[2249] 日大いじめ、悪者を創り出していく日本の構図

~その記事、論点ズレてませんか?【ニュースの視点】~

例のアメフト事件。
一連の報道を見ていて「怖い」と思ったのは、あらゆるメディアが同じ論調を繰り返していることです。
自分がその場で聞いていたわけでもないのに、日大を悪者へ仕立て上げ、日ごとに膨らませていく展開。これって、集団イジメの構図じゃないですか。
断っておきますけど、内田前監督を擁護する意図はありません。
ただ、均一思考に耐えられないので、あえて違った見方でもしてみようかなと。

まず、悪質とかルールの範疇外とかいわれているタックル。
あれ、15ヤードの罰退が定められているんですよね。ってことは「ルール内」じゃないですか。
そういうプレーが想定されているから、ペナルティを決め、試合の中でチャラにしているわけでしょ。
それをグラウンドの外に持ち出すのはおかしい。

日大記事まとめ、読売新聞
まとめ記事一例としての「YOMIURI ON LINE」

また、あんなことを許していたらスポーツが成り立たないという議論も、良くわかりません。
相手へ意図的にケガをさせたら、スポーツじゃないんでしょうか。
じゃあ、ボクシングって何。日本の国技であるお相撲は? サッカーのハードチャージって犯罪ですか。
傷害罪の概念で見ることのほうが、むしろスポーツを成り立たせなくするんじゃないの。
その境目はルールにあるんだろうけれど、ある意味ルールで定められているのがレイトタックルですよね。
マイク・タイソンが相手の耳にかじりついたのとは、ワケが違う。

健全な議論の方向は、「危険なレイトタックルを、15ヤードの罰退なんかにしていていいの?」だと思うんですよ。
それなら、筋が通る。
お茶の間受けしそうで安易な論調を良く考えもせずしゃべっているほうが、筋違い。
そう、思うんですけどね。

この均一思考があるから、日大も動けなくなっている。
だって、もはや何を言っても、悪く解釈されちゃうでしょ。
この段階になると、「公明正大な見解を聞きたい」というのはタテマエで、実質「イジメのネタ探し」ですよね。
言葉の節々をつかまえて、悪い方へ悪い方へと誘導している。
それが、何ていうか、「怖い」んですよ。
この国では、ああなったら最後。マスコミと国民意識が一体となって、イジメに走る。

前にも書きましたが、犯人捜しより、制度へ落とし込むことを優先しないと、同じ議論の繰り返しに終始します。
「危険なレイトタックルをしたら、即刻、試合没収」
そうルールが変わったら、少なくとも、再発防止の一助になるはずなんですけどね。
相変わらず犯人捜しとイジメ。
たぶん同じことが起こるでしょうよ。いずれ。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

お仕事のお問い合わせ
カレンダー
06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

てつまる

Author:てつまる
神奈川県を中心にフリーで活動しているライターです。
超IT系を除き、医療・各士業・経営者・アスリートへの取材、アーティストプロモート(情報発信)、イベントレポなどを手がけています。

最新記事
カテゴリ
お世話になっているサイト様
最新コメント
最新トラックバック
コトバカウンター
special thanks to
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR