FC2ブログ

[2250] 仕込まれた暗殺報道、露記者は二度死ぬ

~その記事、論点ズレてませんか?【ニュースの視点】~

ロシアのプーチン大統領を批判していた記者が弾圧を受け、ウクライナへ避難していたところ、まさかの暗殺。
しかしこれは、ウクライナが国を挙げて仕組んだ「おとり報道」だった・・・。

また、すごいことが起こったものですね。
前段、ロシアの記者が暗殺されたというニュースは、日本のテレビでも見ました。
KGB、おっかねぇなと。
いまだに、そういう「スパイ大作戦」みたいなことをやってんのかと。
ところが翌日、当の記者は生きていると判明。
どうやら、暗殺者を逮捕するための、作戦行動だったようです。

さて、気になったのは、一部のマスコミがこの仕掛けを「フェイクニュース」と報じていることでした。
そもそも「フェイクニュース」って、リアルニュースと対をなす存在ですよね。
ネット配信を巡る放送法の改正でも、波とWebの違いが論点になっています。
そこにきて、思わず乗せられちゃった照れ隠しというのか、逆ギレみたいな心理が、このコトバから見えてきませんか?

ニセの露記者暗殺ニュース
フェイクと断じた一例としての『YOMIURI ONLINE』

「フェイクニュース」は、SNSのような「私的メディアが舞台となった場合」に使われるコトバだと思っています。
常識的な媒体社ならソースの裏を取るから、簡単には乗せられないはず。
ライオン脱走中・・・なんて、リアルニュースでは軽々しく報じないわけですよ。
ところが今回は、してやられたと。
これはね、元報道を「フェイクニュース」と断じるほうがおかしい。
むしろ、自分たちのメディアを「SNS並」と公言しているようなものでしょ。
ウクライナ当局の発表とはいえ、ウラを取らずに、右から左へと流しちゃったんだから。
シロートと同じことやっちゃったんだから。
アンタ方こそ「フェイクニュース」です。
ごまかしてないで、謝りなさいって。

それにしても、リアルでフェイクが流れるって、スゴイことですよね。
あんまり注目されていない事件なのかな、どうなんだろう。
とりあえず、メディアが「フェイクニュース」を批判することって、しばらくできなそうですね。
だって、自分がやっちゃったもの。
「ソースの信頼性を確かめて・・・」と言われたところで、それ、アンタ方の話でしょ。

もはや、ロシアの記者はどうでもいい。
ウクライナとロシアの関係より、日本のマスコミの言い訳がおもしろい。
「自作自演するという異例の展開に波紋が広がっている」
って、良く言うよ。
自分のバツの悪さを他人になすりつけているんですから、笑える構図でしょ、これ。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

お仕事のお問い合わせ
カレンダー
10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

てつまる

Author:てつまる
神奈川県を中心にフリーで活動しているライターです。
超IT系を除き、医療・各士業・経営者・アスリートへの取材、アーティストプロモート(情報発信)、イベントレポなどを手がけています。

最新記事
カテゴリ
お世話になっているサイト様
最新コメント
最新トラックバック
コトバカウンター
special thanks to
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR