FC2ブログ

[1792] 電波に乗せられない髪型

~フリーランスライターがつづる、人生を楽しむヒント~

この間、髪を切ってもらっているときに、
「ツーブロックなんてどうですか」
と勧められて、心底ビックリしました。
なぜなら、ちょうどそのとき、ヘアスタイルのことを考えていたからなんです。

ここで話はいったんズレます。
医師が考えるベストな治療と、患者が考えるベストな治療は、得てして一致していません。
このとき、医師の考えを押しつけ過ぎると通院がめんどくなり、かえって健康な状態から離れてしまいます。
他方、患者におもねりすぎると、それはそれで本来の医療が貫けません。
日ごろのインタビューを通じて、良く耳にするジレンマです。

これって、ヘアスタイルにも言えることなんじゃないでしょうか。
いわゆるセンセーと呼ばれる人に変な髪型が多いのは、この後者のパターンが関係しているのかもしれません。
あの現象は、専門家・・・というか美容師・理容師さんが御用聞きになっているせいで、間違った方向へ進んだ結果なんだと。
仕事柄、まさにそんなことを考えていました。

大船観音の頭部
髪型・・・という茶濁でございます

外部の風を上手に取り入れてこそ、世間との平衡が保てる。
美容師・理容師さんは多くの髪型を見てきたんだから、むしろ、そのススメに従うべきではないか。
ヘアスタイルは、ひょっとすると、注文するべきモノではないな。
医療と同様、場合によってはお任せするものなんだな。
ホント偶然なんですけど、自分の思考は、そんな結論を導き出していたんです。

そんなさなかの「ツーブロック」。
ツーブロックというインパクトより、思考のシンクロニシティにビックリしました。
だけど、この年でイメチェンって、キツイぞ。
いやいや、その発想が、電波に乗せられない髪型を生むんだって。
ちなみに、自分では、そう思ってないですけど。

それと同時に、専門家のアドバイスって、どこまでの根拠やエビデンツがあってのことなんだ・・・という懸念もありました。
思いつきで言われていたとしたら、かなわんなと。
イメージ商売なので、直感的になる部分はいたしかたないにしても。
51歳で、頭をかきながら「やられちゃいました」なんて、言えないじゃないですか。

ここまでの経過時間、約3秒。
結論、暫時、見送り。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

お仕事のお問い合わせ
カレンダー
08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
プロフィール

てつまる

Author:てつまる
神奈川県を中心にフリーで活動しているライターです。
超IT系を除き、医療・各士業・経営者・アスリートへの取材、アーティストプロモート(情報発信)、イベントレポなどを手がけています。

最新記事
カテゴリ
お世話になっているサイト様
最新コメント
最新トラックバック
コトバカウンター
special thanks to
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR