FC2ブログ

[2155] スクリプトという名のテレホンマニュアル

~ライターとか、やってます【文章で食べていく方法】~

スクリプトでもマニュアルでもプロンプトでもいいんですけどね。
要は、自分がやっている電話対応を、スクリプト化できないかと。
そんなご相談が、夜の8時に降ってまいりました。

何でも、同じ仕事を流している業務委託会社は、トラブル連発なのだとか。
トラブル起こすって、すごいな。
そんな内容じゃ、ないはずなんだけども。
ちなみに自分の場合、いままで約120件やって、納品に至ったのは80弱。
依頼した先がメディアの企画に賛同しなかったり、忙しくて手が回らなかったり・・・。
打率としては6割6分ですね。
ところが、その委託先さんは、そろいもそろって打率「0」なんだと。

何かさ、マニュアルウンヌンって話じゃなさそうだよね。
まあ、でも、「スクリプトにしたい」ってんですから、やりますよ。
考えてみれば、台本づくりもライターの仕事ですしね。

テレホンマニュアルを読む金次郎
マニュアルを読む的な茶濁でございます

書いてみてわかったんですけど、セリフって、正しい日本語がそぐわないんです。
かえって、ドライな印象になりかねない。
例えば、
「恐れ入りますが、後日、改めてお時間をいただくことは可能でしょうか」
みたいな言い方って、おそらくしていないんですよ。
「そうしたら、別の日にしましょうか。いつぐらいがいいですか」
ってしゃべってる。

今後、自分の作ったスクリプトに添って電話対応するわけだから、そこは、自然な感じを生かしておきたい。
つまり、書き言葉ではなくて、話し言葉なんですよ。求められているのは。
これ、おもしろいな。
あえて崩す。
場合によっては敬語を使わない。
だって、
「普段、患者さんにおっしゃっているようなことで、お心当たりはございませんか」
なんて、言わないでしょ。セリフとしては。
「いつも、どんなことを患者さんに話しているんですか」
ですよ。
気分を損ねない範囲で、最低限の敬意。それが自然さを醸しだす。
第一、そのほうが、しゃべりやすいですよね。舌かんじゃったりしないですし。

そもそも今回の目的は、言葉使いというより、正しいフローのまとめなんでしょうけど。
自分としては、ワーディングに興味を持ちました。
バカ正直なマニュアルではなく、行動と会話が生きるガイド。
あっ、そうか。だからスクリプトなのか。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

お仕事のお問い合わせ
カレンダー
10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

てつまる

Author:てつまる
神奈川県を中心にフリーで活動しているライターです。
超IT系を除き、医療・各士業・経営者・アスリートへの取材、アーティストプロモート(情報発信)、イベントレポなどを手がけています。

最新記事
カテゴリ
お世話になっているサイト様
最新コメント
最新トラックバック
コトバカウンター
special thanks to
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR