FC2ブログ

[1780] 人前でキンチョーして、汗びっしょになる人へ

~フリーランスライターがつづる、人生を楽しむヒント~

おそらく、どこかに、演じようとしている自分がいるんだと思います。

「うまくいかなかったらどうしよう」
「何かマズイことを言って、怒られたらどうしよう」

あなたが想定しているのは、こうした地雷を踏まない超スーパーマン。
でも、それが実像と異なるから、「メッキが剥がれないように」とあせる。

自分も、新卒のころはそうでした。
それが、ある程度落ち着いてきたのは、30代に入ってからですかね。
あんまり、会社や仕事のことを考えなくなってきたんです。
商談中は、あくまで個人の主観や一般則で話す。
「それが目的だったら、ウチのサービスは向いていません。他社の○○のほうがいいんじゃないっすか」
みたいなことを、平気で言っていましたから。
つまり、台本を捨てちゃったんです。全部、アドリブ。
素の個人で向き合うというのか、偽ってバイアスをかけないというのか、真実を言ってんだからどうしようもないだろ・・・みたいな開き直り。
これができたとき、キンチョーもしなくなりましたし、逆に信頼を得ることができたと考えています。

白いポスト
世の中のポストが、すべて赤いとは限らない

もうひとつ気付いたのは、「自分が言っている事にせよ、顧客が言っている事にせよ、それが絶対に正しいとは限らない」ということでした。
むしろ、世界は虚像でできているようなところがある。
例えば、白いポストだって、あり得るんです。それを知らずにギロンをしていても、らちが開かない。

思い込みによるミスや間違いは、起こり得ます。
それを完璧に廃除するのは不可能。
であれば、「なぜ、ポストが白かったのか」という理由を共有して、次につなげればいいだけの話じゃないですか。
むしろ、謝っちゃったりするから、「ポストは赤い」という虚像が是正されず、同じミスを繰り返す。
考えようによっては、「白いポスト」を利用して、新たなビジネスができるかもしれない。

「うまくいかなかったらどうしよう」

そうじゃないでしょ。
うまくいかない場面なんてのは、ちょくちょく登場するんです。
このとき大切なのは、虚像を実像にできるチャンスとして捉えること。
真実は、どのような場面でも無敵ですから。
うまくいっていない原因を調べ、あけすけに報告して、次へつなげる。
ほら、業務体質が高まったじゃないですか。

雨降って、地固まる・・・というのか。
雨が降ったことを悔やんだって、何にもならないでしょ。
ミスは起こるもの。避けるものじゃないんです。
そこまで達観できたとき、あんまり緊張しなくなりましたね。
もちろん、地が固まっている分ミスは減っていますし、クライアントとの相互理解も深まっている。虚像が薄れているわけですよ。
くどいですけど、スーパーマンを演じちゃってるから、無理がかかっているんだと思います。

てなことを昨日、取材に同行した汗びっしょの編プロ営業へ話してあげました。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

お仕事のお問い合わせ
カレンダー
08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
プロフィール

てつまる

Author:てつまる
神奈川県を中心にフリーで活動しているライターです。
超IT系を除き、医療・各士業・経営者・アスリートへの取材、アーティストプロモート(情報発信)、イベントレポなどを手がけています。

最新記事
カテゴリ
お世話になっているサイト様
最新コメント
最新トラックバック
コトバカウンター
special thanks to
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR