[2421] ド定番を避けた観光案内

~記事はどのようにして作られるか【取材現場の裏話】~

連載を持っている映画のロケ地紹介。
4月号のお題は、「停電で都市機能を失った東京から脱出する家族の物語」だそうです。
これ以上は書けません。
事前情報によれば、実際の撮影が行われたのは仙台らしいですな。
さて、あなたなら、どうやって観光案内を組み立てます?
フツーにやってたらフツーのライターです。
連載を任されているからには、ウナルような構成にしないと。

自分がまず行ったのは、「仙台」というキーワードで検索をかけてみることでした。あえて、観光に絞りません。
すると、「仙台宣言」なるものを発見。
国連は、防災に関する世界会議で策定したガイドラインに、仙台の名前を冠したようです。
その背景には、東日本大震災があったんでしょう。
なるほどね。
映画には「避難時のサバイバル」的な要素もありますし、防災目線で見た「杜の都」という切り口にしてみましょうか。

仙台駅
それでいて、ある程度の定番スポットに触れる必要もある

いろいろと調べていくと、どうやら仙台市は、街の緑を「インフラ」と位置づけている。
イザとなれば避難もできるし、道路がふさがれたときの移動経路にも使えると。
よし、ケヤキ並木が見事な「定禅寺通」、この方向でイタダキました。

次は仙台城跡。
これは簡単。東日本大震災で崩れた石垣の復刻と絡めればいい。
自然の猛威は怖いけど、人知もあなどれないよね。感心するよね。

広瀬川もいっときましょうか。水害関係の何かが出てくるかもしれない。
そう思って、若葉区にある某防災系のスポットに電話したところ、オモシロイ事実が聞けました。
ここでは書けませんが・・・そんな広瀬川のウラ話を知りたかったら、この防災系スポットへ・・・的な流れで、合計4箇所の紹介完了。
牛タンとずんだは、記事と別のくくり枠で触れておく。
さすがに、防災とはくっつけられませんでした。

うん、映画のテーマに沿った、いい特集が書けたんじゃないかな。
撮影が行われたロケ場所には一個も触れてないですけど。
だって、「都内の環八に見立てた、ビルの並ぶ広域道路」なんて紹介したって、オモシロクないじゃないですか。
他方、ありきたりな「見逃せないマストスポット○選」にもなっていない。
それでいて、さらっと定番に触れている。
加えて、意識の高い家族に受けそうな内容。「仙台、行ってみるか」と。

所要時間4時間。フィーはそこそこ。まいどっ。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

お仕事のお問い合わせ
カレンダー
05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

てつまる

Author:てつまる
神奈川県を中心にフリーで活動しているライターです。
超IT系を除き、医療・各士業・経営者・アスリートへの取材、アーティストプロモート(情報発信)、イベントレポなどを手がけています。

最新記事
カテゴリ
お世話になっているサイト様
最新コメント
最新トラックバック
コトバカウンター
special thanks to
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR