[2151] インタビュー取材とインタビュー収録の違い

~ライターとか、やってます【文章で食べていく方法】~

正式な呼び分けではないと思いますが、
文字になるものを「インタビュー取材」
動画絡みを「インタビュー収録」
とさせてください。

最近になって増えてきたのが、動画案件です。
いままで、台本づくりやテロップ付けなどはやってきました。
そんななか、今回依頼されたのは、自分がインタビューしているところを含めての収録。
ライターというより、リポーターですな・・・って、そう言えばいいのか。
タイトルも、「ライターとリポーターの違い」にすれば良かった。
それはそれとして。

収録現場
収録前の某所

ちなみに、リポーターって初体験でした。
ライターのときのインタビューとは、少し勝手が違うんですよ。
まず、相手の発言中に「かんで」いかないこと。
一通り話させてから、応答へ移る。
なぜなら、編集がしやすいからです。
お互いにカブったインタビューがどこまでも続くと、途中で切れないじゃないですか。

これ、結構、ストレスがたまりましたね。
「あれ? なんで?」と思っても、すぐには切り返せないんです。
とりあえず、相手の発言が終わるまで待っている。
すると、そのいくつかは忘れちゃう。
また、話の展開が別の方向へ飛んだりすると、いまさら戻せないようなところがある。

結局、自分の頭の中で、「アソコとアソコをつなげば、一応、筋が通るかな」みたいなことを考えながら、リポーターを続けていきました。
ライターだったら、一つ一つ確認して、潰してます。
その点リポーターは、「いいところが拾えればヨシ」みたいな感じで進むんですね。
だから、30分の収録なのに、使う尺は5分だったりします。
これが「つまむ」ということか。

ということは、「いいところ」を、言わせなきゃいけないって話です。
テキストになった時点で「いいところ」になっていてもしょうがない。しょうがないって言うか、その機会がない。
これは、勉強になりました。
質問の仕方も変わってくるな。
一つ一つ潰していくんじゃなくて、コンパクトに圧縮されたメッセージを一度に言わせる聞き方。

うーん、コッチで作っておいて、同じことを言わせるのかな。
「申し訳ないですけど、収録用に、繰り返していただけますか」
みたいなお願いをして。
全然、ライターと違うわ。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

お仕事のお問い合わせ
カレンダー
06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

てつまる

Author:てつまる
神奈川県を中心にフリーで活動しているライターです。
超IT系を除き、医療・各士業・経営者・アスリートへの取材、アーティストプロモート(情報発信)、イベントレポなどを手がけています。

最新記事
カテゴリ
お世話になっているサイト様
最新コメント
最新トラックバック
コトバカウンター
special thanks to
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR