FC2ブログ

[2439] アノ観光課・続編

~記事はどのようにして作られるか【取材現場の裏話】~

某県庁の観光課が、観光コンテンツの問い合わせ先として記載されることを拒否してきた件。
加えて、観光サイトを運営する委託先からも、「責任が持てない」と断られる顛末。
確か、[ 前々回 ]でしたっけ。
そんなご報告をしました。

しかし、黙って指をくわえているわけにはいきません。
自分はピンのフリーランス。誰にも頼れず、自力で解決することが求められます。

そこで、県庁所在地のある市町単位の観光課に泣きついてみようと考えました。
今回のコンテンツの中には他市の観光情報も含まれているので、フツーに考えれば、断られて当然。
レベルの高い、寝技が求められます。
その結果・・・、
後者の委託先からOKをもらうことができました。
イエーイ。

企画概要書の泣き落とし部分
企画書で「泣きつき」ました

O2市観光課の電話対応が好印象だったので、「いけるかな」という実感はあったんです。
実際、O2市から県の上役に直談判してくれたようです。
また、最悪ダメでも、ウチで引き受けますよと。
泣きついたかいがあったというものです。
電話でピンチ感を訴え、しかも甘えたトーンで頼る。
寝技でしたな、まさに。

さて、やりとりを見ていると、観光課の上の「局扱い」にしてもらったんですね。
そこで了承され、観光サイトを運営する委託先に指示が落ちた模様。
確認の電話をしたら、
「あぁ、その件ならOKですよ」
の一言。ゲラを出す必要もありませんでした。
あっさりしたもんです。

O2市に感謝、O2市大好き。
役所のツボを心得た名さばき。O2市すげーよ。

県に断られた場合・・・って、そもそも、そんなことは起こらないんですが・・・有力な市町単位に泣きつく。
これって、汎用性のある方法なんですかね。
例えば東京都がダメだったら、新宿区に相談するんでしょうか。
新宿区が、檜原村のキャンプ場の対応をしてくれるんでしょうか。
そう考えると、いまさらながら無理がありましたな。
「最悪ダメでも、ウチで引き受けますよ」と言ってくれたO2市、改めてすげーよ。
何かをなすのは最終的に人だな・・・と痛感しました。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

お仕事のお問い合わせ
カレンダー
08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
プロフィール

てつまる

Author:てつまる
神奈川県を中心にフリーで活動しているライターです。
超IT系を除き、医療・各士業・経営者・アスリートへの取材、アーティストプロモート(情報発信)、イベントレポなどを手がけています。

最新記事
カテゴリ
お世話になっているサイト様
最新コメント
最新トラックバック
コトバカウンター
special thanks to
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR