[2431] 詰め込む技術と、付け足す技術

~記事はどのようにして作られるか【取材現場の裏話】~

紙媒体には、そこそこ厳密な文字数指定があります。
限られたスペースですからね。
ただし、文字の折り返しによって多少の幅が許されます。
例えば「15文字折り返し」なら、1行の許容幅は1文字から15文字。
それが「そこそこ」の意味です。細かなことですが。

さて、取材を元にした場合、限られたスペースに何を入れ込むかが問われます。
コッチを入れれば、アチラがはみ出る。
しかし、よくよく自分のテキストを見てみると、内容が一部カブっていたりするんですよね。
このテキストでも、「限られたスペース」「折り返し」的な部分が重複しています。
ですから、これ以上は無理と思っても、やりようによっては削って突っ込める。
もちろん、「力石徹レベルのダイエット」が必要なんですけど。

この、ムダの一切ない原稿ができたときって、自分ながらに感動しますよね。
「うぉー、1100文字ピッタリ、すげぇ」
なんて。

ビスケットの詰め合わせ
「詰め込む」という茶濁でございます

ところが・・・、
言うに事欠いて・・・、
進行して1カ月がたとうとするこの時期・・・、
「判型変更」というキビシー連絡が入って参りました。

B5変形からA4になるんだってさ。
これがどういうことかと言うと、文字数が変わるって話なんです。
もちろん、ただの目延ばしで終わる可能性もある。
その辺は、デザイナーの気分次第ですな。

あのねー、今までやってきた苦労を、ちょっとは知ってほしいわけ。
もちろん知ってはいるんだろうけど、コッチは「蛇口を縛り、リンゴすら我慢して」仕上げているのよ。
なんのことだかわかんない人は、わかんないでしょうけど。
ザックリいうと、ダイエットし過ぎちゃったから、肉食べて戻すみたいな感じです。
付け足されるのはぜい肉。蛇足感タップシ。
独立した1項目を丸っと追加できればいいんですが、そこまでの文字数はない。
詰め込む技術は腕だけど、付け足す技術ってコジツケなんですよね。
あのさ、写真大きくしてごまかせない?
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

お仕事のお問い合わせ
カレンダー
06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

てつまる

Author:てつまる
神奈川県を中心にフリーで活動しているライターです。
超IT系を除き、医療・各士業・経営者・アスリートへの取材、アーティストプロモート(情報発信)、イベントレポなどを手がけています。

最新記事
カテゴリ
お世話になっているサイト様
最新コメント
最新トラックバック
コトバカウンター
special thanks to
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR