FC2ブログ

[2354] 新聞の事例研究-その5-ナカグロと読点の使い分け

~正解なんてない!日本語の選び方【文章作成のコツ】~

先日の紙面で、「可決、成立した」という表記を見かけ、何となく「アレ?」と思ったんですね。
ナカグロは、原理原則でいえば、名詞を併記する場合に限られます。
同じ紙面からひろってみると、

移民・難民対策
東・南シナ海

などですね。
自分の感覚では、(可決&成立)したなので、ナカグロに含まれるケースのような気がしていました。
しかし、他所でも「可決、成立した」と書かれていたということは、「名詞に『する』を加えた動詞」という扱いなのでしょう。
よって、ナカグロではなく読点だよと。
これ、気をつけていないと間違えそうですね。

ナカグロを使わず「可決、成立した」
30日の読売新聞総合面

同じことは、名詞+的の形容詞でも起こり得ます。
「懐疑・否定的な態度」ではなく、「懐疑、否定的な態度」が正しい。
あー、いままで、どうしてたんだろう。
たぶん、いくつかは間違ってたんじゃなかろうか。
待てよ・・・名詞の羅列であっても、それが文章として他品詞にかかる場合は、どうするんでしょう。

A) 時間、場所的な使い分け
B) 時間・場所による使い分け
C) 時間・場所を考えた使い分け

Aは読点ですよね。今までの流れからして、そういう話でした。
ひとつ飛んでCは、動詞「考えた」の目的語になりきっているので名詞扱い。つまり、ナカグロでもいい気がします。
その間、Bあたりになってくるとわからん。
2文字で迷う。

迷ったら、読点にすべきなんでしょう。
これはね、ナカグロの利用ケースが減りかねない事態です。
わかっていたようで、全然ダメだったな。
ちょっと待って、ちょっと待って。
動詞の連用用法や体言なんかも考えなきゃ。
独特のキレ・走り・・・は正しくない。純粋名詞ではないので。
独特のキレ・爽快さ・・・もアウト。だって、爽快さは形容動詞ですからね。

うーん、運用ベースとしては原則、「と」でつなぐ。
独特のキレと爽快さ
「と」でつなげられない場合、とりあえず読点にしておく。
懐疑、否定的な態度
間違いなく名詞の併記である場合、ナカグロにしてみてもいい。
移民・難民対策
そんなところですかね。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

お仕事のお問い合わせ
カレンダー
08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
プロフィール

てつまる

Author:てつまる
神奈川県を中心にフリーで活動しているライターです。
超IT系を除き、医療・各士業・経営者・アスリートへの取材、アーティストプロモート(情報発信)、イベントレポなどを手がけています。

最新記事
カテゴリ
お世話になっているサイト様
最新コメント
最新トラックバック
コトバカウンター
special thanks to
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR