[2350] 言う、語る、述べる、あるいは見解を示す

~正解なんてない!日本語の選び方【文章作成のコツ】~

今回は、閉じカッコの後に使う said that 系の整理です。
まずは「言う」。
制限や決まりなんて、ないんじゃないでしょうか。
ただし、セリフではなくて、「とするのが相当である」という意味の「いう」は、ひらがなです。

一般に「36度が平熱」といわれています
ドクターは「36度が平熱」と言った

次は「語る」。
言うより、主義・主張が熱い感じ。
強調したいときなんかに重宝。
理屈や理念っぽい内容に使うのかな。
また、書き手がちょっと距離を置きたいときにも有効です。こんなコト言ってっゾみたいな、突き放し感が出ます。

「ラーメンは食事じゃない」とシェフは語る
「ぴーまんは食べ物じゃないのよ」と、その子はへりくつを言った

国会議事堂
「述べる」の代表的シンボル

「述べる」は公式な発言で使うワーディングなんでしょう。
つまり、フツーのインタビュー記事では使わないということです。
政治系の報道記事などに限定されてくるんじゃないですかね。

議員は国会の中で「ハトは平和のシンボルだ」と述べた
焼き鳥店の中にも「ハトは平和のシンボルだ」と言う声が多い

じゃあ、平たい場面では「言う」か「語る」しか使えないかというと、そんなことはありません。
見解を示す、主張した、とは店長の談、公言した、などなど、新聞を見れば無数のバリエーションが拾えます。
いくつかストックしておくと、ダブリが回避できて便利です。

「やりたいコトをやれ」が、田中流の考え方
佐藤は「やりたいコトをやれ」と強調する

まっ、ストックするほどでもないですが・・・。
一応、「said じゃなくてもセリフは表現できる」ということを覚えておきましょう。
文章の流れによっては、「・・・」だけで、そのまま放置しておくのも方法です。

「クリームの固さを砂糖で調整するんです」。高橋の創るケーキはデザインが光る。
渡辺によると、技工士がいるだけで、かなり違うのだとか。「やはり、お客さんの反応がダイレクトに伝わりますからね」。

そう考えると、気をつけるべきは「述べる」かな。
むしろ、誤用を防ぐ意味で、封印しておく手もあります。
普段は使わないようにしておいて、「ちょっと待てよ、ここは『述べる』でもいいんじゃないか」と気付いたら、試みに述べてみる。
繰り返しになりますけど、シーンとしては公式な発言です。要注意。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

お仕事のお問い合わせ
カレンダー
06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

てつまる

Author:てつまる
神奈川県を中心にフリーで活動しているライターです。
超IT系を除き、医療・各士業・経営者・アスリートへの取材、アーティストプロモート(情報発信)、イベントレポなどを手がけています。

最新記事
カテゴリ
お世話になっているサイト様
最新コメント
最新トラックバック
コトバカウンター
special thanks to
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR