[2147] 使えるライターの資質-もう、その何回目かⅡ-

~ライターとか、やってます【文章で食べていく方法】~

月曜日のテーマ、「文章で食べていく方法」です。
スキル系の解説に終始しているサイトやブログが多いなか、今回は、別の視点を追ってみようかと。
別の視点というのは、直接、文章に関わらない項目です。

例えば、「病気などで、穴を空けない」。
体調管理には自信があるので、得意とするところです。
事実、当所は二人のライターで隔月担当していたものの、結局、ほぼ毎月書いているメディアがあります。
大手は、こういうリスク分散を結構、やってくるもの。
でも、あのライターには要らないねと。
年6回の発注が年10回になったとしたら、十分にフィーの加増要因です。

あるいは、「絶対、遅刻をしない」。
仮に、予定時間10分前の待ち合わせだとしましょう。
自分は、10分前集合の、さらに10分前を目指します。
待ち合わせ時刻の遅刻も、遅刻だからです。
悪天候やダイヤの乱れが予想されるときは、もう10分早く出ます。

乙女という地の乙女柿
早く着きすぎたら、地元の銘菓で一服

実は、長いライター人生の中で、遅刻が1回だけありました。
間違って、隣の駅で降りちゃったのです。
慌てて次の電車に飛び乗ったものの、良く見たら、その駅で合っていたというオチ。
逆に、スタッフが誰も来ないので一人で始めた例は、ゴマンとあります。
これも、指名を受けるコツのひとつ。
あの人に任せとけば、イザというときでも大丈夫・・・そんな信頼感ですよね。

これに関連して、「現場を仕切れる」というのも、強いフックになります。
ピンで取材を進められるし、画像も撮れる。
カメラマンが付いていたとしても、記事に合わせた作画の指示が出せる。
喜んでくれるのは、2タイプの営業です。
現場へ顔を出すより営業をしたい人と、何をしていいのかわからない新人クン。
とくに後者は、インプリンティングができてしまうと、頼りっきりになりますよね。
なので、同じ人からの指名率が上がります。

ほか、一応「ファシリテーター」の民間資格を持っているので、打合せに呼ばれることも多いですね。
さすがに他社の会議をファシラないですけど、ギロンが拡散しちゃっているときなんかは、多少、まとめに入ります。
ライティングの依頼は当然。
企画段階から背景が追えているので、目的を見失いません。
以上、スキルに限らず、人間性みたいなところも大切だというお話でした。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

お仕事のお問い合わせ
カレンダー
06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

てつまる

Author:てつまる
神奈川県を中心にフリーで活動しているライターです。
超IT系を除き、医療・各士業・経営者・アスリートへの取材、アーティストプロモート(情報発信)、イベントレポなどを手がけています。

最新記事
カテゴリ
お世話になっているサイト様
最新コメント
最新トラックバック
コトバカウンター
special thanks to
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR