま並列という技を使うことがあります。

「例えば、小腹がすいたときにちょっと食べる、朝ご飯の代わりとして空腹を満たす、そんな使い方が考えられます」

要は、「したりする」っていう部分に、ものすごいアレルギーを感じてしまうんです。
文字のムダというのか、工夫のなさというのか。
文字のムダ、あるいは工夫のなさというのか。
文字をムダにしていたり、工夫のなさが露見したりするというのか。
ね。変でしょ、やっぱり。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

お仕事のお問い合わせ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

てつまる

Author:てつまる
神奈川県を中心にフリーで活動しているライターです。
超IT系を除き、医療・各士業・経営者・アスリートへの取材、アーティストプロモート(情報発信)、イベントレポなどを手がけています。

最新記事
カテゴリ
お世話になっているサイト様
最新コメント
最新トラックバック
コトバカウンター
special thanks to
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR