[2305] トリバゴのサブリミナル効果を企画書で使ってみた

~正解なんてない!日本語の選び方【文章作成のコツ】~

「ホテル? トリバゴ!」ってCFがありますよね。
あれを見ていたら、かつて隆盛を極めたサブリミナル効果じゃないかと思えてきたわけです。
「バザールでこざーる」のような、社名やサービス名のインプリンティングというのか。
大阪電通の得意技として有名でしたっけ。
あの、忘れていた流れが、再び時を経てよみがえってきたなと。

そこで、たまたま手掛けていたホワイトペーパーに流用してみようと思いつきました。
企画書の端々で、「ホテル? トリバゴ!」をやってしまえと。
ただ、テレビと違って音声は出ないので、フキダシが必要。
そうなると、誰にしゃべらせるのかが問われますよね。

サブリミナルっぽいイラスト
別に、赤城乳業のホワイトペーパーを手掛けていたわけではありません

フォントのなかには、「字」の代わりに、「絵」を対応させているものがあります。
今回目を付けたのは、そのなかのひとつ、Vacation MTです。
山ガハ時代から、結構、お世話になっています。
この、小文字「r」を使ってみることにしました。

もともとはボールをナニしていたのに、ハイタッチ風なトーンへ変わりましたよね。
もちろん、好ましい偶然です。
ただ、そのままQ数を大きくしても機種依存の可能性がありますから、画像扱いにしないといけない。
ついでに外枠を消して、フキダシを付ければ完成。

これ、何でもいけます。
「家電? パナソニック!」
「ケチャップ? デルモンテ!」
「出金伝票? コクヨ!」

こんなサブリミナルを全ページに付けたら、嫌でもサービス名を覚えるんじゃないかと。
企画や仕様に関心を持ってもらったところで、肝心のサービス名が記憶に残ってなければ、意味ないじゃないですか。

この作業をやっていて感じたんですが、サービス名は「4文字以内」がベスト。
ちなみに、このときは11文字でした。
もうね、全然もたついちゃってダメなんですよ。
仮に、11文字の例として「マーズパスファインダー」としましょうか。

「火星探査? マーズパスファインダー!」
「ホテル? トリバゴ!」

重たくって、サブリミナルにならないでしょ。
ですからね、商品の名前を付けるときは、よくよく考えてください。
「4文字以内」かどうかで、取れる広告戦略が変わってきます。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

お仕事のお問い合わせ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

てつまる

Author:てつまる
神奈川県を中心にフリーで活動しているライターです。
超IT系を除き、医療・各士業・経営者・アスリートへの取材、アーティストプロモート(情報発信)、イベントレポなどを手がけています。

最新記事
カテゴリ
お世話になっているサイト様
最新コメント
最新トラックバック
コトバカウンター
special thanks to
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR